出産時に病院に行くタイミングは?

2019年4月2日
出産は特別な瞬間です。そして、出産を迎える前にいくつか整えておくことがあります。

妊娠中に多くの女性が恐れていることは、出産の兆候がないことと病院にたどり着く前に産まれそうになってしまう時のことではないでしょうか。

この記事では、出産という素晴らしい瞬間をどう見極めるのかそのポイントをご紹介します。

また、出産時期がわからず何度も何度も病院に通う大変さを考えても、出産の兆候を見極める方法を知っておくと良いでしょう。

病院に行く前にすべきこと

出産は特別な瞬間です。そして、出産を迎える前にいくつか整えておくことがあります。

まずは、自分が病院の分娩室で出産するか、自宅に産婦人科医や助産師を呼んで出産するかを選択しなければなりません。

また、病院での出産の前には交通情報を把握しておき、家から病院に行くのにかかるおおよその時間を計算しておきましょう。

病歴を示すもの、ベビーバッグ、身分証明書、保険証、その他病院の手続きに必要なものをあらかじめ準備しておきましょう。

他に子供がいる場合には、子供の世話をどうするのかを前もって計画しておく必要があります。仕事をされている方は、仕事場に事前に連絡をいらておきましょう。予定日や予定時間より早く子供が生まれるケースもあります。

出産のために病院に行くタイミングは?

最適な時期は、いざ出産をするときです。出産をまじかに控えるといくつか兆候が感じられるはずです。

破水は、徐々に起こる場合も突然起こる場合もあります。

破水に伴って子宮収縮が起こるケースもあります。このような場合には、すぐに病院に行くがなければなりません。

膣出血が見られる場合は、子宮頸部を含む産道からの出血が考えられます。タイミングは人それぞれですが、出産が近づいていることの表れです。

陣痛は明らかな出産の兆しです。陣痛の頻度と長さを確認することが重要です。

陣痛が活発になると、間隔が5分以内になり、45〜60秒持続します。陣痛がこの段階になると、子宮の拡張が並行して起こります。

妊娠中の女性 出産時   病院   タイミング

上記の状態に近い場合には病院に行くべきタイミングです。

不思議なことに、身体から時が来たという合図を受け取ることがあります。そういった場合には人の本能に従い、病院に向かってください。そうすることで安心感も得られるかと思います。

分娩前に病院に行くリスク

分娩の初期段階から入院すると、ストレスや不安が増長されてしまうことがあります。

ストレスや不安は、分娩促進剤や硬膜外麻酔といった薬品の使用リスクを高めます。

子宮収縮を感じたからといって焦って病院に行かなくとも大丈夫です。

ブラクストンヒックス収縮は不規則なもので、中程度の腹痛を伴います。このタイプの収縮は姿勢を変えることで緩和されます。

子宮収縮や子宮痙攣は妊娠中には頻繁に発生するもので、出産間近の収縮と誤認してしまう可能性があります。しかし、こういった症状は15〜20秒間しか続かないはずです。また、安静にしたり姿勢を変えることで痛みが緩和されるはずです。

痛みを伴う収縮にも、出産から次の出産までに期間が空いたために発生するものがあります。

こういった収縮の痛みを和らげるためには、温浴や背中のマッサージが有効です。

「分娩の初期段階で子宮収縮が起こった場合には、収縮が活動的になるまでは自宅で待つことが懸命です」

病院ではなにをされるのか?

医療機関に到着するの、看護師が体温と血圧を測定するはずです。

血液や尿のサンプルを採取する場合もあります。また、赤ちゃんの心拍や子宮の状態を把握するために腹部を診察するはずです。

医師はあなたの身体が出産のどの段階にいるかを判別します。出産がまだ先であると判断されれば、帰宅を促されるかもしれません。

たとえそう判断されたとしても、それは驚くべきでことでははありません。長い間病院で待つよりも、自宅の安らぎの中で待つ方が良いと判断されたと考えましょう。

出産の前 出産時   病院   タイミング

救急センターに行くべき時は?

妊娠中には、すぐに医師の診察を必要とするような症状が発生する場合もあります。

重度の膣出血や、妊娠37週前に起こる収縮が例としてあげられます。

破水が起き、羊水が黄色や緑または茶色学科っている場合には胎便によるものかもしれません。

胎便とは、赤ちゃんの最初の便を表す用語です。胎便は胎児の苦痛の表れの可能性があり、赤ちゃんの健康に深刻なダメージを与える可能性があります。

慢性的な頭痛、上腹部の不快感、視力障害または異常な腫れを見つけた際には、すぐに医療機関に相談してください。

病院に行く必要のある症状や兆候を知っておくことで後々の後悔を未然に防ぐことができるでしょう。