小児白血病の12の兆候

2018年9月15日

悲しいことに、現在も多くの子供たちが白血病に苦しんでいます。子供に発病する癌の中でも最も多く見られ、小児白血病として知られています。

深刻な病気ではあるものの、現在は治療法も多く確立しており、必ずしも死に至る病気というわけではなくなってきています。約2,000から3,000人の子供たちが各国で白血病と診断されており、そのほとんどは3歳から5歳の幼い子供たちです。

白血病は骨髄内の白血球数に問題が生じる病気で、異常な細胞が血流にのって健康な細胞の周りを駆け巡ります。

その結果、体の免疫力が低下し、様々な感染症やその他の病気を引き起こします。

 

小児白血病の兆候

白血病の症状は緩やかに表れるため、発見に至るまでに時間がかかる場合があります。(突然症状が現れる急性白血病以外)また、その症状もその他の小児病と誤認しやすかったりします。

小児白血病の症状は子供によって異なり、診断が難しいことが多々あります。

子供の白血病

癌に対して、その犠牲者にも生存者にもなれる。要は考え方次第なのだ。

-デーブ・ペルツァー

 

白血病細胞は、血小板、白血球、赤血球、を生成する健康な細胞の周りに凝集します。その一方で、白血病細胞は体中に散らばり、健康に害を及ぼします。

ですがこの症状は他の病気にも見られるものなので、早めに医師に相談して、病名を突き止めてもらいましょう。

こちらもご覧ください 子供の健康にとって最高の食べ物

 

白血病症状

1.疲労感。赤血球が減少するため、貧血を起こしやすく、疲れやすくなります。また力が出にくく、肌も青白くなります。

2.熱と感染症。熱が出ても、通常の薬では下がらなかったりします。

3.あざと出血。白血病になると血小板が減るため、血管がダメージを受け、小さな赤いポツポツやあざのようなものが体中に出来ます。また鼻血や歯茎から血が出たりします。

4.骨と関節の痛み。白血病細胞は通常、関節や骨の表面に固まります。そのため痛みが発生します。

5.腹部の腫れ。腹部が大きくはれ上がることがあります。これは肝臓や脾臓が白血病細胞の塊によってはれ上がるためです。

6.体重の減少と食欲減退。食欲がなくなり、体重が減っていきます。これは肝臓と脾臓が腫れることで、胃を含む周りの臓器が圧迫されるためです。

7.リンパ節の腫れ。感染症と闘おうと、リンパ節が腫れあがります。また、皮膚の下に白血病細胞が固まることで腫れたりもします。

8.呼吸器系の障害と咳。呼吸の問題を抱えたり咳をしたりします。

9.腕や顔の腫れ。これはとても危険なサインです。すぐに手当てをしないと命に関わります。

10.けいれん、頭痛、嘔吐。その他めまいなど、白血病が進行している時に出る症状です。すでに中枢神経系に癌細胞が広がっているサインです。

11.歯茎の出血や発疹。白血病が皮膚に広がると、無数の小さな発疹が現れます。

12.極端に体が弱る。白血病細胞が全身に広がると、血液がドロドロになり、脳内の小さな血管内の血液が流れにくくなります。そのため極度の疲労を感じたり、力が入らなくなります。

こちらもご覧ください 子供の免疫システムを高める10のアドバイス

https://youaremom.com/signs-childhood-leukemia/
あなたへおすすめ