小児肥満を防ぐための4つのアドバイス:今日から変化を!

この記事では、小児肥満を防ぐためのアドバイスをご紹介します。お子さんが体重に問題があるとお考えなら、何らかの変化を起こしてみましょう。
小児肥満を防ぐための4つのアドバイス:今日から変化を!

最後の更新: 19 7月, 2019

子どもの頃には、早い段階から健康的なライフスタイルと食習慣を身につけるための重要な機会です。この記事では、小児肥満を防ぐのに役立つアドバイスをご紹介します。

小児肥満は深刻な健康問題で、残念ながらどんどん増えてきています。信じがたいかもしれませんが、多くの場合小児肥満の主な原因は親であることが多いのです。

明日の病気を防ぐには今日から変化を

お子さんの健康的な体重を維持したいなら、摂取するカロリーと運動を通して燃やすカロリーのバランスを取る必要があります。

科体重の子どもにとって、体重の増加量を減らしつつ健康的な成長と発達を可能にしなければならないということを覚えておきましょう。

お子さんの体重があまりにも増えすぎているということに気が付いたら、小児科に行く必要があります。お子さんのライフスタイルにも特定の変化を起こし始めなければなりません。

 

そうすることで、喘息や糖尿病、高血圧、そして循環器系の病気などの病気や、うつや低い自尊心などの心理的な病気に将来苦しむ可能性を減らすことができます。

小児肥満 予防

小児肥満を防ぐためのアドバイス

小児肥満を防ぐためのアドバイスをご紹介します。

1.健康的な食習慣を促しましょう

  • 果物や野菜をたくさん食べることに慣れさせ、たんぱく質については鶏肉や魚などの肉を食べるようにします。
  • 適切な量の食事を与えましょう。
  • 一日を通してたくさんの水を飲むようにしましょう。たくさんの水を飲むことで満腹感を感じ、ヘルシーでない食べ物からの誘惑を減らすことができます。
  • 砂糖の入った飲み物やジャンクフードは制限しましょう。

小さな変化が、一生続く健康的な食習慣を促すことに役立つということを忘れてはいけません。

2.常にアクティブに

小児肥満を防ぐのには、運動をして座ったままのライフスタイルを避けることも大切です。読書をしたり静かに宿題をしたりするのも良いですが、テレビを観たりゲームをしたり、ネットサーフィンをする時間は制限しましょう。

運動は子どもにとって楽しいだけでなく、たくさんの健康上の利益があります。例えば骨を強くし、体重を調整し、自尊心を高め、ストレスや不安を減らしてくれたりします。

子どもは大人を真似するので、ご自身も運動したり子どもと一緒に運動するといいということも忘れてはいけません。

小児肥満 ライフスタイル

3.電子機器の使用を制限しましょう

最近はたくさんのデバイスがあるので、ほとんどの子どもは他の子を遊ぶよりも家でゲームをすることを好みます。

アクティブなライフスタイルを促すことは、電子機器を使う時間を最小限にするということです。こういったデバイスは外での活動をしにくくさせてしまうからです。

テレビを観すぎたりするなど電子機器とべったりの時間を過ごすことは、子どもが太りすぎになることと密接に関わっています。

これらの座ったままの活動を制限することは、子どもが自分の健康に良い生産的な活動をするように促すことのカギの一つなのです。子どもがもっと大きくなったら、コンピューターの前で何時間も過ごすときが来るでしょうからね。

4.テレビを観ながら食事をさせないように

最後に、お子さんにテレビを観ながら食事をさせないようにしましょう。家族の時間が少なくなり会話が減るだけでなく、お子さんは自分のお腹がいっぱいなのかがわからなくなるのです。

これは子どもの注意がスクリーン上の自分の大好きな番組に半分集中してしまうためです。また、テレビを観ながら食べることは、胃の消化が悪くなることやおなかが痛くなることにもつながる恐れがあります。

 

記事を終わる前に、子どもが孤独に感じないように、体重に関わらず家族全員がこれらの変化に関わるべきだということを覚えておいて欲しいと思います。

この記事のアドバイスに従って、お子さんが太りすぎになったり不健康なライフスタイルを身に着けたりしないように助けてあげましょう。すべてのポジティブな変化はそうしたいという強い望みから始まるのです。

こちらの記事もおすすめです。
幼少期からヘルシーな食生活を送ることの大切さ
わたしママ
で読むことができます。 わたしママ
幼少期からヘルシーな食生活を送ることの大切さ

幼少期 から ヘルシーな食生活 を送ることの大切さを教えるのは私たち親としての責任です。子供のうちから、体に良いものや栄養とは何かを理解し始めなれけばいけません。最近では、そんな子育てについて学べる様々なプログラムやコンテンツが毎日のように世に出てきています。