お年寄りを敬うよう子どもに教えることの大切さ

16 1月, 2019
子どもにお年寄りを敬うよう教えることは、基本的な教育の一つです。それは子どもの成長の過程だけでなく、将来の子どもとお年寄りの関りにもいい影響があります。

大人が子どもと多くの時間を過ごすことは一般的なことです。あなたがお見本になってあげることで、子どももお年寄りの習慣や考え、生活様式を尊重するようになるでしょう。

今の文化は発達したテクノロジーと即時性の文化です。近代のソーシャルメディアが生み出す距離により、ジェネレーションギャップが加速し、私たちの間に深い溝ができてしまうかもしれません。

 

しかし、お年寄りを敬うよう促すことは、この現象と闘うためのすばらしく、効果的な方法なのです。それは子どもだけでなく、子どものおじいちゃんおばあちゃんにとってもメリットがあります。

子どもにお年寄りを敬うよう教える方法

歳をとることは、人生のサイクルの最後のステージです。自然な変化により身体や身体の動き、感覚に影響が出てきます。こういった変化は、加齢に直面している人に強い感情を生み、大きな孤独を感じさせることもあります。

孤独なシニア世代はうつになってしまう可能性が高く、それにより健康がさらに悪化してしまいます。

お年寄りを敬うよう促すことは、より若い大人の愛情とケアの気持ちから来ていなければなりません。孫と時間を過ごしたり、家族の生活に参加したり、旅行やお祭りに行ったりする活発なおじいちゃんおばあちゃんは、加齢という重荷からの苦しみが少なくなる傾向にあります。

しかし、違う世代との関係性には努力が必要なこともあるということも事実です。今の子どもは違ったルールで育っているからです。

日々の課題をどのようにして解決するかについての意見に相違があるのはよくあることです。もちろん、子育てに関しては特にそうです。

お年寄りを敬うよう教えること

それに加えて、今日の子どもはテクノロジーがすべてを解決してくれるように思われる時代に生きているということを覚えておくことが大切です。ですので、自分のおじいちゃんおばあちゃんとは共通点が全くないと考えてしまうかもしれないのです。

ジェネレーションギャップを埋めること

年の離れた世代を近づけることは、両親が子どもの祖父母やその他の年上の家族との関係が良くない場合にはさらに難しくなることもあります。若さを過信して、お年寄りを見下す傾向は、何も今に始まったことではないのです。

この意味でいうと、お年寄りを敬うことにおいて邪魔になることの多い障害物は固定観念や偏見です。

別の時代や別の地域では、人々に知恵を授けていたのはお年寄りでした。しかし、私たちの近代の文化では、デジタルの資源がこの価値のある社会的機能に取って代わってしまったようです。

国連が2017年にあるプログラムを作成し、加齢についての固定観念を崩し、シニア市民への尊敬を促すということを目指しました。このプログラムの目的は、「社会の中のお年寄りの持つ才能、貢献、参加」を利用することです。

そこで、毎年10月1日に国際高齢者デーを設定し祝福しています。ソーシャルメディア#国際高齢者デーとハッシュタグをつけて検索すると、誰しもと同じように日々の生活を送るお年寄りの写真を見つけることができます。

これにより年齢を超えた平等性への気持ちを強め、孫と祖父母の間にある偏見を取り払おうとしているのです。

世代間で交流することの利点

お年寄りへの尊敬を教え、それを促すことは、お年寄りにも子どもにも大きな利点があります。人間は当然世代を超えて関わりあうものなのです。

もちろん、これは家族で最も年上の人を敬うというだけではありません。先生や隣人など、子どもの周りにいるお年寄りも当てはまります。

お年寄りを敬うということ お年寄り 敬う

「孫と時間を過ごしたり、家族の生活に参加したり、旅行やお祭りに行ったりする活発なおじいちゃんおばあちゃんは、加齢という重荷からの苦しみが少なくなる傾向にあります。」

子どもから尊敬と愛情を受けているお年寄りは、ポジティブな気分の変化を経験し、ずっといきいきとします。また、孤独を感じることもなく、社会に活発に参加していると感じ、自分をもっと好きになることができます。これはお年寄りに起こるたくさんの良いことのほんの一例です。

子どもや若者にとっても、シニア市民と思いやりがあり尊敬できる関係を築くことには大きな利点があります。こういった関係性は、社会を支えるべきだという気持ちや、安定した気持ちを強めることになるのです。

おじいちゃんおばあちゃんやお年寄りからの知恵やアドバイスは、子どもの思い出の中に永遠に残ります。同時に、加齢を人生の一部だと受け入れることも、成長することへの不安や恐怖を減らしてくれます。

結論として、お年寄りを敬うよう促すことは、私たちの子どもと私たちの親の仲を深める方法です。他人への尊敬が大きな違いを生み、全ての人間関係にも良い影響があるはずです。