子どもに忍耐力を教えるのが大切なワケ:短気の危険性

2019年5月12日
子どもに忍耐力を教えるのって何でそんなに必要なの?と疑問なら、この記事を読んでその疑問を解消してみてください。

子どもに忍耐力を教えるのはとっても重要です。「なんでなの?」って?忍耐力を学ぶことで、ストレスの多い状況でも落ち着いて過ごすことができ、それは人生を通して直面する問題だからです。

下記で、子どもが忍耐力を学ぶことがなぜそれほど重要なのか、そしてどんなメリットがあるのかを説明します。

短気の危険性

ストレス社会

ストレスの多い社会では、イライラに支配されてしまう人が多くいます。ストレスやフラストレーションが襲いかかり、思考や行動を制御できなくなることがあります。

自分の感情を管理し、目の前の状況を観察することが鍵で、そうすることでイライラと戦うことができます。

多くの人が、何でもかんでもすぐにやって、即座に手に入れること重要視しています。上述のように、日々のタスクを目まぐるしく行うため、文字通り目眩がしちゃうことがあります。だからこそ、もうこれ以上無理、と言いたくなるようなストレスを皆感じてしまうのです。

ストレス 子ども 忍耐力

忍耐力を通して、脳が寛容さを発達させ維持します。忍耐強い人は社会的な場面や職場など、様々な生活の側面で恩恵を受けます。これこそ自分の子どもに望むことですよね。

 

こちらもお読みください:リミットを決める:子供に守らせるべき10のルール

子どもたちに忍耐力を教える時、子どもは何を学ぶのか

  1. 早計な判断をせず、広い視野で判断する力
  2. 礼儀作法
  3. 忍耐力を必要とする幼少期における状況の判断力。感情をコントロールする忍耐力が非常に試される青年期になった時に、助けになる。
  4. 情緒的安定性。困難に遭遇しても、落ち着きを持って正しい態度で反応することができる。

こちらもお読みください:魔法の言葉:お願いします、ありがとう、ごめんなさい

注目することで悪い行為を奨励しない

中には、適切な育児を受けなかった子どもたちもいます。「帰りたい!」「これ買って!」などと泣き叫んで要求を訴えることがあるでしょう。

なんでこんな行動に出るのでしょうか?親が辛抱強く教えなかったのも相まって、必要な忍耐力を培っていないからです。

このような子どもはすぐに何かを要求して、親から与えてもらおうとするので、子どもに辛抱強く待たせるのが非常に重要です。特に、礼儀正しく頼むことができないなら、子どもが欲しいものをすぐに与えてはいけません。

心に留めておくべきは、子どもは親の背を見て育つ、ということです。ですから、まず最初の第一歩は忍耐力の良い例を見せること。常に良い例を見せながら子どもに学ばせるべきです。大きくなった時、そんな両親の努力にきっと感謝することでしょう。

今回の記事で、子どもに忍耐力を教える方法(と、なぜそれがそんなに重要なのか)について何か情報を得られたら幸いです!

  • Isaacs, D. (2003). La educación de las virtudes humanas y su evaluación (No. 370.034 Is14e Ej. 1 022524). EUNSA.
  • Savater, F. (2001). El valor de educar. Educere, 5(13). https://www.redalyc.org/html/356/35601319/
  • Shapiro, L. E. (2002). La salud emocional de los niños (Vol. 16). Edaf.
  • Snel, E. (2013). Tranquilos y atentos como una rana: la meditación para los niños con sus padres. Editorial Kairós.