子供の髪と目の色を決めるのは?

2018年7月8日
子供の髪と目の色は、遺伝に依存しますが、偶然な要素にも影響されます。この興味深いトピックについて、一緒にみていきましょう。

この記事では、子供の髪と目の色を決定する要因を紹介します。

私たちは両親から引き継いだ一連の遺伝子で構成されます。これらは、髪と目の色、鼻と耳の形、および他の多くの特性に影響します。

新生児の特徴は、両親から伝承される遺伝子によって決められます。同様に両親もまたその特性を祖父母から引き継ぎました。

これらの遺伝子は、生涯を通じて子供に寄り添い、来る日には息子や娘にそれらの一部を与えるでしょう。

何十億もの組み合わせがあり、中にはより可能性が高い組み合わせもあります。こういった要因が兄弟姉妹が異なった特徴を持つ理由です。

組み合わせの中には、髪と目の色を決めるのものがあります。

受胎の瞬間から、赤ちゃんの遺伝子デザインが決められます。父親の精子には父から子へ、遺伝子の一部が引き渡されます。

他方、母親は子供に遺伝子の半分とともに、いくつかの細胞が赤ちゃんを形作る場所を与えます。

どの様な特徴が父親、母親から引き継がれるのかは偶然の産物です。

今回は、子供の髪と目の色を決定するいくつかの要因を見ていきましょう。

子供の髪と目の色は何によって決められるか?

目の色

青、緑、茶色、黒色があります。人間に与えられた目の色は、美しい色を用意した広く大きなパレットのようなものです。

しかし、子供の目の色が完全に遺伝に依存することは既に確認された事実です。

両親、祖父母と曾父母の目の色に基づいて、赤ちゃんの目がどの色になるかを予測することができます。

しかし、時には予測通りにいかないこともあります。

髪と目の色2

簡単に言えば、すべての人間には、優性と劣性の2種類の遺伝子があります。両方とも髪と目の色に影響を及ぼします。

優性遺伝子はより強く、新生児の眼の色を決定する可能性が高いといえます。

劣性遺伝子は弱いものの、父と母両側に存在する場合、劣性対立遺伝子を形成します。

青い目の父親と茶色の目の母親の例を見てみましょう。

この場合、子供が青い目を持つことはまずありません。これは、茶色の目の遺伝子が優性であり、青色は劣性であるからです。

しかし、劣性遺伝子が外見に影響を与えないとしても、体には常に存在しています。これは、青い目の様な特性が世代を跨ぐ可能性があることを意味します。

新生児の特徴は、両親から伝承される遺伝子によって決められますが、両親自身も祖父母から継承したのです。

髪の色

目の色と同様で、子供の髪の色は両親から継承した遺伝子に依存します。

しかし、子供の髪がどのような色になるかを予測することは非常に困難です。

人の毛の色は、毛包の色素沈着の結果です。

毛包は毛根を保護します。メラニンのタイプに応じて、毛包は茶色、金髪、赤色または黒色の髪を生成します。

現在の研究によれば、髪の色を決定する遺伝子が存在するそうです。例えば、茶色の遺伝子は優性であり、金髪は劣性であす。

一般に、より濃い色は優性遺伝子由来であり、明るい色の髪は劣性遺伝子由来です。

髪と目の色3

例えば、父親が茶色の髪であり、明るい色の髪の祖先や親戚をもたず、母親が金髪の場合、赤ちゃんは濃い色の髪を持つ可能性が高いです。

これは、この場合父親の髪色の遺伝子が優性で、母親は劣性であるからです。

遺伝子の組み合わせは、数えきれないパターンを形成します。

しかし今日には、科学の進歩から、継承する優性および劣性遺伝子に応じて、赤ちゃんの特徴の一部を予測することが可能になってきています。

あなたへおすすめ