子どものテクノロジー疾患について知っておくこと

2019年4月12日
テクノロジー疾患は子どもにとって非常に危険です。スマートフォン、タブレット、テレビを過度に使用すると、子どもの健康に悪影響を与える可能性があります。

子どもたちは以前よりもさらに若い年齢から、スマホ、タブレット、リモコンを操り始めています。自分の子どもが動画を検索したり、スクリーンの前でゲームをしたりする姿は既に見慣れたものかもしれませんが、残念ながらこれは「テクノロジー疾患」に繋がる可能性があるのです。

テクノロジー疾患とは何でしょう?知っておいていただきたいこと全部を、この記事にまとめました。

テクノロジー疾患って?

現代社会では、新しい用語、症候群、概念が絶えず流れているようですね。私たちが現在患う病気の多くは、テクノロジー、運動不足、または栄養不足に関連しています

今回は、子どもに見られるテクノロジーの疾患に焦点を当てていきます。一見無害に見えるかもしれませんが、短期、中期、そして長期的に影響を及ぼすのです。

この「疾患」または病状は、増加の一途をたどっています。そして、まだ詳細な研究が進んでいないながら、その存在は否定できません。何がひどいかって、子どもがまだ幼いうちから悪影響が出ることです。

「テクノロジー疾患」とはどういう意味で言っているのか?と疑問でしょうか。基本的には、この用語は「テクノロジー機器を常に使用することによって生じる健康上の問題」を意味します。

信じ難いように思えるかもしれませんが、子どもたちはスマホ、タブレット、そしてゲーム機の主なユーザーであり、そういった機器に伴う悪影響に苦しんでいます。

こちらもお読みください:幸せな子どもを育てるための6つのアドバイス

テクノロジー疾患の例は下記の通りです。

1. ヘッドフォンによる難聴

ヘッドフォンやイヤフォン、特に外耳道内に入れるタイプを、常に大音量で使用すると、聴覚障害を引き起こすことがあります。

周囲の雑音を遮断するために、ますます大きな音量で音楽を聞いたり、動画やゲームを見たりする傾向がありますね。親の多くは、子どもの聴力が弱いと小児科医に連れていきますが、ヘッドフォンの使用が原因であることが多いのです。

さらに、これらの機器が耳鳴り、つまり耳の神経損傷に起因する症状を引き起こす可能性も考慮しなければなりません。

子どもとスマホ 子ども テクノロジー疾患

2. 反復運動過多損傷

信じ難いことではありますが、手首に腱炎があったり、手根管症候群に悩まされる5歳児がいます。みなさんが想像する以上にこのようなケースは多くあり、主にスマホでゲームをしている間、長時間スクリーンをプッシュしすぎることで起こるのです。

もうひとつの問題は、テキストメッセージによる親指の腱炎ですスマホの入力で最もよく使う指で、痛み、こわばり、痙攣、うずきなどの影響を最も受けます。

3. 眼精疲労

視覚的ストレスとしても知られており、医師の間では最も心配されている子どものテクノロジー疾患のひとつです。小さな画面を見つめ続けながら長時間過ごすと、目に負担がかかります。

その他の症状には、感想、光過敏性、涙目、充血、頭痛、吐き気なのが挙げられます。

こちらもお読みください:赤ちゃんの目が見え始めるのはいつ頃?

4. 不眠症

不眠症は、思春期に関連しやすいテクノロジー疾患ですが、それより若い年齢でも発生することはあります。夜遅くまでスクリーンを見ていると、脳を刺激し、健康的な睡眠の妨げになります。

スクリーンから発せられるブルーライトは、眠気を誘発するホルモンのメラトニン値と、緊張感と安静の周囲の調節を妨げます。

5. 筋肉痛

背中、首、そして肩の痛みは、電子機器の使用で起こる一般的な症状です。映画やテレビを見たり、ゲームをしたり、動画を見ながらなんども姿勢を崩すと、背骨の湾曲、姿勢の変化、そして痙攣などを引き起こすことがあります。

自撮りする子ども 子ども テクノロジー疾患

6. ネット中毒

ネット中毒は、最も心配なテクノロジー疾患のひとつです。子どもたちは他に何もしたいことがなく、ただ部屋にこもってスクリーンの前に座っていたいだけ、という状態です。

夕食時も、休暇中も、家族との外出時(連れ出すことに成功したらの話ですが)も、学校でも、常に携帯をいじっています。ネットへの依存度が高すぎて、枕の下にスマホを挟んで寝るほどです。何らかの理由でスマホを数分手放さなければいけないときは、まるで何か必要不可欠なものがなくなったかのように思うのです。

自分の子どもがテクノロジー疾患を患っているならば、どうしたらいいのでしょう?まず、インターネットと電子機器の使用を制限しましょう。

屋外でのレジャーの計画を立て、就寝2時間前はスマホを使用させないでください。必要に応じて、医師、心理カウンセラー、理学療法士など、専門家の助けを求めましょう。

  • López, A. (2014). Las tecnopatías: enfermedades causadas por las tecnologías del siglo XXI. EFESALUD.