小児期の腎臓がん:症状と原因

2019年4月2日
小児期に腎臓がんを患うのは非常に稀です。青年期や成人が主に患う病気ですが、5歳以下の子どもにも起こります。このことから、専門家は子宮内でがんが発達すると見立てています。

小児期の腎臓がんは心が重くなる話題です。しかし、このがんは治療可能な病気です。腎臓がんに苦しむほとんどの子どもたちはこの病気を克服して、普通の生活を送っているのです。

小児期の腎臓がん

悪性細胞が体内で制御不能なほど増殖すると、がんが発生します。小児期の腎臓がんの最も一般的なタイプは、「ウィルムス腫瘍」または「腎芽腫」と呼ばれます。硬く、未熟な腎臓組織内で形成されます。

単一病変であるにも拘らず、腎臓がんは両方の腎臓に影響を及ぼします。これは「両側性腫瘍」として知られる状態です。

その他の場合では、同じ腎臓内に複数の病変が見られる「多巣性」の可能性もあります。また、男女問わずに患う疾患です。

子どもの腎臓がん 腎臓がん 小児期の腎臓がん 子ども

子どもの腎臓がんの考えられる原因

腎臓がんの原因は、専門家たちにも未だ明らかでありません。しかし、遺伝的問題を抱える子どもに頻繁に見られるとはわかっています。最も考えられる原因としては以下の通りです。

  • WAGR症候群、精神障害、泌尿生殖器系の先天性異常、または無虹彩の患者。
  • デニス・ドラッシュ症候群を持つ人。また、性器異常や遺伝性腎症(ネフロパシー)がある人。
  • ベックウィズ・ヴィーデマン症候群または膵臓・肝臓・副腎などの腹部臓器の肥大を患う小児。また、臍ヘルニアや身体や舌の半分だけを持ち合わせていないことに関連することもあります。
  • 腎臓がんの家族歴
  • 尿路の問題
  • 結節性硬化症、腎臓に脂肪腫がある状態。
  • 腎臓の髄様がん、腎細胞がん、または平滑筋腫症。

こちらもお読みください:子どものてんかんの原因とは?その症状と治療法

よく見られる症状

初期は、子どもの腹部にある腫れたしこりを発見するまで、気がつく症状は通常ありません。そこから、お子さんが腹部の不快感、吐き気、嘔吐、食欲不振、または便秘などを訴えることがあります。さらには、血尿があったり高血圧が出たりする可能性もあります。

あなたのお子さんが小児期の腎臓がんを患っている場合、特別な理由なしに発熱があるかもしれません。疲れを感じ、胸に痛みがあり、体重は減少。そして腫瘍が肝臓または肺に拡がると、今度は異なった兆候が出ます。腹痛、咳、呼吸器系の問題、咳をしたら血が出る、などが挙げられます。

こちらもお読みください:子どもが食事中に喉を詰まらせたらどうしたらいいの?

がんの診断方法

小児期の腎臓がんを診断するためには、医師による身体検査を行い、子どもの全体的な健康状態を判断します。医師が集めるのは健康歴と習慣に関するデータです。生化学的な血液検査と尿検査と共に、全血球計算も行われます。

加えて、子どもの腹部の超音波検査をするはずです。この検査により、腎臓がんの場所、大きさ、その他の特徴を知ることができます。全く痛みはなく、放射線も使用しません。

明確な結果が出ない場合は、胸部レントゲン検査に加えてCATスキャンも行います。これらは病気の転移を検出するために行われるものです。

腎臓がん細胞 腎臓がん 小児期の腎臓がん 子ども

また、腹部、喉、骨盤をそれぞれ様々な角度から撮影するCTスキャンも行うことができます。専門家が行えるもうひとつの方法としては、MRIがあります。こちらでは、磁石や電波、コンピュータを使い体内の画像を作成します。

専門家の判断により、腫瘍の生検をして分析するために、細胞や組織を取り除くために腫瘍を針で刺す手順が発生することがあります。

可能な治療方法

治療法は、腫瘍を構成する細胞の種類と重症度によって異なります。

  • エネルギーや放射能の放射でがん細胞を予防または排除するための外部照射および内部照射
  • がんが片方の腎臓のみにある場合、化学療法と点滴薬の組み合わせで治療します。がんを全て取り除く手術の前後に使用します。
  • 精神刺激薬を使って、がんに対する身体の防御力を自然に回復させることができます。生物学的療法と呼ばれる治療法です。
  • また、幹細胞を回復させるため、高用量の化学療法を用いることもあります。化学療法の最後に血球を元に戻すことができます。
  • 標的療法とは、正常で健康な細胞を傷つけることなくがん細胞だけを取り除く方法です。

ただし、上に挙げた治療法の中には、数ヶ月間副作用を引き起こす可能性があるものも含まれます。副作用には、腎臓や心臓の問題、気分のむら、思考や学習の困難、そして他の種類のがんなどの可能性があります。

お子さんに小児腎臓がんの症状が見られたら、すぐに医者にかかりましょう。がん検査が陽性で、進行度がわかった後、どのような治療がお子さんに必要なのか、そして考えられる副作用について医師と話すことが重要です。

  • American Academy of Family Physicians. Recognition of Common Childhood Malignancies. Am Fam Physician; 61:2144-54. The Alliance for Radiation Safety in Pediatric Imaging’s “Image Gently” Campaign
  • MedlinePlus. «Tumore de Wilms». Enciclopedia médica en español
  • Rojas, V. & Pérez, Y. L. Cáncer Infantil: una visión panorámica. Revista PsicologiaCientifica.com, 13(19)