子供がゼーゼー息を切らせたら?:症状と対処法

2019年4月9日
子供がゼーゼーと息を切らせていたら呼吸器系の疾患の可能性があります。子供の呼吸の音に注意してみましょう。

様々な疾患が原因で子供がゼーゼーと息を切らせることがあります。ヒューヒューと甲高い音をさせながら呼吸をすることもあります。これは、肺から出てくる空気の抜け道が狭くなっている場合に起こります。

コスタリカ国立病院の小児科医、リディアナ・アヴィラ医師とマニュエル・ソト医師によると呼吸の際にこの音がする小児疾患がいくつもあります。

この二人の医師によると、子供がゼーゼーと息を切らせるということには様々な意味があります。その中でも特に、喘息による場合が多くあるので注意が必要です。また、そのほかの原因による場合もあります。

子供のゼーゼー音とは?

ゼーゼーとする音は、特に息を吐く際に聞こえる呼吸の音です。息を吸い込む際に聞こえることもあります。

どうして起こるの?

前述した二人の専門家によると、ゼーゼー音は息が出てくる通り道が何かに遮られている場合に起こります。これが気道の内側の壁に振動を起こし、音となります。

原因となる症状を以下にご紹介します。

  • 喘息。子供がゼーゼーとしている場合のもっとも一般的な原因が喘息です。気道に炎症が起こる、慢性的な病気です。
  • 異物を吸い込んでしまった。ゼーゼーが突然始まった場合には、空気以外の何かを吸い込んでしまった可能性があります。喉頭や気管、気管支に異物が入ってしまうと、呼吸困難を引き起こします。しかし、空気の通り道の周囲に異物が付着した場合には、肺炎となるかゼーゼーとした音が起こります。
  • ウイルスによる感染症。一般的にはウイルスによる感染症は、特に幼児の場合によくゼーゼー音の原因となります。アデノウイルスやパラインフルエンザ、ライノウイルスといったウイルスか、マイコプラズマ肺炎やクラミジア肺炎などの異形細菌による場合があります。
子供 息を切らせる  呼吸

  • 一部の薬。誤って、パラチオンやメチルパラチオンのような有機リン酸塩を摂取してしまった場合にも、ゼーゼー音や咳、呼吸困難が起こります。
  • 気管支拡張炎。これは、肺の太い空気の通り道へダメージがあった場合に起こます。空気の通り道が広がってしまった状態です。
  • 細気管支炎。子供のゼーゼー音は、大抵の場合は感染症によるものですが、細気管支炎は細い空気の通り道に急性の炎症が起こり、通り道がブロックされた状態です。
  • 気管支炎。気管支に起こる炎症です。急性と慢性のものがあります。
  • 胃酸の逆流。胃酸が食道へと入り込んでしまう状態です。食道括約筋の機能の低下による場合があります。
  • 刺激性の物質の吸引。薬品や煙を吸い込んでしまった場合に起こる可能性があります。

ヒューヒューと呼吸音がする際の症状

呼吸の際にヒューヒューと音がする場合には、大抵の場合そのほかの症状も同時に起こります。しかしどんな症状が起こるかはその原因によります。お子さんの呼吸音に気がついた際には、以下のような症状にも気をつけることが大切です。

ゼーゼー音は息が出てくる通り道が何かに遮られている場合に起こります。これが気道の内側の壁に振動を起こし、音となります。

子供 息を切らせる  呼吸

診断

ゼーゼー音があまりにもひどい場合には、胸部のレントゲンを取ることを医師は勧めるでしょう。それにより、異物の存在を確認したり、肺炎や心臓の機能障害などを見つけることができます。そして指に測定機器を装着して、血液中の酸素の量を測ります。この機器はパルスオキシメーターと呼ばれています。

一方で喘息の場合には、呼吸器系の重大な症状がない限り、これ以上検査をする必要はありません。ただし、喘息の発作が頻繁に起こる場合にはさらに検査が必要となる場合があります。

しかし吸入器を使った薬やその他の薬で効果がある場合は、検査はおそらく不要でしょう。医師は子供に唾を飲み込むように頼んだり、気道を確認したりはするかも知れません。

また健康診断の際にも、鍵となるデータがあるかも知れません。例えば、肥満、心雑音、呼吸の際のゼーゼー音などです。

まとめになりますが、子供の呼吸のゼーゼー音は呼吸器系疾患の兆候である可能性があります。そして、子供の生活に支障が出ます。もし呼吸の音に気が付いたら、すぐに医師のところへ連れて行き、必要な検査をしてもらいましょう。

 

  • Ávila, Lydiana y Soto, Manuel. (2004). Sibilancias en pediatría. Revista Médica del Hospital Nacional de Niños Dr. Carlos Sáenz Herrera.