まだ気は抜けない?外出自粛中に役立つテクノロジーとは?

25 5月, 2020
エンターテイメントからオンライン教育まで、テクノロジーは外出自粛中に欠かせないものとなりましあ。
 

テクノロジーの使用については常に懸念されてきました。特に子どもや青少年が画面に向かう時間を減らすべきだと、さまざまな研究が主張しています。しかし、今日はテクノロジーを異なる視点から見てみましょう。この外出自粛期間中にテクノロジーがどのように役立つのだろう、と考えている人もたくさんいるのです。

自粛期間にテクノロジーはどう役立つ?

リモートワークと子どもの娯楽

テクノロジーを使用することで、リモートワークをすることが可能になっているのは皆さんもお気づきだと思います。この方法はパンデミックに限ったことではありませんが、現在この変化が顕著になっています。

外出規制 テクノロジー

また、ゲーム機やテレビゲームを使うことも、多くの家族の中で毎日の生活の一部になってきています。これも外出自粛のために使用がさらに増えた可能性があります。

対面式の教育に代わるオンライン教育

対面式の教育とバーチャル教育を組み合わせているところも様々ありますが、一般的には社会化の環境に欠かせないという理由から子どもの教育は主に対面式の教育を行っています。

しかし、このようなパンデミックという例外的な状況においては、オンライン教育を行うことがテクノロジーを使った一つの方法になっています。アクセスに関しては独特な部分があるとはいえ、生徒にタブレットを支給するという教育機関も多くあります。

 

ルーティーンを確立すること

また、この期間にルーティーンを確立することの重要性が専門家によって主張されています。これは子ども、若者、大人全員に当てはまります。あまり重要でないと思われていた決まったスケジュールというのが、大切になっているのです。

これが例外的状況だということを子どもに説明する必要はある?

テクノロジー関係の問題はいくつかあるとはいえ、この状況が引き起こすイライラを理解し、この期間にいつもより画面に向かう時間が増えてもいいということを、お子さんに伝えることが重要です。

これにより子どもは間接的にでも、生活がいつかは普段通りに戻るんだということがわかるからです。

外出規制 テクノロジー

考慮するべき情報

  • 外出規制は家族に新たな挑戦を突き付けます。例えば、離婚している親の場合は新たに同意事項を作らなければならないでしょう。
  • 親や両親の存在は、パンデミックによって引き起こされる不確実な感情を超えて、特別な時間となり、さまざまなチャンスになります。
  • テクノロジーを使わないことも、ほっと一息つくのにいい方法です。

テクノロジーは外出規制中に結局どう役立つの?

スペイン小児科協会(Spanish Pediatric Association)は、アルゼンチン小児学会など他の科学学会と同じように、テクノロジーの理性的な使用を促し、人と対面する必要があるかどうかをしっかりと判断する重要性を強調しています。

 

自粛中はある意味、テクノロジーに関して人々が色々なことを試せる多くの機会になりえるでしょう。

 
  • Asociación Española de Pediatría   www.aeped.es
  • Sociedad Argentina de Pediatría  www.sap.org.ar