子どもの湿疹の発生を防ぐ方法:兆候を見極めて素早く対処!

· 2019年5月22日
赤ちゃんの肌に赤いプツプツが出る時は湿疹かもしれません。この記事では湿疹について知っておきたい情報をお伝えします。

生後一年以内に20%の子どもは 湿疹 にかかります。数年の間子どもに湿疹が起こり、成長と共に治っていくものです。以下の情報で、子どもの湿疹の発生を防ぐ方法について学びましょう。

子どもの湿疹を見極める

湿疹の症状

皮膚が赤くなる、痒い、痛い、腫れている、膿を持っているなどの症状によって、湿疹だということが分かります。そこで湿疹が発生したことを見極めたら、特別な軟膏を塗って症状が悪化するのを防ぎましょう。

湿疹になる年齢

どんな種類の皮膚だとしてもこの皮膚病にかかり、かなり幼くても発症します。しかし赤ちゃんと子どもに起こる湿疹には違いがあります。一般的に、顔、頭、手、ひじやひざに湿疹が起こりやすい傾向があります。

病院の小児内科では、60%の湿疹患者のほとんどが一歳未満で、主に生後6か月の子どもに湿疹が見られると報告されています。85%の患者は5歳以下で、7歳以上の患者はほんの10%に過ぎないと言われています。

そこで、赤ちゃんの年齢が3、4か月を過ぎると湿疹が起こるようです。皮膚の問題は、ほお、頭、手足に現れます。おむつかぶれを湿疹と見間違えるお母さんもいるようです。しかし常に湿っている所に湿疹は発症しません。

子どもの 湿疹 を防ぐ方法 子ども   湿疹   防ぐ

2歳以上の子どもの場合は、首、手、くるぶし、ひじの内側、おしりに湿疹が起こることがあります。そして白人の子どもは、ひじの内側やひざの裏に見られることが多いです。しかしアジア系やアフリカ系の子どもはひじやひざに見られます。

湿疹が現れる時期は、新生児、子ども、そして大人の三段階に分けられるという点が重要です。

湿疹の状態の違い

湿疹には2つの状態があります。

  • 不活性状態。皮膚が非常に乾燥して、うろこのようになり、肌が敏感になります。この状態では、これ以上悪化しないよう事前に予防をするようにしましょう。前述のように患部を特別なクリームで水分補給をして保湿を心がけてください。
  • 活性状態。炎症がひどくなり、膿が出たり、ひっかいて血が出るかもしれません。さらに皮膚炎症をおこした部分が固くなることもあります。

子どもの湿疹の発生を防ぐ方法

湿疹の要因

子どもの湿疹の発生を防ぐには、どのようなきっかけによって発生し始めたのかを知っておくことが重要です。まず前置きしておきたいのは、湿疹は伝染しないものです。

小児内科の情報に戻ると、子どもの70~80%が自分や家族の誰かが皮膚の問題を抱えているそうです。そこで、遺伝要因をよく見ていくのが重要になってきます。

子どもの湿疹に関与する要因とは、

  1. 乾燥肌。
  2. 肌荒れをおこすような成分を含むクリームの使用。
  3. ヘルペスや菌類。
  4. アレルゲン、花粉、ほこり、動物の毛との接触や、食中毒など。
  5. 刺激の強い洗剤で洗った繊維、ナイロン、ウール、ビスコースなどの化学繊維との接触。

湿疹の臨床症状の基本は診断しかなく、顕微鏡で見える特定の状態や、検査結果で分かるものではありません。

‐ 小児科医 M・リダオ・レドンド ‐ 

子どもの 湿疹 予防法 子ども   湿疹   防ぐ

湿疹の防止方法

最近では、副腎皮質ステロイドや抗生物質を利用して、子どもの湿疹がひどくならないようにコントロールする方法があります。しかし子どもの湿疹の原因を見極めて、医師がその子に合った治療法を進めるでしょう。

そこで、湿疹の症状を防止するためにできることをいくつかご紹介します。

  • 温度調節:暑過ぎないようにする。
  • 子どものいる場所では、一定の湿気レベルを保つようにする。
  • 気持ちの良いお風呂で、短時間で汗を流し、お湯が熱すぎないようにする。
  • 化学成分抜きの酸性せっけんで身体を洗う。
  • 水気を軽くふき取って、皮膚をこすらない。
  • 反応を起こすような素材でできた服を避ける。
  • 毎日クリームやモイスチャーローションを使う。
  • 子どもの爪を切って、ひっかかないようにする。
  • 塩素を多く使うので、ブールでの水泳を避ける。

スペイン小児科医学会では次のように勧めています。「酸味の強い食べ物(トマトやかんきつ類)との接触をできるだけ避けましょう。おむつをひんぱんに変えて、赤ちゃんの服の洗濯にも気を付けてください。」

何か心配なことがあったら、小児科医や皮膚科の医師に相談してください。そうすればお子さんに必要な治療について、適切な判断で指導してもらえるはずです。