バーチャル教育について知っておきたいこと:メリットとデメリット

26 4月, 2020
この記事では、お子さんにバーチャル教育を施す前に知っておきたいことについて紹介したいと思います。
 

従来の学校ではなく、バーチャル教育を選ぶ方はまだ少ないですがどんどん出てきています。これはテクノロジーベースの制度に転向する親が増えてきているのを意味します。例えば、転勤族の家族などには、子どもがまた新しくやりなおさなくてもいい教育制度の方が好まれるかもしれません。

「遠距離教育の強力な要素は、情報通信技術です。離れた場所でのコミュニケーションはテクノロジーを通して実現し、生徒は自立性、自己管理、規律、勉強習慣などをより身に着けるようになります。それは教育をいかせるかどうかが自分にかかっているからです。」

-フェッロー二、ベラスケス(セザール・アウグスト・シエラによる引用)―

バーチャル教育に関しては、その国の教育省に認可された学校を探す必要があります。その教育計画も、伝統的な公立・私立学校の基準や要求と見合ったものであるかどうか、政府によって確認されていなければなりません。

バーチャル教育のメリット

1.柔軟性

バーチャル教育を利用すれば、生徒とその家族は自分たちに最も都合のよいスケジュールを組むことができます。オンライン上の学校の年間スケジュールはたいてい普通の学校のものと同じですが、時間割を変えることができます。先生に相談したり、録画授業を観たりすることが可能なことも多くなっています。

2.自由時間

普通の学校では、子どもはだいたい1日の8時間を学校の活動に費やします。具体的には授業、休み時間、通学、課外活動などが子どもの時間のほとんどを占めるのです。

バーチャル教育
 

一方、バーチャル授業じゃ1日5、6コマしかありません。さらに、生徒の成績が良い場合には科目を進めることもできるのです。

3.バーチャル教育のコスト

多くの人が考えているのとは反対に、バーチャル教育はあらゆる面で費用が安いのです。通学にかかる費用など、普通の学校でかかる費用の一部を節約することが可能です。ただ、良いパソコンやヘッドフォン、マイクや関連教材を買うという初期費用はかかります。

4.マルチメディア

今の子どもはテクノロジーに特に親しみを持っています。相互的学習教材やアニメーション、SNSに似ている学習プラットフォームにアクセスする能力があるので、それが大きなモチベーションの源になりえます。

5.自立性を高めること

子どもが自分の教育への責任により関わるようになると、規律や自立性と言った素質を身に着けるようになります。自分が難しいと思う教科により時間を割いたり、簡単だと思う教科にはあまり時間を使わないようにするなど、自分のペースで学習することができるのです。

バーチャル教育のデメリット

  • この教育形態に反対している人は、これは社会的相互作用に欠けるものだと指摘します。プラットフォームを通してグループ活動に参加することはできますが、人との接触をする機会はあまりありません。
  • テクノロジーの不具合が、バーチャル教育では教育のプロセスの妨げになりえます。良いコンピューターや高速のインターネット回線が無いと、思い通りに教育プログラムを勧めることができません。
  • 生徒は一人一人異なります。先生や友達からのサポートやモチベーションを上げてもらうことが必要だという子もいます。さらに、集中力を維持できない子、時間の管理ができない子は家だと気が散ってしまうでしょう。
 
  • 適正な規定組織に是認されていないバーチャル教育施設もあります。こういった学校を選んでしまうと、生徒が得る学位が有効でないなどの問題がある恐れがあります。
バーチャル教育

バーチャル教育は現代社会からの要求に応えたものです。その結果、この教育形式を選ぶ人も増えてきています。

多くのメリットがあるものの、これはすべての子どもにぴったりの教育法ではありません。この教育法を選ぶ前に、お子さんにとって最も効果的な方法はなんなのかを考える必要があります。