ほくろの種類と識別方法

2019年3月23日
子供は生まれた時から平均で10このほくろを持っています。ほくろの種類にはそれぞれ特徴があるため、それらを識別する方法を知っておく必要があります。

ほくろ、または別名色素性母斑は多くの人が持っている皮膚の斑点です。その形や色は様々で、それらすべてが良性であるとは限らないため、ほくろの種類を区別することが重要です。

出生時子供は平均で10こほくろを持っていると推定されています。肌が白い人はほくろを持つ傾向が強いようです。

ほくろは自然に成長、変化、そして消滅することもあります。これはすべて、医療処置や遺伝的要因、そして健康状態が影響しています。ほくろはあなたの皮膚組織の変化によって起きるものなのです。

これらの事項を念頭に置いて、さまざまなタイプのほくろとそれらの識別方法をご紹介したいと思います。この記事を参考にして子供の肌のケアを適切に行うようにしてください。また、何かほくろに変化や特殊な点がある場合はあなたに知らせるように指示すると良いでしょう。

 

ほくろの種類と識別方法

ほくろの特性を理解する前に、ほくろについて知っておくべきいくつかのポイントがあります。健康なほくろ、および母斑は何も症状を引き起こしません。つまり、かゆみ、にじみ、腫れなどは起きないのです。まわりの肌も赤くなったり、青白くなったりしません。

これらは健康なほくろを持っている場合に適応します。これを知っておけば、あなたの子供の肌に異常があるかどうかを識別する際に役立つでしょう。それでは、ほくろの形と色について見ていきましょう。

ほくろは円形、または楕円形で明確な縁を持っています。直径は幅5ミリメートルを超えず、推定最大サイズは鉛筆消しゴムと同じくらいです。

ほくろの形は2種類あります。

ほくろ

 

最も頻繁に見られるものは滑らかなほくろで、もう一つは高さがあり突出しているものです。一般的には、ほくろが突出していると黒色腫やその他の問題を示唆すると考えられていますが、これは真実ではありません。

異常がある場合は、ほくろの形が不規則になることがあります。その場合は性質を特定できる皮膚科医を訪ねて下さい。

また、かゆみがある、刺すような痛みがあるなどの異常がない限り、ほくろを触ったり取り除いたりしてはいけません。いずれにせよ、医療処置を行える専門家を訪ねましょう。

出生時、子供は平均で10こほくろを持っていると推定されています。

ほくろの色は通常茶色ですが、いわゆるチェリー血管腫などの場合は黒、青、赤のほくろになることもあるでしょう。

ほくろの色の異常も何かの兆候である可能性があります。ただし、ほくろが無症候性ならば心配する必要はありません。

肌の色合いも、ほくろの色と密接な関係があります。白人や金髪の人々はピンクと淡褐色の色合いのほくろを持つことが多いです。一方、黒い髪または黒い肌の人は濃い茶色と黒い母斑を持つ傾向があります。

ほくろ

ほくろの異常を特定する方法

健康なほくろが黒色腫に変わることは例外的な条件が揃わない限り、めったに起きません。

特に肌が白く、皮膚を保護せずに日光あったている人、そしてほくろの数が50を超える人は、黒色腫にかかりやすくなります。

子供のほくろに変化があるかどうかを確認するのは良いことですが、ほくろの正確な状態と必要なケアを判断できるのは、皮膚科医だけです。

あなたの子供がほくろを10こ以上持っているなら適切な指導を提供できる専門医に相談したり、定期的に健康診断を行いましょう。

結論として、子供のほくろはほとんどの場合良性ですが、日光から皮膚をきちんと保護しなければ、異変を起こす可能性もあります。子供たちの健康的な肌を保つためには予防とスキンケアが常に重要です。