子どもと「アセトン」の関係について見てみましょう!

13 12月, 2019
アセトンと呼ばれる物質は様々な症状を引き起こします。最も重要なものには、おしっこの強いにおいや嘔吐などがあります。
 

グルコース値が極端に低くなるとエネルギーの代替として体脂肪が燃焼します。この過程でアセトンと呼ばれる物質が生成されます。あなたはこの物質による症状やその治療法をご存知でしょうか?

アセトンができる原因

アセトンは健康な子どもにも、何かしらの病気を抱えている子どもにも生成されることがあります。ですので、原因はその子の健康状態によるということになります。

健康な子ども

  • 何時間も食事をしていないこと。朝食を食べていなかったり昼食の時間が遅れていたりすると、体内の糖が減ってしまいます。
  • 不適切な栄養状態。これは脂肪分や動物性たんぱく質を摂りすぎていたり、糖分が足りていないときに起こります。

病気のある子ども

  • 高熱。発熱が続いていると、体が働きすぎになってしまいます。
  • 嘔吐。数回戻してしまうと、糖分を吐き出しすぎてしまいます。
  • 咽頭炎。これによる不快感のために食べ物が食べられなかったり、食欲不振になることで食事が長期間できなくなることがあります。
  • 小児糖尿病。習慣的に食事の時間が遅れることで、血中のグルコースが少なくなることもあります。一方で、1型糖尿病の場合体内のインスリンが足りないために、血中のグルコース値が高くなる場合もあります。
子ども アセトン
 

アセトンが生成された際の症状

  • 息が熟したリンゴのようなにおいになります。アセトンが息を吐くときに出てくるからです。なのでお子さんがアセトンを生成していると息が熟したリンゴのようなにおいになるのです。
  • おしっこのにおいが強くなります。アセトンがおしっこから出ると、強いにおいがします。
  • 眠気、食欲不振、吐き気、顔色の悪さ、嘔吐など。これらは血中のグルコース値がとても低くなること(低血糖症)のために、健康な子どもにも糖尿病の子どもにも起こります。
  • 口の粘り、舌の渇き、消化不良、イライラなど。これは血中のグルコース値がとても高いためです(高血糖症)。糖尿病の子どもにのみ起こり、インスリンに頼っている1型糖尿病の場合は特にそうです。これはインスリンの欠如や必要な量が摂取できていないことによるものです。

アセトンの生成を止めるには

これらの症状が出る前に、適切な治療を決めるために専門家に相談することが欠かせません。ですが、ここでは一般的なアドバイスをご紹介します。

  • 食事。健康な子どもに関しては、脂肪の多い食べ物を避け、フルーツジュースを与えてみてください。高血糖症かつ糖尿病のある子どもの場合は、砂糖の入っていない飲み物を与え、炭水化物は控えましょう。低血糖症の子供には砂糖の入った飲み物を与えましょう。

子どもの血糖値が低くなった時には、フルーツジュースがとてもおすすめです。フルーツジュースには高い糖分が含まれているからです。

子ども アセトン
 

  • インスリンの摂取。(インスリン依存の)1型糖尿病のある子どもの場合、適切な量を注射するよう気を付けましょう。
  • 休息。健康な子供も糖尿病の子どもも、アセトンが体内にあるときには運動を避けましょう。これは体内に蓄えられているグルコースが無いため、体が強制的に脂肪からエネルギーを得ている状態だからです。ですので、アセトンの生成が増えてしまうのです。
  • コントロール。健康な子どもについては、尿検査でケトン体の値を測ることができます。しかし、糖尿病があると血糖値測定地を使って血糖値とともにアセトンの値も測れます。

アドバイス

アセトンによって病気になることはありませんが、親が子どもの体の中にアセトンがあるかどうかをわかっていた方がいいでしょう。アセトンが生成されてもすぐに行動すれば深刻なことにはなりませんが、長期間大量に存在していると危険です。

なぜなら、これは健康な子どもの健康を脅かすような症状を引き起こす恐れがあるからです。また病気を持った子どもについては、治療に影響が出る恐れもあります。

症状が出ているならば、かかりつけのお医者さんに相談することが重要です。お医者さんにお子さんの健康状態を診てもらって治療計画を立ててもらえば、将来的に問題が起こることもないでしょう。

 
  • American Diabetes Association. (2015). Hyperglycemia Article belonging to the American Diabetes Association.
  • Martínez Ariza, Leticia. (2016). Cetoacidosis Diabética en niños. Artículo perteneciente a la Asociación Colombiana de Endocrinología, Diabetes y Metabolismo.