赤ちゃんが吐くのはなぜ?嘔吐の原因を知ろう!

· 2019年1月3日
赤ちゃんが吐くと、もちろん親としては心配になるでしょう。ですが吐いたからと言って、それが深刻なものとは限りません。ここでは赤ちゃんの嘔吐の原因についてお伝えします。

赤ちゃんの嘔吐の原因は様々です。

特に最初の1週間はごく普通のことで、母乳やミルクに慣れるまで時間がかかっているだけです。赤ちゃんの体は日々成長しているのです。

今回はそんな赤ちゃんの嘔吐の原因についてお伝えします。消化不良から、長時間にわたって泣いたり、咳をしたりしたことによるもの、長時間のドライブによるめまいによるものまで、原因となるものの範囲はとても広いです。

「子供の病気は嘔吐をすることが多いため、幼いころは注意をしておく必要があります。ですが通常は、治療しなくても自然と改善します。」

米国小児科学会(AAP)

 

赤ちゃんが吐くのはなぜ? 最も考えられる原因

授乳

生まれて最初の数か月は、授乳に関連した嘔吐が多いです。たくさん飲みすぎると吐き出します。

その他の稀な原因としては、母乳や粉ミルクに含まれるタンパク質に対するアレルギーです。

また風邪によって体に蓄積した粘液も原因になり得ます。

泣いている赤ちゃん

 

泣きすぎ

長時間泣くことが原因のこともあります。この場合は、他の症状が出ていない限り何も心配することはありません。

こちらもご覧ください 赤ちゃんが泣く6つの理由

 

車酔い

日頃車での移動が多いと、それが赤ちゃんの嘔吐の原因になることもあります。赤ちゃんが見える景色が、体の揺れと一致しないため気分が悪くなります。

 

体に毒となる要素

体に毒となるものを飲み込んでしまった場合に起こります。最も一般的なのは薬、植物、化粧品など。

特定の食べ物や汚れた水も注意が必要です。

 

腸閉塞

突然、かつ持続的な嘔吐は、腸閉塞などの病気のサインかも知れません。

赤ちゃんが何度も吐き続け、食欲が無いようだったら、信頼できる小児科医に診てもらいましょう。

嘔吐は通常長引くことはありません。ほとんどの場合、深刻な病気ではなく治療も必要ありません。

ですが水分補給は怠らないようにしましょう。赤ちゃんが健康な様子で、体重も標準以内に収まっているようなら、心配することはありません。

こちらもご覧ください 子供の健康:ぎょう虫とは? その対策とは?

 

医者に診せるタイミングとは?

稀にですが、嘔吐が深刻な病気のサインである可能性もあります。以下のような症状が嘔吐と並行して見られるようなら、病院に行って診てもらいましょう。

・脱水症状の兆候:口が乾いている、泣いているのに涙が出ていない、いつもより尿が少ない

・食欲が無い

・この12時間嘔吐し続けている、または回数が多い

・原因の分からない発疹

だるそうにしてる、またはイライラしている

・腹部が腫れている

吐いたものに血や胆汁(緑)などが混じっている

抱っこされる赤ちゃん 赤ちゃんの嘔吐 

 

赤ちゃんが吐いたらどうしたらいい?

水分補給を忘れない。吐くと体の水分が失われます。ですので、その分の水分補給をしてあげましょう。加工されたジュースやソフトドリンクは避けましょう。小児科医に相談して、1番良い方法を見つけてください。

食事内容に気を付ける。赤ちゃんがすでに食べ物を食べているなら、甘いものや刺激になるような食べ物は避けましょう。水分、穀類、その他消化しやすいものをゆっくり与えるようにしてください。

しっかり眠らせる。睡眠は落ち着かせるのに最も有効な手段です。寝ている間に腸内が掃除されるため、嘔吐も減ります。寝ている間に吐くかもしれないので、必ず近くにいるようにしましょう。

赤ちゃんが吐くとビックリしてしまうかもしれませんが、怖がる必要はありません。赤ちゃんの様子に注意を払って、必要な処置をとるようにしましょう。

もし症状が続いたり、赤ちゃんの様子がおかしいようなら必ず専門医の診察を受けてください。