子どもが食べたがらない時にどうしたらいい?

2019年4月15日
親に出された食べ物を子どもがすぐ食べるとは限りません。そこでどうしたら、強制しないで子どもに食べさせることができるのでしょうか?

子どもが食べたがらない理由を探し出すのはとても難しいことです。調子が悪い、その食べ物が嫌い、または単に態度が悪いだけかもしれません。

親なら誰でも子どもが食べたがらない時期を通り超えないといけません。それはとても心配であり、またイライラの原因にもなる状況でしょう。

しかし食欲がない時は何かしらの原因があって、たいていの場合はネガティブな理由から食べないことが多いです。

そこで今日は、子どもが食べたがらない時に考慮したい様々な状況についてお話していきます。もちろん考えられる理由もご紹介します。

子どもが食べたがらない時にどうしたらいい?

「いやだ!」と言う時の理由を探す

まずは、子どもが食べたがらない理由を考えてみましょう。多分いくつかの理由が挙げられるでしょう。それは子どもの年齢に関することが多いのではないでしょうか?

  • 1~5歳児:栄養士の意見では、1歳の子どもはそれ以前に比べて食べ物を摂取する力が少し弱まるそうです。それで子どもが食べたがらないと親は思ってしまいます。でも実際には小さな子どもはすぐ満腹になってしまい、それでも身体が必要な栄養はきちんと取れているのです。
  • 6~8歳児:この位の年齢の子どもはもっと食べられるようになるでしょう。子どもの成長期とも重なるので、食欲は増すはずです。
  • 心理的理由:甘やかされている子どもは食卓で食べたがらないかもしれません。幼稚園児は幼稚園で間食を食べることもあるでしょう。その結果きちんとした食事を食べる時間になっても、お腹がいっぱいなので食べたがらないのです。
  • 特定の病気:特別な場合、生後一年目に病気で食べられないこともあります。子どもの腎臓、肺、胃腸の機能に関する疾患は、そのような結果を生むかもしれません。子どもが全く食べられない場合は医師に相談することをお勧めします。
子ども  食べたがらない

子どもが食べたがらない時の解決法

食べたがらない理由が大体わかったら、子どもが食べたくなるようにする方法に注目しましょう。子どもが空腹ではない時と、出された食べ物を食べたがらない時の、違いを見極めることは常に重要になってきます。

子どもに食べさせ過ぎは避けなければいけないことを覚えておいて下さい。子どもが少量しか食べないように見えても、実際には満腹なのかもしれません。子どものお腹はもう食べ物を受けつけないこともあります。

「栄養士の意見では、1歳の子どもはそれ以前に比べて食べ物を摂取する力が少し弱まるそうです。」

使えるアイデア

子どもが食べたがらない時の、簡単で実用的なアイデアをいくつかご紹介します。

  • 子どもの年齢に適した分量の食べ物を一番大きなお皿にのせて出してみましょう。視覚的効果によって、実際よりも量が少なく見えます。子どもはほんの少しの食べ物だと思って、全部食べることでしょう。
  • 食事をほとんど終える前に、ジュースや水を与えないようにしましょう。水分ですぐお腹がいっぱいになると、他のものが食べられなくなります。
  • 食事時間の20分前には、テレビを消しておもちゃを片付けさせましょう。そうすると食事中に気が紛れることなく、食事に集中できます。片付けている間にお腹が空いてくることもプラスです。
  • 食事時間を言い争いの時間にしないでください。学校での問題について話したり、子ども部屋が散らかっていることで叱ったりすることはやめましょう。食事は非難されたり批判を受ける時間だと思わせては大変です。
子ども    食べたがらない

  • 子どもがべそをかいてわがままを言う度に、親が折れないようにしましょう。子どもはベッドの上やテレビの前でないと食べたがらないのかもしれません。そして栄養のある食事ではなく、駄菓子や甘い物だけを食べたがることもあるでしょう。そのような状況で諦めてはいけません。そこは厳しく、子どもを落ち着かせるような空間を与えましょう。お腹が空いてきたら、食卓に座って用意した食事を食べるようになります。
  • 糖分の多い食べ物、ファーストフード、揚げ物などは、あまり与え過ぎないように気を付けましょう。甘い物やグルタミン酸ナトリウムなどの添加物を使った食品を摂り過ぎると、健康に良い手作りの食事を食べたがらないという結果も出ています。ファーストフードは添加物をたくさん使っていることをお忘れなく。

そして最後にお伝えしたい事は、食事中に子どもを注意しないようにしてください。ましてや子どもが食べるまで食卓に座らせるよう強制してはいけません。食べさせる食事の量もよく考えて下さい。

これらのアドバイスを参考にして、子どもの身体が必要とする、豆類、野菜、たんぱく質をもっと摂取するようにしましょう。

Romar Regueiro, T., Ruiz Melguizo, M. J., Trabalón Flores, I. R., & Mañas Ruiz, C. M. (2012). ¡Mi niño no come! Nutricion Hospitalaria.