【子どものお手本になる】子どもにとってベストな教え方とは?

親が子どもの良いお手本となって養育するのは、簡単なことではありません。行動で示すと聞くと、単純に聞こえるかもしれませんね。
【子どものお手本になる】子どもにとってベストな教え方とは?

最後の更新: 28 12月, 2020

ここでは、子どものお手本になる方法についてお話します。これまでに何度も聞いたことのある言葉で、お手本なんて聞き慣れている方も多いかもしれません。そんなことは簡単だと思われるかもしれませんね。しかし、子どもの最高のお手本になるというのはいつもできることではありません。

良いお手本になるということを、来る日も来る日も、その時その時、続けなければいけないのです。時々気が向いたらお手本になる、というのでは意味がありません。そんなことをしたら赤ちゃんが困惑することになりかねません。子ども達は観察することによって学習しているのです。

したがって、親の悪いところを見習うようなことになったら困りますね。子ども達に良い行動を取って欲しかったら、親のあなたがそれをする所を見せなければなりません。

子ども達は悪いことを見習うのと同じように、良い行動も見習うものです。魔法のように子どもが良い行動をし始めることはなく、しかもそれが完全に遺伝というわけでもありません。実際子ども達が良い行為をするというのは、単に運が良かっただけとも言えません。子ども達が一定の行動を習得できるように、その行動を変える方法も学べるのです。

さらに言えることして、人の行動というのは習得できることなので、大人でも行動を変えられます。より良い人になるという能力は、急に現れるものではありません。そこで子ども達の良いお手本となるために、大人の私達がより良い人になる方法を学ぶのです。

「模範となるのは、規則よりも強力です。」

– ニコライ・ゴーゴリ –

子どものお手本

子ども達のお手本になる

子ども達はまねをすることで学びます。子どもは目の前にいるお手本を観察し、その通りにまねることをいとも簡単にこなします。実に他の人をコピーすることで学習しているのです。耳で聞き、観察し、まねることで言葉を覚えます。これを利用して、子ども達は態度、価値観、個人的な好みや習慣も学びます。

子ども達は近くにいる人達の行動をまねするので、私達は子どもがどのように学ぶかに大きな影響を与えます。子ども達の目の前で起こる私達の言動は、ある意味彼らの思考や行動にまで影響を及ぼします。これは例を挙げて教えているとき、親のあなたは子どもの模範となって行動することになるからです。

そして、子ども達が見ている大人の行動のほとんど全てがまねされます。子ども自身の行動パターンの大部分がそのようにインプットされます。そこで親が良いお手本となることが重要になってきます。

一方、子ども達は自分のいる環境からも色々学びます。そのため子ども達に道徳を教え、責任感を持つような経験をさせることも必要です。子ども達の行動は、まさに彼らが見ているものが反映されているのです。

「言葉で説得するよりも、行動で示す方が効果がある。」

– コルカタの聖テレサ(マザーテレサ) –

子ども達のお手本になるとどうなる?

子どもの行動を変えたいと思うなら、まず自分の行動をよく見つめてみましょう。しかし、いつでもそう簡単にいくわけではありません。それでもあなたの行動を変えるのが、子どもの行動を変えることにもなります。子どもの前であなたがどのように行動しているかが、あなたや他の人達と関わる子どもの行動へと影響するのです。

まず初めに、子ども達にどんなことを求めているかをリストアップして、それを自分自身に適用してみましょう。大人として、自分の行動をより向上させるのは良いことです。

子どものお手本

子ども達は言われることを何でも信じます。そこで子ども達は言われた通りに行動するものです。子どもに「喧嘩ばかりして!」と言うと、その子はそれが自分の性格の一部だと思って、いつもそのように行動するでしょう。しかし、その子に静かにする方法を教えてあげると、きっとそれを信じて静かに遊ぼうとするでしょう。

「お手本となって教えるのは単に一つの方法ではなく、唯一の方法だ。」

– アルバート・アインシュタイン –

自分の行動と言葉によく注意しましょう。子どもが近くにいるから何かをするのではなく、常にそれを心がけるのです。一定のやり方で行動することに慣れてくると、子どもが周りにいても簡単にできるようになります。

子ども達をサポートする。

子ども達はたくさんのサポートを必要としているので、全面的に応援してあげてください。子ども達をサポートすると、確実にやる気が起こるでしょう。それだけでなく、困難な状況や、恐怖に直面するとき、そしてストレスを対処することに役立ちます。そして助けが必要な子どもに寄り添って、親が問題解決に協力できるようになります。

その際、具体的な行動を褒めてあげることが重要になってきます。そうすることによって、子ども達に何が正しい行動であるかを示すことができるのです。子ども達の長所に注目してください。すると、子ども達は自分を信じるようになって、良い選択をすることもできると感じられるようになるのです。

それはあなたに興味があるかもしれません...
【文化教養のイベント】 いつ頃から子ども達を連れていけばいいの?
わたしママRead it in わたしママ
【文化教養のイベント】 いつ頃から子ども達を連れていけばいいの?

いつ頃から子ども達を 文化教養 になる イベント に連れて行けばいいのでしょうか?子ども達が芸術を楽しむようになる理想的な時期を知っておくのが重要であり、 子ども の年齢に適しているかが重要になってきます。 文化教養 となるアクティビティは魅力的で興味深く、楽しくてしかも感動を与えてくれると伝えてあげましょう。



  • Severe, S. (2002). Cómo educar a sus hijos con el ejemplo. Editorial AMAT.