虫垂炎の5つの症状とは?

2019年4月10日
下腹部の激しい痛みは虫垂の感染症の症状かもしれません。これは致命的な症状を招くこともあるので注意が必要です。

虫垂は謎めいた臓器です。長さは最大10センチで大腸に繋がっており、虫垂炎になってしまうと歩くことができないほど激しく持続的な腹部の痛みが発症します。

この症状が発生した場合は、他の症状が出るまで待つことはお勧めできません。この病気について詳しく見ていきましょう。

虫垂炎とは?

虫垂が腫れる理由はたくさんあります。基本的に、大腸内の流れが妨げられると炎症を引き起こし、腹部の右側に不快感が現れます。

炎症が起こると虫垂の中の毒素が放出できなくなるため、感染が始まります。徐々に痛みは増加し、腹部の中央部からその下部にまで広がります。

虫垂炎の治療をすぐに受けないと、感染は組織の破裂を引き起こす膿瘍を起こす可能性があります。これは腹膜炎と呼ばれ、致命的になることがあります。

虫垂炎の5つの症状

虫垂炎の患者は一般的に以下のような症状を経験します。

虫垂炎の症状をよりよく理解するために各点を詳細に見てみましょう。

虫垂炎

 

1. 激しい痛み

虫垂炎を発症した後の最初の数時間では、へその周りに若干の痛みを感じるでしょう。時間が経つにつれて脳は神経信号を発して、24時間が過ぎる前に痛みは下腹部に移ります。

腫れが発生している部分と痛みを説明をすれば原因を突き止めることができるでしょう。

2. 食欲不振、めまい、嘔吐

これら3つの症状はすべて一斉に発症するわけではなく、別々に現れることがあります。しかし、多かれ少なかれ激しい痛みはこれらの症状を伴うことでしょう。

虫垂炎はめまい、嘔吐、または食欲不振だけでは診断できません。虫垂炎と特定できるのはへそ周辺の痛みです。

虫垂炎の治療をすぐに受けないと、感染は組織の破裂を引き起こす膿瘍を起こす可能性があります。

3. 

発熱は体の自然な防御機能であり、人によって異なります。発熱は必ずしも虫垂炎を示唆するとは限らず、一般的に体温は38°Cを超えません。

虫垂炎が発症し穿孔が起こると体温がかなり上昇する可能性があります。この場合、便が腹部に接触する可能性があるため感染は深刻な状態です。

4. 下痢と便秘

虫垂炎の症状としての下痢の有無は、直腸から骨盤領域までの距離によって影響されます。直腸が炎症の範囲内にあると、下痢または便秘が起こることがあります。便の質が必ずしも変わるわけではありませんが、排便頻度が増えるでしょう。

便秘は下痢に比べると稀ですが、起きる可能性もあります。

虫垂炎

 

5. 白血球の増加

白血球は私達の体の主要な防御細胞であり、そして簡単な調査でその数を調べることができます。白血球の数が多ければ、何かが炎症または感染を引き起こしていることが分かるでしょう。

白血球の量が多い場合は炎症が悪化していること、そして免疫システムがそれに対応するために白血球を増やしていることを意味します。

結論として、虫垂炎を発症している場合は通常腹部に痛みを経験しているはずです。一般的に医師は深刻な感染症を防ぐため、臓器の切除を提案します。

子供、大人を問わず虫垂炎を予防するには健康的な生活、適度な運動、生活習慣の改善、バランスの取れた食事が効果的です。