子どもの腸重積について:その症状、原因、治療法

· 2019年5月3日
腸重積、または成長挿入は子どもに最も起こりやすい腸閉塞の形の一つです。この状態の治療が間に合うかどうかで、その後良い結果が得られるかどうかが大きく変わります。この問題について学ぶことが早い段階で行動がとれるように役立つのでぜひこの記事を読んでみてください。

腸重積、または挿入成長として知られるものは、生後3カ月~3歳になるまでに現れることのある症状です。これは腸閉塞を特徴とする医療的緊急事態です。腸の一部が折り重なってしまうことで起こります。

この症状は、細胞の折り重なり方のために望遠鏡効果とも呼ばれています。一般に、結腸、小腸、またはこの二つの臓器の間の部分で起こります。

早期の治療が合併症の予防のカギとなります。この問題について学ぶことが大きな違いを生むのです。

腸重積の症状

子どもの腸重積の最初の症状は、突然、そして大声で泣きだすことです。はじめはお腹の痛みが断続的に起こるという形で現れるかもしれません。その度に痛みがひどくなり、痛む期間がどんどん長くなっていきます。

症状は場合によって異なりますが、この問題が起こっていることを示すサインは以下のようなものです。

  • 膝が曲がっている:子どもが身をよじりながら泣いている間、膝が曲がって胸につきます。
  • ジャムやゼラチンに似ている、粘液のような粘度の血便が出ます。
  • 発熱、体のだるさ、顔色が悪くなること、胆汁を吐き出すこと、脱水症状、発汗など。
  • ときには、お腹のあたりにしこりがあったり、おなかが膨れているのに気づくかもしれません。

こういった症状に気が付いたらすぐ、病院や小児科に連れていき徹底的な検査を行う必要があります。検査としてレントゲン、空気浣腸、超音波造形などが行われる可能性が高いでしょう。24時間以内に治療すれば一般的に解決します。

子どもの 腸重積

子どもの腸重積のさまざまな治療法

医療の専門家が診断をした後、治療法が決められます。最初のステップとしては、脱水症状を防ぐために水分を点滴することです。その後、以下のような治療が行われます。

 

浣腸

多くの医者が、バリウム浣腸をすることから治療を始めます。空気を通すために子どもの直腸に小さなチューブを入れます。その目的は、空気によって腸を元の状態に戻すことです。しかし、感染症がある場合はこの方法は効果的でないかもしれません。

手術

子どもの健康状態が他の手段を使うにはデリケートすぎる場合、手術が必要だと判断されるかもしれません。その処置には、お腹の切開が含まれます。外科医が組織を元に戻すため、患部に空気を入れます。死んだ組織がある場合には、それを除去し、周囲の組織を縫合します。

子どもの腸重積は子どもの命を危険にさらすものだということを指摘しておくことが重要でしょう。ですので、最初の症状が出てからできるだけ早く医者に診てもらうことが大切です。そうすれば、効果的な治療ができ、回復がはやまる可能性が高くなります。

「こういった症状に気が付いたらすぐ、病院や小児科に連れていき徹底的な検査を行う必要があります。」

子どもの腸重積の原因とは?

子どもの腸重積は原因不明のこともあります。しかし、ウイルス疾患やポリープ、腹腔の中の炎症性リンパ節などがリスクファクターになることがあります。

腸重積はどんな年齢にも現れる可能性のあるものです。しかし、ほとんどのケースが幼い子どもにおいて発生しています。さらに、男性において若干起こりやすいようです。

腸重積 の原因

子どもの腸重積の影響は?

子どもに挿入成長が起こるのは、腸が折り重なることによります。この状態は以下のような影響をもたらします:

  • かぶれや炎症。
  • 血流が悪くなり、組織が死ぬこと。
  • 食べ物が通り抜けられなくなること。
  • 過度の出血。
  • 穴が開くことで感染症、脱水症状、突然のショックにつながる恐れがあります。

この状態への治療がまにあわないと、死に至ることもあります。その他にも覚えておくべきことは、挿入成長は繰り返しやすいということです。ですので、組織を頻繁に調整することが大切になります。

結論として、子どもの腸重積や成長挿入は、腸の一部が近くの部位に入り込むことで起こります。これはすぐに治療するべき状態を引き起こします。以前に同じ症状が出ていたり家族にも症状が出たことのある人がいると、発生のリスクが高まります。