子どもの喘息治療について知っておきたいことって?

11 1月, 2020
急な喘息発作が起きた場合、血中の酸素濃度が低下する低酸素血症を治療することが最も重要になります。

喘息は子どもの頃に最もよく起こりやすく、慢性的になる病気の一つです。そして近年増えてきている公衆衛生問題であり、治療には大量の薬を使用しなければなりません。ですので、この記事では子どもの喘息治療について知っておくべきことに焦点を当てたいと思います。

喘息とは?

小児病理に関する国際合意の中では、喘息は「他の病気が除外されている状況で、繰り返し息がゼーゼーしたり咳が止まらなくなったりする」などの特徴のある障害だとされています。

喘息発作の最もよくある症状は以下のようなものです。

  • 息がゼーゼーすること
  • 呼吸困難
  • 胸部の圧迫
  • 気道がつまること
  • 気管支の過敏性
  • 気道の炎症

子どもの喘息治療

喘息治療は一般的に大きく二つに分けられます。一つは急な発作への治療で、もう一つは慢性的な治療です。子どもの喘息治療の主な目的は以下のとおりです:

子ども 喘息 治療

  • 慢性的な症状を減少させ排除しようとすること
  • 急な発作を防ぐこと
  • 薬の使用やその副作用をできるだけ避けること

子どもの喘息治療で使われる主な薬は以下のようなものです。

  • 症状の軽減のための、気管支拡張薬
  • 病気をコントロールするための抗炎症剤

急な発作に対する治療

急な発作が起こっている場合、治療の目的は変わって最も重要なことは低酸素血症を治すことになります。これは血中の酸素濃度が低下した状態です。実際、喘息の発作が起きている場合にまずこの検査が行われます。

動脈血中の部分的な酸素濃度を検査するため、酸素の状況を測るパルスオキシメーターを使用します。その結果により、その深刻度が以下のように分類されます:

  • 軽度:酸素が94%以上
  • 中度:酸素が91%~94%
  • 重度:酸素が91%以下

動脈血中の部分的な酸素濃度が91%または60mmHg以下になった場合、低酸素血症だとされます。その場合、すぐに子どもを病院に搬送しなければなりません。合併症のリスクがある場合や、高リスクの病歴がある場合、または治療に対して反応が無い場合なども同様です。

急な発作が起こった時、まず行える治療はベータ2アドレナリン薬を吸引することです。圧力吸引システムや吸入器などで摂取することができます。最もよく使用されている薬はサルブタモールです。または、イプラトロピウムやコルチコステロイドもあります。

子ども 喘息治療

酸素が94%以下になっている場合には酸素吸引も必要です。ですので、病院に行ってより精密な検査をしてもらわなければならないのです。

慢性的な喘息に対する治療

慢性的な治療に関しては、子どもの年齢を考慮することが非常に重要です。一般的に、薬理学的治療とは別に医者が免疫療法を取り入れたり、教育機関がこの病気や発作の管理について強調したりします。

既に述べたように、子どもの喘息治療においてはできるだけ慢性的な薬物摂取を避けなければなりません。必要な場合も、基本的な治療を徐々に増やしていかなければならないのです。

慢性的な治療に最もよく使われている薬は、ブデソ二ドやフルチカゾンなどの吸入コルチコステロイドです。望まない副作用を避けるために、コルチコステロイドの摂取量をコントロールすることが大切です。摂取量を増やさなければならない場合は、気管支拡張薬と合わせて使うことが勧められています。

3歳以下の子どもの喘息発作はウイルス感染によるものだということを覚えておきましょう。症状は治療するしないに関わらず消えていくので、いい効果よりも害をもたらすような不必要な薬をむやみに使わないようにしましょう。

  • Escribano Montaner, A., Ibero Iborra, M., Garde Garde, J., Gartner, S., Villa Asensi, J., & Pérez Frías, J. (2003). Protocolos terapéuticos en asma infantil. Protocolos Diagnóstico-terapéuticos AEP. Neumología y Alergia. Madrid: Asociación Española de Pediatría, 187-210.
  • Laita, J. C., Fernández, J. D. B., Montaner, A. E., Benítez, M. F., de la Rubia, S. G., Garde, J. G., … & Martínez, C. P. (2007, September). Consenso sobre tratamiento del asma en pediatría. In Anales de Pediatría (Vol. 67, No. 3, pp. 253-273). Elsevier Doyma.
  • de Arriba Méndez, S., Pellegrini Belinchón, J., Ortega Casanueva, C. (2016). Tratamiento del niño asmático. Pediatr Integral; XX (2): 94-102.