落ち着きのない子どもに私は何をしてあげられる?

2019年4月30日
あなたのお子さんは、じっとしてほんの少しでも集中することがほぼできない子どもでしょうか?本記事では、お子さんのポテンシャルを引き出すために考慮するヒントを紹介します。

自分の子どもが落ち着きのない子どもかどうか気にする親はたくさんいます。最近では、「普通」とされる以上にほんの少しでも落ち着きがないなら、すぐに障害があるとレッテルを貼る傾向があります。

ところが一方、静かな子どもを見たら心配するべき、という言う人だっています。子どもたちが活動的でいることは、自然というだけでなく、健康的でもあるためです。

さて、今回はこのトピックについて見ていきましょう。

落ち着きのない子供=多動性障害ではない

お子さんがあまりに落ち着きがないように見えるか悩んだことがあるなら、まずは「多動」「活発」、そして時には「いたずら好き」な子どもの違いを区別しなければまりません。

幸いなことに、今の時代は注意欠陥・多動性障害(ADHD)について非常に詳細で正確な情報が豊富にあります。

しかし、近年の診断数の増加に従い、世界保健機関(WHO)は、子供がADHDを持つ可能性を示唆する行動をいくつか指摘する、という課題を引き受けてきました。その行動というのは下記の通りです。

「強い刺激があったり、頻繁に報酬を受け取ることができるタスクをしている最中は、不注意は明白には現れないことがある。」

– WHO –

  • 動作が多く、じっとしていられない。
  • 衝動的。自分の言動がもたらす影響について考えない。
  • 会話、ゲーム、その他の活動で自分の順番を待つのが困難。

こちらもお読みください:子どもが分離不安症になったらどうすればいいの?

落ち着きがない子ども 落ち着きのない子ども ADHD 多動性障害 

子どもに落ち着きがなくて、どうすれば良いのかわからない!

子どもたちは非常にエネルギッシュで、それはそれで大丈夫です。時々、私たち大人は子どものエネルギーをどこに導いてあげれば良いのかわからないことがあるのです。子どもにはエネルギーを発散する方法が必要で、周りに理解してもらって、どこまでが大丈夫でどこからがダメなのかをしっかり知ることが大切です。

しかし、子どもの中には、「多動性障害」ではないにしろ、過剰なエネルギーを持つ子もいます。このような場合は、特定の考慮事項を留意しましょう。

コミュニケーションをたくさんとる

落ち着きのない子どもは、次に何が起こるのかを知る必要があります。一般的に、どんな子どもも「次に何が起こるかわからない」ということに対してある程度の不安を持っています。だからこそ、ルーチンに多大なメリットを見出すのです。

はっきりとした線引き

越えてはいけない線がどこか明確にわからないと、子どもは途方にくれます。そんな状況は、子どもに緊張感と不安感を与え流ので、ルールは断固としたもの、しかし包括的でなければなりません。しょっちゅうルールを変えたり、子どもを従わせるのに躊躇を見せてはなりません。

子どもの一番の応援団になる

両親からの愛情を失うことなく自立させるために、両親は親身で、信頼できる存在である必要があります。

たまには子どもが眠っている時はそばにいたくなかったり、子どもを落ち着かせるために抱きしめてあげる時間がないように思うことがあるかもしれません。それは普通のことですが、そうしてあげるのは非常に重要なことです。

自分だけの環境

子どもたちは「役に立てている」と感じるのが大好き。子どものエネルギーは、年齢に合わせて家事に割り当ててもらいましょう。

踏み台を置いてあげて、子どもに卵をといてもらったり、自分でおやつを用意してもらいます。または、おもちゃや本を子どもの手がとどく範囲に置いて、子どもの自立を促します。

予測する

お子さんのことを一番わかっているのはあなたの他にいません。ですので、子どもが発する警告サインに注意を払いましょう。例えば、砂糖を与えると落ち着きがなくなると知っているなら、甘いお菓子を与えるのを避けてください。

その一方で、子どもがパーティーに行った後に興奮しているとわかっているなら、パーティーのあとは少し時間をかけてお風呂に入れたり、マッサージしてあげて、気分を落ち着かせましょう。

こちらもお読みください:子どもが抱える不安を解決してあげよう

お風呂に入る子ども 落ち着きのない子ども ADHD 多動性障害 

子どもに必要なアクティビティ

余分なエネルギーを発散しなければいけません。ということは、公園に連れて行き、走ったり、何かに登ったり、飛び跳ねたりと、できるだけ頻繁に外で遊ばせましょう。この意味では、スポーツは子どものエネルギーを他に向けるのに大いに助かります。

さらに、落ち着きのない子どもでも、集中力を必要とし、運動能力の発達の助けとなるアクティビティをするために数分間じっとしているのを得意とします。例えば、パズル、粘土遊び、建設ゲーム、お絵かきなどです。

最後に、子どもと一緒にリラックスする方法を練習しましょう。リラックスするのがどういう意味かきちんと子どもに説明できれば、子どもも一緒にやりたがるはずです。リラックスすることの心地よさを知れば、次第に自分からやりたい、と言い始めるでしょう。