骨の発達における奇形:赤ちゃんの頭蓋顔面形態異常

2019年9月13日
赤ちゃんの頭蓋顔面形態異常は一般的にあまりみられる症状ではありません。今回はその種類と原因、考えられる治療法についてお伝えします。

赤ちゃんの頭蓋顔面形態異常とは、頭部や顔面の骨の発達における奇形のことです。この異常は出生時に現れ、症状は軽度のものから重度のものまであります。場合によっては手術が必要なことも。

これはこれから母親になる人にとって深刻な問題です。ここでは知っておくべきことをいくつかご紹介します。

頭蓋顔面形態異常は、赤ちゃんの出生時の奇形の中でも、最も多くみられる症状です。特に口唇裂と口蓋裂。これには唇、鼻、歯茎、口の奇形が含まれます。

中には顎、まぶた、耳、頭蓋を含む部分の奇形を持って生まれてくる子もいます。外見も気になりますが、それ以上の問題もあります。

個人の状態によって症状は様々です。軽いものから重度のものまでありますが、場合によっては視覚や聴覚、学習に影響することもあります。

出生時の奇形の中で、頭蓋顔面形態異常が最も多くみられることが研究で分かっています。頻繁に起こることではありませんが、この異常は広い範囲の遺伝的症候群に関連しています。親が適切な問題管理、またはそれに関する助言を探し求めるには、適切な診断が必要となります。

こちらもご覧ください 未熟児が持つ権利について

 

頭蓋顔面形態異常を引き起こす要因

専門家曰く、要因はひとつに限りません。実際いくつかの要因が重なってこの異常が発生します。遺伝的要因、葉酸の欠乏、有害な化学物質の暴露のような環境要因など。以下で詳しくお伝えします。

先天的な異常 頭蓋顔面形態異常 赤ちゃん

 

1.遺伝的要因

片親、もしくは両親から特定の遺伝子を受け継ぐことで起こります。あるいは、受精の瞬間に遺伝子が変化した可能性もあります。

 

2.環境要因

これまでのところ、頭蓋顔面形態異常の直接の要因と特定された薬や化学物質はありません。ですが、医師は出生前のこういった物質への暴露がなかったか聞くかもしれません。

 

3.葉酸の欠乏

葉酸は緑の野菜の葉っぱ、オレンジの果汁、濃縮穀物に含まれるビタミンBです。これは先天性欠損症の予防に大きな役割を担っています。

専門家は、妊娠中に十分な葉酸を摂取していないと、赤ちゃんの先天異常の起こる確率が高くなると警告しています。これは、口唇裂や口蓋裂も含まれます。

こちらもご覧ください 妊娠中の葉酸の重要性

最も多い頭蓋顔面形態異常の種類

以下が最もよく見られる頭蓋顔面形態異常です。

口蓋裂;「みつくち」とも呼ばれます。唇の形に異常がある状態です。

口唇裂;口蓋の間が開いていたり隙間がある状態のことを言います。これはひどくなると喉にまで及ぶこともあります。

斜頭症;頭部の同じ位置に繰り返し圧力が加えられることによって、頭部が非対称に変形する状態のことを言います。

片側小顔症;顔の片側の組織が発達不足である状態。主に耳や口、あごに見られます。

頭蓋骨縫合早期癒合症赤ちゃんの脳の縫合の時期が早すぎることによって起こる症状。脳と頭蓋の成長に様々な問題を引き起こします。

先天性血管奇形;母斑や、血管によって形成されるあざ。

血管腫;皮膚の異常な成長を伴なう血管。出生時、または生後1か月の間に見られます。

口唇裂 頭蓋顔面形態異常 赤ちゃん

 

頭蓋顔面形態異常の治療

頭蓋顔面形態異常は赤ちゃんの顔や頭に見られる先天性の異常です。これは体のほかの部分に影響を及ぼすこともあります。

頭蓋顔面形態異常の治療法はありますが、それは症状によって異なります。

手術が必要な人もいる一方で、症状が軽い場合は特に治療をすることもありません。口唇裂や口蓋裂などがどの一部です。

ですが頭蓋顔面の異常の中には、より深刻で一生消えない欠損を引き起こすこともあります。その場合も治療法や、子供や親をサポートするリソースがあります。

御覧のように、頭蓋顔面形態異常を引き起こす決定的な要因はありません。遺伝、環境、葉酸の欠如など様々な要因が重なって引き起こされるのです。

  • Trainor, P. A. (2010, December). Craniofacial birth defects: The role of neural crest cells in the etiology and pathogenesis of Treacher Collins syndrome and the potential for prevention. American Journal of Medical Genetics, Part A. https://doi.org/10.1002/ajmg.a.33454
  • Twigg, S. R. F., & Wilkie, A. O. M. (2015, October 15). New insights into craniofacial malformations. Human Molecular Genetics. Oxford University Press. https://doi.org/10.1093/hmg/ddv228
  • Wilkie, A. O. M., & Morriss-Kay, G. M. (2001). Genetics of craniofacial development and malformation. Nature Reviews Genetics. https://doi.org/10.1038/35076601