【勉強のサポート】子どもの成績が悪いときどうすればいい?

親の悩みの一つとして、なぜ子どもの成績が悪いかということが挙げられます。今回はその理由となり得ること、さらにどのように子どもの成績を向上するようサポートできるかについてお伝えします。
【勉強のサポート】子どもの成績が悪いときどうすればいい?

最後の更新: 15 12月, 2020

なぜ私の子どもは成績が悪いのでしょうか? これは子どもの学校での成績が下がると、私達親が自分に問いかけてしまう質問の一つです。多くの場合、私達はどう対処したらいいのか分かりません。まずは子どもの悪い成績の裏にある本当の理由を見つけ出す必要があります。大抵それは子どもが怠けているからではなく、良い結果を出したいのに出せないのです。

時には成績のせいでお子さんが自分を過小評価してしまうこともあります。両親の愛情が自分の成績で決まると思っているのです。そこで成績がどうであれ、親の愛情は無条件だと伝えることが重要です。

なぜ子どもの成績が悪いのか?

まず最初に、子どもの成績が悪い理由が失読症や書字障害ではないかを確認する必要があります。もしそうであれば特別な注意が必要になるでしょう。

【勉強のサポート】子どもの 成績 が悪いときどうするべき?

もちろん場合によっては、子ども達が単に努力したくないこともあります。はい、時には怠けが要因であることも考慮すべきです。しかし大抵はそれが悪い成績の原因ではありません。最もよくある学力優秀の「敵」を次に挙げてみます。

  • 知的に早熟
  • 分離不安
  • 特にいつも成功しなければと感じると、感情をうまく調整することができない。

知的早熟な子ども達:教育への努力

知的能力が高いまたは知識習得に関して早熟な子ども達は、読む内容を理解する才能があり、それを多少の努力でこなせます。しかし問題点があり、学習することは理解することと違います。

学習するには努力が必要で、理解することは簡単なのです。知的早熟な子ども達は普段あまり努力しないものです。むしろ最低限の努力をするという規則に従うのです。ここでは学校での義務だけでなくスポーツやその他の作業でも、少しずつ努力不足を直していくことが大切です。

どのように子どもをサポートできるか?

勉強に努力がいらない子ども達は知的な才能があるかもしれませんが、彼らの知性とは一致しない成績結果になることがあります。最終的に子どもは落ち込んでしまい、学習から気持ちが離れていってしまう場合もあります。

ここですべきことは、最初の時点で限られた努力をするように勧めて、子どものやる気を出します。子どもが一定の努力を示したり結果を出したら、何かしらのご褒美を与えてあげましょう。これは物質的な賞品でなくてもいいのです。むしろ映画鑑賞や午後から自然を楽しむ等のご褒美でもいいですね。

分離不安によって子どもの成績が悪い

これは幼少の子どもに起こることが多く、母親との分離がトラウマのように感じてしまいます。分離不安症を引き起こす状況として、兄弟の誕生、突然の離乳、生後18か月から2歳の間に起こる母親不在などが挙げられます。

分離不安症の子ども達は、母親なしで学校にいる間持続的に苦痛を感じます。この苦しみによって子ども達の認知機能が麻痺してしまい、本来の知的能力に合った理解や授業についていくことができなくなってしまいます。

どうすればいいの?

お子さんがそのような状況にある場合は、この種の問題を専門的に扱うセラピストに相談しましょう。そうすれば、お子さんはこの知的閉塞から抜け出してまた正常に戻るでしょう。

【勉強のサポート】子どもの 成績 が悪いとき

成功ではなく、努力を尽くしたかどうかが大事

私達は誰でも自分の行動が成功していると感じたいものですが、子ども達そして一部の親たちは度を越してその欲求にとりつかれてしまうことがあります。

成功することが義務になってしまうと、子ども達は良い成績を達成しようとして不安や過剰な緊張感で苦しむでしょう。希望が現実とならずに期待していたような成績が取れないと、子どもは自信を無くして落胆してしまいます。これが結果的にうつを引き起こすこともあります。

子どもが落ち込んでしまうとどうなるかというと、希望の全く反対で、成績が良くなるどころか悪化してしまいます。

どのように解決する?

子ども達には試験でも小テストでも自分なりの努力をして、あまり結果に注目しないように伝えましょう。むしろ、できるだけ自分の努力の部分に集中するのです。

この情報が親としての悩みの答えになり、お子さんの悪い成績を向上させていくのに役立つことを願います。

こちらの記事もおすすめです。
【間違った信念】思春期の子どもに対する4つの思い込み
わたしママで読むことができます。 わたしママ
【間違った信念】思春期の子どもに対する4つの思い込み

時々親として、ティーンエイジャーの行動をどう解釈していいのか分からなくなることがあります。 思春期 の子ども達の新たな行動ぶりに直面するので、これはごく普通の反応でしょう。このような行動を取る 思春期 の子ども達、またティーンが考え感じていることに対して、私達が間違った 思い込み をしてしまう...