親として知っておきたい:子どもが小さい時に必要不可欠なもの

25 1月, 2020
親は子ども達が安心して幸せに成長できるように育てたいと思うものです。この記事では子どもの健全な成長を確保するために、子どもが小さい時に必要不可欠なものをご紹介します。

「子どもが小さい時に必要不可欠なものは何でしょう? 子どもに無くてはならないものは?」初めて父親や母親になった人は、そのような質問をするでしょう。この続きを読み、子どもの健全な発達の柱となる不可欠なものを見ていきましょう。

T. ベリー・ブラゼルトンとスタンリー・ I. グリーンスパンは、子どもが小さい時に不可欠なものの基本について明確な見解を述べました。幼少期に不可欠な基本を保つことで、子どもの知的・社会的・感情的能力が築かれると提唱しています。

子どもが小さい時に不可欠なものとは

1. 安全

子ども達は安全で健康な環境で成長すべきです。安全という概念には、様々な必需項目である衣食住、健康保険、保護など生きてゆくための基本も含まれます。

それだけでなく、安全には感情面も含まれます。大人にとって単純で大したことない状況であっても、子どもにとっては苦しく感じるかもしれません。さらに子どもが持ち始めた感情を理解することも重要です。

2.愛着関係

子どもに対して、厳しいしつけだけでない教育をすることが重要です。親の言葉と行動により、子どもが自信を持ち人を尊重するようになることが理想的です。同じように家族のつながりが子どもの感情的発達に影響するでしょう。

心理学者のアンナ・フロイトやエリク・エリクソンによると、子どもが必要な教育や養育というのは、子どもの短所を直そうとすることばかりではないと提唱しています。つまり子どもを育てるのは、子どもが安心することができるような安定した愛着関係を結ぶことです。

子ども 必要不可欠

さらにブラゼルトンやグリーンスパンによると、感情的やりとりや温かさなど愛着関係は赤ちゃんや小さい子どもの中枢神経システムの進化に役立ちます。つまり新生児の時期に起こる最も重要な学習は、人との接触や人間関係だということを示しています。

3.安定と一貫性

子どもは直接言われる一貫した指導を必要としています。それは片親が甘くてもう片方が厳しい「良い警官・悪い警官」というのは理想的ではありません。両親は教育上の統一戦線となって、子どもに伝える意思が一致している必要があり、家族が一団となって同じ価値観を持つべきです。

さらに、子ども達が自分の家庭と呼べるような安定した環境で育つことが大事です。家庭環境は穏やかで、子どもへの愛情たっぷりであり理解があるべきです。そして家族のメンバー全員が、お互いを信頼できるような関係を築く努力が必要です。

4.自由時間

全ての子どもが毎日、自由時間を持たなければいけません。これは他の必要性と同じ位重要です。自由時間とは日課の間に少し休みを入れて、何か新しいことを試してみる時間を持つことです。同様に自由時間を持つことで、子どもの気分やポジティブな感情に影響し、子どもの成長そのものに直接関係してきます。

マニュエル・クエンカ著「価値ある自由時間」という本によると、自由時間こそが特に子ども達の社会的 / 身体的 / 知的情報を拡大し強化しているそうです。

5.運動

まず最近の傾向として、子ども達はほとんど身体を動かさない生活習慣がごく一般的となっています。子ども達の遊び方が変わってきているだけでなく、友達同士との関係を築く方法にも変化が見られます。

それは家から一歩も外にでなくても、テキストやビデオ電話で友達と話ができ交流し続けることができるからです。

次に健康に関する専門家は子ども達の運動不足を警戒しています。例えば運動教育の専門家、ホゼ・デーヴィスとカーメン・ピエロは、運動不足によって次世代の心臓病が引き起こされる危険があると見ています。

両親、教師や学校経営者たちは、児童期に運動の必要性を満たすことを真剣に考慮すべきでしょう。

親と教師が責任を持って、身体と精神の健康のために子ども達がスポーツやその他の運動に参加するようなライフスタイルを教える必要が明らかにあります。

6.教育

教育は私達の存在が、世界とどのように関わり合うかを決める役割を果たします。確かに教育は人間には不可欠です。教育のおかげで私たちは社会でどう行動するかを学び、社会の一部としてルールを守ることができるのです。

子ども 必要不可欠

幼少期から子ども達は良質の教育を受ることで、世の中がどう動くかを理解し、そして何と言ってもこの世界でどう生きるかを知るのに役立てることができるでしょう。確かに社会の一部となるには教育が一番のツールとなります。

「人間は教育によってはじめて人間となる。

教育によってなり得る人間以外には、人は何者でもない。」

– カント –

まとめると、子ども達の環境にはいくつか影響を与えるものがあり、子どもの発達の要素を決定します。さらに成長と共に子どもが必要とするものは数知れず存在します。しかし子ども達にとって不可欠なものの基本は押さえておく必要があります。

  • Brazelton, T. B. (2005). Las necesidades básicas de la infancia: lo que cada niño o niña precisa para vivir, crecer y aprender(Vol. 11). Graó.
  • Hidalgo García, M. V., Sánchez Hidalgo, J., & Lorence Lara, B. (2008). Procesos y necesidades de desarrollo durante la infancia. XXI. Revista de Educación, 10, 85-95. https://idus.us.es/handle/11441/30963
  • Bula, J. I. (2011). Indicadores sociales y demográficos, atención a las necesidades básicas, cohesión social, derechos de la infancia. La primera infancia (0-6 años) y su futuro, 15. https://www.academia.edu/download/51493692/La-primera-infancia-y-su-futuro.pdf#page=14