人の気持ちがわかる子どもに育てる理由

2018年11月21日
親がどんどんお手本となって、思いやりの気持ちを表現すると、子どもはそれを見て学ぶことができます。

人の気持ちがわかる子どもに育てるのは、良い人間関係の基本です。それが健全で意義ある人生を送ることにつながります。

人の気持ちがわかるということは、人間が取得できる価値ある特徴でもあります。人の気持ちを理解して、それに同感するかどうかに関わらず、人の感情や意見に対して敏感になれる能力です。

人の気持ちがわかる共感の種類

共感するには、他の人が経験していることを理解する必要があります。

注意深く観察して、言葉やしぐさを利用して感情を伝えるのです。それには3種類の共感があります。

  • 認識的共感は、自分を他の人の立場に置いて、判断せずにその人のものの見方で考えてみることです。
  • 感情移入は、他の人の気持ちを感じることです。
  • 同情とは、誰か他の人を心配して、何かしてあげたいと感じ、自発的に無条件に助けようとする気持ちです。
人の気持ちがわかる子ども

家庭で共感を教える重要性

人の気持ちがわかるのは、人間関係を築いていくのに不可欠で、特に家族同士のつながりを育て強化するのに重要です。

家庭で何か問題が起こった時に、他の人の立場になって考えると、争いごとを解決するのに役立ちます。相手と同じ考え方でなくても、違う意見として理解できるのです。

人の気持ちがわかるのは、人間関係を築いていくのに不可欠で、特に家族同士のつながりを育て強化するのに重要です。

家庭で人の気持ちがわかるようにするための7つの方法

他の倫理観と同様、人の気持ちがわかるようにするのは、家庭で始まります。両親がお手本となって、子どもがそれを真似ることができます。

家庭で人の気持ちを分かるように親が教えるには、次のような方法があります。

  1. 子どもが健全な自尊心を持つように育てると、自分が傷つくことなく、他の人の立場になって考えられるようになります。
  2. 話を聞くことが大事だと教えると、人がどう考え、どう感じているかがよくわかるようになります。
  3. 自分の感情について話をするように奨励すると、誰もがそれぞれの気持ちを持っていることを、子どもが理解できるようになります。
  4. よく考えてみるよう促すと、ある状況で他の人がどのように感じるか考えられるようになります。
  5. もし子どもが人を軽蔑するようなことを言っていたら、すぐに注意して改めるようにするべきです。
  6. 子どもが人の気持ちがわかるときは、それを認めてあげましょう。
  7. お手本となって、誰かの話を聞いてあげたり、助けてあげることで、満足感が得られることを教えてあげましょう。

こちらも参考にして下さい:子どもの自己肯定感を育てる方法

人の気持ちがわかる 子どもに育てる理由

子どもに共感を教えるための実用的な方法

子どもが人に共感できるようにするための方法はたくさんあります。

  • 子どもと一緒に絵を描いたり、お面を作って、喜び、悲しみ、怒り、恐怖などの感情を表す表情を見せてあげましょう。
  • 物語を読んだり、アニメや映画を見て、主人公の様々な感情について、そしてその気持ちをどう表現しているかについて話し合ってみましょう。
  • 色々な状況で子どもと遊びながら、人の考え方や感じ方について一緒に想像してみましょう。
  • 違う状態でどのように感じるかについて、自分だったらどうするか、他の人はどう感じるかを、子どもに聞いてみるのも効果的です。

こちらの記事もお勧めです:子どもを良い人間に育てるための秘訣

人の気持ちがわかるのはとても貴重

人に共感できるようになるのは、徐々に習得していくもので、時間もかかり、努力も必要ですが、それだけの価値があります。

  • 人の気持ちがわかると、人間関係が深くなります。
  • 子どもが気持ちを分かちあうことを学びます。
  • 辛い状況でも思いやりの心を持つことができるようになります。
  • 共感することによって、人とのコミュニケーションがうまくいくようになります。
  • 共感できる方が客観的で、公平に物事を見て、偏見なしで他の人を理解できます
  • 自尊心を向上させ、学ぶことを奨励します。

親がどんどんお手本となって、思いやりの気持ちを表現すると、子どもはそれを見て学ぶことができます。

家族だけでなく、それ以外の周りの人達の気持ちをわかるようになって、何を必要としているかを理解するのは大事なので、ぜひそれを子ども達に伝えましょう。

  • Fernández-Pinto, I., López-Pérez, B., & Márquez, M. (2008). Empatía: Medidas, teorías y aplicaciones en revisión. Anales de Psicología/Annals of Psychology, 24(2), 284-298. https://revistas.um.es/analesps/article/view/42831
  • Gorostiaga, A., & Balluerka, N. (2014). Evaluación de la empatía en el ámbito educativo y su relación con la inteligencia emocional. Ministerio de Educación.
  • Martorell, C., González, R., Rasal, P., & Estellés, R. (2009). Convivencia e inteligencia emocional en niños en edad escolar. European Journal of Education and Psychology, 2(1), 69-78. https://www.redalyc.org/pdf/1293/129318693004.pdf
  • Richaud, M. C. (2017). Algunos aportes sobre la importancia de la empatía y la prosocialidad en el desarrollo humano. Revista Mexicana de Investigación en Psicología, 6(2), 171-176. https://www.medigraphic.com/cgi-bin/new/resumen.cgi?IDARTICULO=70557