子どもと一緒に学びたい!歴史上の女性科学者について

10 3月, 2020
大きくなったら科学者になりたいという夢を持っている女の子たちにぜひ読んでほしい記事です!

歴史上の偉大な科学者について思い浮かべるとアインシュタインやニュートンと言った名前が出てくると思います。しかし、女性科学者についてはどうでしょう?

女性たちは社会の中で追いやられ、偉大な達成は男性たちの手によって行われてきました。そしてそれ以前は魔女扱いされて罰を受けたり処刑されていた時期もありました。

2015年、国連が2月11日を「科学における女性と女児の国際デー」に指定しました。その目的は、すべての科学界の女性を認め、その達成を讃えることです。

今日は、その中から何人かをご紹介したいと思います。すべての女性科学者に正当な称賛を送るには、本当は数えきれないほどの記事が必要なんですけれどね。

歴史上の偉大な女性科学者

この記事では、お子さんと一緒に読みたい3人の偉大な女性科学者についてのお話をご紹介します。この3人は過去、現在、そして未来の世代にとっても本当の見本となるような人たちです。

アレクサンドリアのヒュパティア

彼女は歴史上初めての女性数学者です。紀元前370年にエジプトのアレクサンドリアで生まれ、哲学、物理学、数学、天文学が得意だった彼女ですが、女のことを異端だと責め立てたキリスト教徒の集団によって死刑を言い渡されてしまいます。

そして彼女が46歳のとき、彼らによって無残に殺されてしまいます。彼女の科学における研究や文学の知識はとても素晴らしいもので、当時の男性よりもはるかに優れていたのです。

子ども 女性科学者

『ヒュパティア:数学の真実』

これはジョルディ・バジャリによる物語です。10歳~12歳の子どもにぴったりの科学コミックシリーズの一つとなっています。

お話を通して、ヒュパティアは古代のアレクサンドリア図書館について教えてくれます。さらに、コンスタンティヌス大帝の時代に先生や科学者であるということがどんなことであったかについても話しています。

 

マリー・キュリー

彼女は化学と物理学の母と言われている人物です。本名マリア・スクウォドフスカ=キュリーは1867年に生まれ、物理学と化学の2部門において、女性として初めてノーベル賞を受賞しました。彼女はノーベル賞自体を初めて受賞した女性でもあります。

初めは彼女の放射線の研究の功績は彼女の夫のものとされていました。実際、彼女はその誤解を解かなければならなかったそうです。さらに他の科学者たちもこれに関する研究ができるように、自身の発見を独占することはありませんでした。

『マリー・キュリー:放射線の活動』

これもヒュパティアと同様、ジョルディ・バジャリによるコミックシリーズの一つです。彼の4作目の作品で、ラジウムやポロニウムなどを発見したこの偉大な女性の人生について学ぶことができます。

彼女のことを女性科学者の一番の見本と呼べるのは、彼女の科学への愛と世界中の科学者が自由に協力できるように貢献したからでしょう。

 

ジェーン・グドール

バレリー・ジェーン・モリス=グドールは1934年にロンドンに生まれました。彼女はチンパンジーの霊長類学と人類学の研究で世界的に知られています。チンパンジーの行動、社会、道具の使用に関する研究により、科学界で有名になりました。2013年に学術・技術研究部門でアストゥリアス王太子賞を受賞しています。

「何かが本当に欲しかったら、一生懸命頑張らなければなりません。たぶん仲間の男性たちよりもずっとね…」

-ジェーン・グドール―

『ジェーン・グドール:心動かされる物語』

これは女の子が自分の夢を追いかけるの応援をしてくれる素晴らしい物語です。キャンプの警備員アルバートが、ジェーンの物語を毎晩話してくれます。さらに、ジェーンのわくわくするような人生を通して、自分の目標を達成するまで決してあきらめない心を子どもたちに教えることができるのです。

子ども 女性科学者

その他の女性科学者についての本

歴史上の女性科学者についてもう少し触れずに記事を終わることはできません!例えば細胞遺伝学の専門家でジャンピング遺伝子理論でノーベル賞を受賞したバーバラ・マクリントックがります。さらにイギリスの人類学者でパルサーからの無線信号を初めて発見したジョスリン・ベルなどもいます。

これらの女性科学者の人生について簡単に教えてくれる本も出版されています。

  • 『世界を変えた50人の女性科学者たち』作者はレイチェル・イグノトフスキーで、8歳以上の子どもに勧められています。
  • Girls Think of Everything: Stories of Ingenious Inventions by Women.(女性による独創的な発明のお話)キャサリン・ティム作のこの本では、女性がこの世界にもたらした科学的発明に焦点を当てています。
  • 10 Women Who Changed Science and the World (Trailblazers, Pioneers and Revolutionaries)(科学と世界を変えた10人の女性)キャサリン・ウィトゥロックが、科学に大きく貢献した19~20世紀の10人の女性のお話を語っています。

これらの女性科学者についてのお話が、女の子たちの科学に対する気持ちを刺激し、自分の夢を追いかけるのに役立つことを祈っています。

  • Biografías.es. Marie curie biografía (última consulta abril de 2018), Recuperado de: www.biografias.es
  • Ventura, D. (Dic 2018). Hipatia: el misterio de la brutal muerte de la primera matemática de la historia [artículo en periódico digital]. Recuperado de: www.bbc.com
  • Instituto Jane Godall. Biografía de Jane Godall (última consulta abril de 2018). Recuperado de: www.janegoodall.es