未熟児が持つ権利について

2019年3月28日
未熟児は通常、か弱く、繊細で先天的なレベルで未熟です。なので、未熟児がどう成長して発育するかに注意を払うことが重要です。

赤ちゃんが予定日より早く誕生するとき、通常他の赤ちゃんよりも多くのケアを必要とします。実際に、未熟児(早産児)が持つ法的保護について知っておくべきです。下記で未熟児が持つ権利について説明します。

どの赤ちゃんも、誕生後から機能する準備が整った臓器を持っています。臓器の構造や形は大人のものと全く同じではありませんが、それぞれ独自の機能を持ちます。

この繊細な段階で子どもの適切な発育を確かなものにするために、未熟児は特別なケアを必要とするので見逃さないようにしましょう。

保育器に入る未熟児 未熟児 権利  早産児

正常児と未熟児の臨床データ

新生児には似たような特徴が見られますが、特定のパラメーターを用いて赤ちゃんが未熟児であることを医師が識別します。特定のパラメーターとは下記の通りです。

体重

通常の乳児は通常6〜8ポンド(約2700〜3600キログラム)なのに反し、未熟児は通常2700ポンド未満です。これは赤ちゃんの体型にも影響します。

こちらもお読みください:赤ちゃんの体重を管理するために知っておいてほしい6つのこと

妊娠期間

合併症のない通常の妊娠は、37〜42週間続きます。未熟児は36週以前に生まれます。

サイズ

未熟児 権利  早産児

一般的に、サイズは妊娠中の状態、母親の健康状態、および両親がコントロールできるその他の要因に関係します。

37週後に生まれた男の子は、通常18〜21インチ(約45〜53センチ)で、女の子も同じサイズです。未熟児は、それよりも0.5インチかそれ以上背が小さくなります。

こちらもお読みください:思春期における急成長について

体温

未熟児は体温調節ができないため、体温が低くなる傾向があります。しかし、満期出産の新生児は誕生2日後には体温を回復させる傾向にあります。一方、未熟児は自分の体温を安定させるために人工熱を必要をします

未熟児が持つ権利とは?

赤ちゃんの特徴をこうして見てみると、単に大人のミニチュア版というわけではなく、そのように扱われるべきではないと明白にわかると思います。そして、赤ちゃんを未熟児に分類するかどうかを決定するのは専門家と産婦人科医のみです。

赤ちゃんが上に挙げた特徴を持って生まれてきたなら、専門家から両親に未熟児が持つ権利について説明があるべきです。そうすることで、もし必要な特別ケアを受けていない場合に介入できるようになります。

未熟児が持つ権利には以下のものがあります。

未熟児は、他の正常な新生児よりもか弱いという非常に特殊な特徴を持ちます。

ですので、未熟児が問題なく健康的に成長することができるよう、支障を克服する助けになる質の高い医療や家族介護が必要です。

  • Camacaro, D. (2002). Puericultura. 2nd ed. Caracas – Venezuela: Editorial Natura S.R.L – Sociedad de Ciencias Naturales La Salle, p.125.
  • González-Merlo, J. (2018). “Parto pretérmino”. En J. González-Merlo, J. M. Laílla-Vicens, E. Fabre-González, y E. González-Bosquet, Obstetricia. Madrid: Elsevier.
  • Winkvist, A.; Mogren, I., and Hogberg, U. (1998). “Familial patterns in birth characteristics: impact on individual and population risks”, Int J Epidemiol, 27: 248-254.