家族の大切さについて教えてくれる素敵な映画6選!

29 3月, 2020
今日は家族みんなで楽しめて、大事な教訓を学べる素敵な映画をご紹介します。
 

家族の大切さについて教えてくれる映画は私達にとって家族がどんな意味を持つかを思い起こす良い機会となります。映画に出てくる一言、しぐさ、場面から、家族について学べるような深い会話を始めることができるるかもしれません。

今回紹介する映画は、家族と一緒の時間を有効に過ごし、愛・誠実さ・親密感というメッセージを与えてくれる素晴らしいものです。

子ども達や若い人達は価値観について明確に学ぶ必要があり、それを一生懸命教えてもらうことで信頼性が生まれます。これに関しては、都合主義もなければ見せかけも通用しません。体験することで受け継がれ、信念が生き延びるのです。

– M・G・ラモス –

子どもが愛を持って前向きに世界に直面できるように、両親が指標となって第一のお手本となります。家族の愛と絆がしっかりとして、自分自身を導く道徳を持つことによって、社会が変わっていくことができるのです。子ども達に、価値観と倫理観のある安全な環境を与えなければいけません。

これは毎日の課題であり、私達の全ての行動に反映されるべきなのです。そこで週末など自由時間を利用して、1、2本の映画を観てみるのはいかがでしょうか? 愛、敬意、そして家族の大切さについて、考えてみる絶好の機会を与えてくれることでしょう。

 

家族の大切さについて教えてくれる映画

1.『リメンバー・ミー』

これは素敵な音楽がたくさん詰まった感慨深いアニメ映画です。ミュージシャンになる夢を持つ12歳の少年と、他の進路を決めている家族が出てくるお話です。

 

自分の夢に向かって突き進む重要性と共に、正しいことをするべきという事を教えてくれます。主人公は、生きている者とご先祖さまとの関係について知り、家族のために責任ある役割を果たし、みんなを応援するのです。

家族の大切さについて教えてくれる 映画 :アナ雪

2.『アナと雪の女王』

この映画を聞いたことがない人はいるでしょうか? 『アナと雪の女王』は、幸せな幼少期を過ごした姉妹エルサとアナの冒険物語です。姉妹の一人が特別なパワーを持ち、本人も他の誰もそれをコントロールできなくなってしまったので、閉ざされた場所に身を隠さなければいけなくなってしまいます。

『アナと雪の女王』は、家族の大切さを学ぶのにピッタリの映画で、親子の関係について教えてくれます。映画で最も重要なのは、姉妹の間に存在する愛について触れるところです。

3.『カールじいさんの空飛ぶ家』

原題で「Up」と呼ばれるこのアニメは、感動的なシーンがたくさん詰まった映画なので、きっと皆さんも涙ぐんでしまうでしょう。

ここでの主な教訓は、誰でも今その瞬間を大事にしてその時を生きようということです。私達の周りにあるもの全て、そばにいる人や人生に与えられる機会も最大限に活かすべきです。この映画は理想と夢を追い続けることを象徴しているのです。

 

4.『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』

これは大事な家族の一員であるペットに注目する感動的な映画です。ペットを飼っていると起こりがちな面白い状況が満載で、家族の絆や責任の重要性について教えてくれますよ。

さらにこの映画の内容は、誰もが経験する過ぎ去る時間と老いのプロセスについても考えさせられます。

家族の大切さについて教えてくれる 映画 :ニモ

5.『ファインディング・ニモ』

これも家族の愛について教えてくれる映画ですよね。両親がそれぞれの子どもに持っている無条件の強い愛を表しています。

さらに、どんなに無理だと感じても、自分の夢を達成するために決して諦めないで戦い続けることを勧めています。映画の後半も、子どもと一緒に見るのにピッタリです。

6.『クルードさんちのはじめての冒険』

これは子ども向けの映画ですが、家族みんなで一度は見て欲しい作品です。洞窟暮らしをしていた原始人一家が住みかを失くしてしまい、どこかに住むところを探さなければいけなくなるお話です。

父親が先頭に立ち安住な地を求めて旅に出ますが、誰もが変化に合わせられません。『クルードさんちのはじめての冒険』の映画を観ることで、 家族一体となって逆境を乗り越えて、生き延びていくというメッセージが伝わってきます。

 

 

家族の大切さについて教えてくれる映画の結論

コロナウイルスの影響でできた自由時間を利用して、ぜひご家族でこれらの映画を観てみてください。みんなで楽しみながら、同時に家族としての価値観を強めることができます。

そして子ども達が正義感を持ち、家族への愛を育むように養育するのが親の役目であることを忘れないでください。同時に子ども達が見ているテレビなどは、各家庭での道徳と価値観に沿っていることを確認するようにしましょう。