あなたも声帯結節やポリープができているかも?:リスクがある人

2019年10月4日
声帯結節やポリープとはなんでしょうか?これは実はさまざまな原因による咽頭の怪我として考えられているものです。喉を絞るような習慣は、この主な原因になりえます。

声帯結節やポリープは頻繁に起こる喉の怪我だと考えられます。これは声帯の端に良性の腫れとして組織の中にできます。怪我の原因は様々です。しかしほとんどの場合その性質、診断、治療はとても似ています。

ポリープは結節よりも大きいサイズででき、表面にはっきりと血管が見えます。原因には発声器の使いすぎなどがあります。
甲状腺機能亢進症、咽頭の慢性アレルギー反応、そしてタバコや有毒な煙を頻繁に吸うことなども、ポリープができる主な原因です。

結節は声帯の「不適切な使用」により主にできます。歌うときに声を振り絞っていると、結節やポリープが声帯にできる可能性があります。生徒をたくさんもっている先生て、声を届かせるために声を絞りだしている人にも同じことが言えます。

声帯結節やポリープのリスクがある人

まず、仕事で声を使っている人は声帯結節やポリープができるリスクを抱えています。例えばテレフォンオペレーター、歌手、俳優、演説家、先生、道で物を売る人などです。

聴覚がやや衰えている人でも、大きすぎる声でしゃべる習慣がダメージにつながることもあります。声を絞り出すようなことはすべて結節やポリープにつながるおそれがあるのです。

とはいえ、20歳~45歳の女性が最もこの怪我をしやすいのです。子どもにはほとんど発生しませんが、過度に大声で叫んだりする場合起こることもあります。

いかなる場合でも、声帯結節やポリープは必ず良性です。一般的に、これは話すときにふさがる声帯の端が炎症を起こすことからきています。

炎症によってできた小さな傷は適切な処置が行われてからしばらくすれば消えていきます。

声帯結節 ポリープ

声帯結節やポリープがあることを示す症状

最もよくある症状には発声疲労と話しているときに聞こえる様々なサインがあります。声がしゃがれたりかすれたりするのです。

さらに、息を吐くときに空気が上手く吐き出せず、長く話すことが不可能になります。この場合、慢性的な発音障害がある恐れがあります。

さらに、炎症が起きていることで咳やのどの痛み、首の筋肉の緊張、不快感、そして痛みを伴うこともあります。いい耳鼻咽喉科の専門医にかかれば、どれくらい深刻なのかを診断してくれます。そこから適切な治療を始めることができます。

声帯結節やポリープの診断

きつい仕事の後に声がかすれ、しばらくするとよくなるということに気が付くかもしれません。声帯にダメージがあるかどうか確かめるためにお医者さんに行くタイミングはいつがいいのでしょうか?

実際は、警戒するべきなのは声のかすれが2、3週間以上続いた場合です。

診察を受ければ、医者がさまざまな処置を通して声のかすれや発音障害の程度を診断してくれます。まずは声の質の分析から始まります。医療言語聴覚士が、声のかすれのタイプから治療が必要かどうかを判断してくれるでしょう。

次に直接あるいは咽頭鏡を使用して診察が行われます。ここで生体組織検査が必要かどうかの兆候も見られます。生体組織検査が必要な場合は、癌腫がないかどうかを見るために行われます。その場合の検査は顕微咽頭鏡検査と呼ばれています。

声帯結節 ポリープ

声帯結節やポリープの主な治療法

このタイプの症状に対しては、外科手術は最後の頼みの綱です。喉にできたものがとても大きく、長期間あった場合にのみ手術によって取り除かれます。むしろ、声帯結節やポリープの主な原因が何だったのかを特定しようという試みが行われます。

それが甲状腺の問題(甲状腺機能亢進症)でも、胃の問題(逆流)、あるいはアレルギーであっても、耳鼻咽喉科の先生が適切な専門家を紹介してくれます。一方、声帯結節やポリープを和らげたり、予防したり、治したりする最も効果的な方法は、ボイストレーニングを行うことなのです。