小児糖尿病:その兆候を見逃さないための注意事項

16 9月, 2019
幼少期から健康的な食生活について教えておかないと、小さな子どもでも小児糖尿病にかかってしまうことがあります。

小児糖尿病は毎年件数が増えている病気です。世界各国でもかなり増加しており、世界保健機関の統計では世界人口の5%から10%は小児糖尿病を患っているということです。

この疾患は、インスリンというホルモンを身体が充分に分泌できないことで引き起こされます。糖尿病の子どもは必要なインスリンの代わりに特別な治療法に従うことになります。

糖尿病を管理するための処置を子どもが嫌がることもあるでしょう。年齢によっては、子どもが自分でインスリン注射をする必要があります。

小児糖尿病の子どもは、自分で血糖値を検査したり、特別な機械を使って炭水化物の摂取量を記録したりしなければいけないのです。

こちらの記事も参考にしてください:幼少期からヘルシーな食生活を送ることの大切さ

小児糖尿病をコントロールするためには、常に監視して身体の調整をする必要があるのです。幸いにも技術の進歩により、インスリンの投入や血糖値の管理方法がかなり進んできました。

より良い治療と共に、糖尿病患者の生活の質が向上しているのです。

小児糖尿病の特徴

主な症状

一般的に小児糖尿病の症状は歴然と表れてきて、数日または数週間の間に分かるようになります。以下のような症状が見られます。

頻尿。子どもの血中に多量の糖が蓄積してくると、子どもは喉が渇いてきます。その結果もっと水分を欲して、トイレに頻繁に行くことになるでしょう。小さな子どもが糖尿病になると、よくおねしょをするようになることもあります。

空腹。血糖をコントロールするインスリンの量が減少すると、臓器や筋肉に必要なエネルギーが足りなくなるので、身体が空腹というシグナルを送り食欲を感じます。

体重低下。小児糖尿病の症状として最初に見られる症状は体重が減ることです。疾患によって子どもは食欲が増して、いつもよりも食べるようになります。しかし糖をエネルギーに変えることができないと、筋肉組織は体内の貯蔵脂肪を燃焼し始めます。

疲労やエネルギー低下。体内に充分な糖が足りないので、子どもはいつも疲れていることに気付くことでしょう。

小児糖尿病 :その兆候を見逃さないために

行動の変化。糖尿病の子どもは常に気分の変動が激しくなります。気分がよく変わり、元気いっぱいで嬉しそうにしていると思えば、不機嫌に落ち込むこともよくあります。さらに子どもが動揺したり怒りっぽいこともあるかもしれません。

息が果物のような臭いになる。糖質の代わりに脂肪を燃焼することによって、ケトン体という物質が増えて、吐く息が果物のような口臭になってしまいます。

失明や視界がぼやける。糖尿病の疾患が原因で失明に至る場合もあります。血糖値が高くなると、目の水晶体に影響して視界がぼやけることもあります。

カンジダ症。特に小児糖尿病の少女が、性器カンジダ症に感染しやすくなります。

小児糖尿病の原因

小児糖尿病の徹底的な原因は不明ですが、1型糖尿病のほとんどはウィルスや細菌に対処する身体の免疫系と関係しています。1型糖尿病の患者の免疫システムは、インスリンを分泌するすい臓の細胞も攻撃してしまいます。

インスリンは身体全体の血流を通して糖(グルコース)を運搬する役割があります。普通は食事によって糖が血液に入ります。しかし、すい臓の中で内分泌の働きをする、すい島という部分の細胞が破壊されると、子どものインスリン分泌量が低下します。

その結果、血流にグルコースが蓄積してしまいます。残念ながらこの状態では子どもの命にもかかわってきます。

小児糖尿病の予防法

現在のところ1型糖尿病の治療法はありません。しかし様々な分析によると、ある種の抗体を持つ子どもと糖尿病の関連性が確認されています。ただし、この抗体があると必ず糖尿病になるという訳ではありません。

科学研究者は小児糖尿病で苦しむ子どものための治療法を常に追求しています。さらに、もう糖尿病と診断された患者のすい島が破壊されないようにするための研究にも焦点を当てています。

小児糖尿病 :その兆候を見逃さないための注意

今の時点では、1型糖尿病の診断結果を撤回する手はありませんが、いくつかのガイドラインに従ってさらなる合併症などを避ける方法はあります。

  • 血糖値を常にコントロールしましょう。
  • 健康的な食生活と運動を習慣付けてください。
  • 医師による定期健診を欠かさないようにしましょう。小児糖尿病の子どもは最低でも年に一回の検診、または必要に応じて検査の頻度を増やして診てもらいましょう。

「子どもの成長と同時に、この疾患と共に生活しながら適切な病気管理ができるよう、良い生活習慣を心がけるのがとても重要なのです。」

まとめると、子どもの症状を意識して、小児糖尿病の問題が悪化した場合に対処できるようにすることが大切です。

  • Dra. Sara J. Carlson. (2017). Diabetes tipo 1 en niños. Mayo Clinic.
  • Organización Mundial de la Salud. (2016). Informe mundial sobre la diabetes.