愛情の欠如が子どもに与える影響:十分な愛を伝えていますか?

2019年8月9日
愛情や注目の欠如は子どもに負の影響を与える恐れがあります。この記事では、その影響について深く見ていこうと思うので、ぜひ参考にしてください!

小さい子どもは愛情を必要としています。必要な愛情を受け取っていないと、個人としての発達にとても悪い波及効果が出る恐れがあります。この記事では、愛情の欠如がどのように子どもに影響するのかについて見ていきます。

愛情の欠如は子どもに様々な方法で影響します。それは主に最適な環境がないことにつながるためです。その影響は長く続き、子どもの後の人生における機会に重要な意味を持つことになる可能性があります。

必要な注目や愛情を受け取っていないと、子どもは知覚的、身体的、感情的に沈滞してしまう恐れがあります。これは父親の存在がないためか、あるいは温かく愛情深い人物がいないためかもしれません。

そのため、愛情が欠如している子どもが多重人格になったり、感情的・心理的に欠陥があることが多いのです。

通常の発達をするためには、子どもには様々な感覚刺激が必要だということを忘れてはいけません。肌と肌の接触、ハグ、そしてアイコンタクトとコミュニケーションが必要です。これらすべてが子どもが成長し健康的な脳を発達させるのに役立つのです。

子ども 愛情 欠如

愛情の欠如が子どもに与える影響

以下で、子ども時代に愛情が欠けていることの影響について見ていきます。チェックしてみてください。

 

1.自分を愛することが難しくなる

子ども時代に十分な注目が与えられないと、最も築くのが難しい人間関係とは自分自身との人間関係になってしまいます。自分自身が自分の最悪の敵であると感じることさえあるでしょう。あなた自身があなたの行動への最大の批評家なのかもしれません。

そして、あなたの人生が自分についてどう感じるか、そしてどのように感じたいかという止むことのない闘いであるなら、自分のことを愛せるようにならなければなりません。自分が大切であるということを信じ、物事をポジティブな光の中で見ることができれば、自分自身についての考え方と他人とのかかわり方を変化させられるでしょう

2.大人になってからの人間関係への不満

二つ目に、子ども時代とは、一生の人間関係や友達との関りに影響する時期だということです。その人が適切に愛されケアされていれば、おそらくそれが大人になってからもわかるでしょう。

反対に、拒絶だけを経験してきた子どもは、大人になって防御メカニズムを発達させるでしょう。防御的であったり、過剰に保護的な態度は子ども時代に愛情が欠けていたことの表れです。

大人からの愛情や保護を経験していないと、他人との距離をとろうとする防御メカニズムを身に着けてしまうことになりがちだということを覚えておきましょう。

3.低い自尊心

愛情の欠如が子どもに与える影響には、低い自尊心もあります。愛情が欠如していると、子どもは自分に価値を見出すことができません。この初歩的な愛情を受けていないと、その後にやってくるものを効果的に積み重ねていくために必要な基礎を作ることがとても難しくなるのです。

子ども 愛情 欠如

子どもの頃に拒絶を経験したり、親から愛されていなかったりすると、子どもは自分は愛される価値が無いのだと考えるようになってしまいます。同時に、とても低い自尊心を持ったまま大人になってしまうことになるのです。

不安、出来損ないのように感じること、そして自分を傷つけるような行動まで、これらは起きてほしくない影響として可能性のあるものなのです。

4.メンタルヘルス

適切なアタッチメントの程度を発達させることが、人の現在と未来のメンタルヘルスにとって欠かせません。アタッチメントとは生まれて最初の数年において子どもと保護者の間に作られるつながりの程度のことです。

愛情が欠如している子どもは、健全な人間関係を作るために必要なスキルを身に着けていないことがよくあります。つまり初期の段階で愛情を奪われている子どもは後に人とつながりを持つことが難しくなる恐れがあるということです。

自信と自尊心を持っておらず、人間関係を作り始めることを怖がることもよくあります。

子どもの人生に一生の影響が出てしまうということは本当に悲しいことです。それが親や保護者からの愛情やケアの欠如の為である場合は特にそうです。

それを避けるためには、大好きな人からの愛情を子どもが受け取ることが重要です。そうでないと、無関心の傷跡は深く、おそらく一生残ってしまうでしょう。

  • Contreras, G. (2010). “La Carencia Afectiva Intrafamiliar en niños y niñas de 5 años” (Tesis.) Retrieved from http://dspace.ucuenca.edu.ec/handle/123456789/2338
  • Jaar, H. E., & Córdova, V. M. (2017). “Prevención de la carencia afectiva crónica: nuevos paradigmas en el modelo de familia de acogida temporal”, Revista Chilena de Neuro-Psiquiatría, 71. 55 (1): 44-51.
  • Papalia, D. (2003). Desarrollo humano. México: McGraw-Hill.