生後8ヶ月は探検の時間です

· 2018年7月9日
生後8ヶ月目の赤ちゃんは、たくさんの変化を溜め込んでいます。あなたの子どもは自宅のすぐそばを探検し、新しいフレーバーや感覚を試してみたいと思っているのです。

赤ちゃんが生後8カ月になったら、いろいろ忙しくなりそうなので体のバッテリーを充電しましょう。赤ちゃんの探検本能が目覚めて、行動が落ち着かなくなるのです。

これは両親が頭の後ろに目が欲しいと感じ始めるときでもあります。振り向いて、子どもが立っていたり、家具を持っていたり、または高価な装飾品を地面に投げつけていたりするのを見ても驚かないでください。

生後8カ月目の変化

赤ちゃんの生後数カ月は、時間が経つにつれてより顕著になる変化に満ちています。赤ちゃんが生後8カ月になる頃には、彼女には十分な足の筋力があり、自分で起き上がることができます。

赤ちゃんの生後8カ月目はさまざまな理由から際立っているのです。

家中を探索する

赤ちゃんがハイハイしを始めていれば、その赤ちゃんは家中を動き回りたいと思うのが普通です。間違いなく、彼ははあなたがどこに行ってもあなたの周りをついてくるでしょう。

また、彼は隠された物を探すことも大好きです。彼が好きなおもちゃを隠してそれを見つけさせましょう。この活動は彼ににとってとても楽しいものになります!

あなたの子どもは1日4回食べる

この月は、あなたの子どものルーチンに夕食を含めて、彼女に補完食を与え始めましょう。

このステップに特別なルールはありません。むしろ、あなたの子どもがあなたのガイドになります。多くの子どもたちが牛乳とシリアルを好む一方で、その他の子どもたちは肉や野菜を食べることに抵抗がありません。

離乳食を食べる赤ちゃん

癇癪と爆発

子どもの人生におけるこの段階は、発見すべき活動や事柄がいっぱいです。あなたの子どもは、眠りにつくべき時間がわからないこともあります。したがって、夜間のルーチンを設定し、事前に子どもに準備させる必要があります。

そうでなければ、赤ちゃんを寝かせ付けようとすると泣りたり、叫んだり、癇癪を起したりして、その対処に追われることになります。なぜなら、赤ちゃんにとって楽しい時間はまだ終わっていないからです。

体重と大きさ

生後8カ月の赤ちゃんの平均体重と大きさは、性別によってさまざまです。平均して、男の子の方が大きくなる傾向があります。体重の範囲は、16~21ポンド8オンスぐらいです。身長に関しては、この年齢の赤ちゃんの平均は26~29インチです。

生後8カ月目はどうやって食べさせるべきか?

8ヵ月目では、ピューレ状や加工された食品の形が残ったものが最適です。子どもの食事に半固形タイプの食品を加えることから始めましょう。赤ちゃんが噛めるぐらいに柔らかくなっていることを確認してください。

これまで赤ちゃん用の野菜をミキサーやフードプロセッサーに通していたのであれば、次は赤ちゃんにより大きな、よく調理された野菜を与えましょう。

赤ちゃんはすでに噛むことを実践しているかもしれません。しかし、まだ歯が生えていないなくても、心配しないでください。子どもによって、歯が生え始めるのが遅いことがあります。それは普通のことです。

調理した卵や精白パン、ソフトフルーツ、新鮮なトルティーヤ、七面鳥を子どもの食事に追加し始めることができます。ただし、夕食時は新しい食品を加えるべきではありません。なぜなら、赤ちゃんが眠っている間は起こりうる反応に気付くことができないからです。

毛布を被った赤ちゃん

8カ月目の推奨事項

あなたは過去8カ月の間にあなたの赤ちゃんが大きく育ち、成長するのを見てきており、彼女が動き回るのも見ています。彼女のボディーランゲージを理解することさえできます・・・。

彼女はハグのために両腕を広げたり、見知らぬ人を見るとあなたにしがみついたり、愛しい親戚を見ると興奮して小刻みに動いたりします。

「生後8カ月目で、あなたの子どもは体重16〜21ポンド8オンス、身長26〜29インチになります」

自分の赤ちゃんが全ての潜在能力を発揮できるように手伝いましょう – やることはたくさんあります!ここにあなたを助けるいくつかの推奨事項があります:

  • 着色されたブロック、大きな建築用レンガなど教訓的なおもちゃを購入しましょう。
  • なたの子どもが自分のルーチンを理解できるように手伝いましょう。「食事の時間だよ」、「お風呂に入る時間だよ」、「寝る時間だよ」など、今が何をするときなのかを教えましょう。
  • 赤ちゃんに “いいえ”という言葉の意味を教え始めるときです。この年齢では、赤ちゃんがやってはいけないことや触れてはいけないこと、行ってはいけない場所があるはずです。このようなことを教えることが重要です。
  • すでに子どもが自分で起き上がり、数分間そのポジションを維持できる場合は、立ち上がるように働きかけましょう。手をつなぎ、直立した姿勢まで持ち上げて、ある家具から別の家具まで歩くのを手伝いましょう。
  • 新しい食品は日中に与え、好ましくない反応が起きないかどうか注意することを忘れないでください。あなたの子どもが新しい食品を食べても問題がないことを確信できたら、夕食時にその食品を与え始めても構いません。

ご覧のとおり、生後8ヶ月目の赤ちゃんは新しい経験でいっぱいです。ここから、あなたの赤ちゃんは自分のスタイルを確立し始めるのです。

赤ちゃんの身体的、情緒的発達と同様に能力も強化することが大切です。