子どもに悪影響を与えずに夫婦喧嘩を解決する方法

23 2月, 2020
ケンカはどんな夫婦の間でも起こります。しかし、子どもに悪影響を与えずに夫婦喧嘩を解決する方法を知ることは、状況を悪化させないために重要になります。
 

ケンカへの対処法を知っておくことは、どんな関係性においても必要なことであり、家族を作る際には絶対に欠かせないことです。上手く状況に対処できないと、お子さんを深く傷つけてしまいかねません。この記事では、お子さんに悪影響を与えずに夫婦喧嘩を解決する方法をご紹介します。

同じケンカは一つとしてなく、さまざまな形があります。その規模も小さな意見の不一致から大喧嘩まであるでしょう。さらに深刻な溝を作ってしまうようなケンカもありますよね。

ケンカをするのは普通のこと

レス・パロット博士とレスリー・パロット博士は、親しい関係の中でケンカをするのは自然なことだと指摘しています。このことを知っておけば、ケンカももう一大事にはなりません。そして夫婦でケンカを成長するための機会だと思えるようになります。

夫婦喧嘩を全くしないからといって、将来も素晴らしい関係性を保てるということを必ずしも意味する訳ではありません。実際、ケンカをしたくないと思っていると、未解決の議論や衝突を買抱えたままになるリスクを負うことになってしまうのです。

パロット夫妻が言うには、対決を避けてケンカをしない夫婦は結局のところ、自分の感情に対処せずに「怒りを何かに置き換えて」しまうのだそうです。置き換えられるものの中にはうつや過食などがあり、ときには身体的な病気になることもあります。

グロリア・ペレスとヴィクトリア・ペレスもその著書『Learning to live together: conflict as an opportunity for growth(一緒に生活するために:ケンカを成長の機会ととらえよう)』の中で、ケンカ自体は良いものでも悪いものでもないと言っています。実はその良し悪しはケンカにどのように対処するかにかかっているのです。

 
悪影響 夫婦喧嘩 解決する

しかし、重要でないことに集中したり、無責任な行動をしたり、意地悪なことを言ったりすると、ケンカは互いをとても傷つけます。これらは全て事態を悪化させてしまいます。

子どもに悪影響を与えずに夫婦喧嘩を解決するには

  • 適切な時間と場所を選んで衝突に対処しましょう。例えば、子どもがいないときに問題を解決するなどです。また、お互いが落ち着いていて、話し合うための時間が十分ある時を選びましょう。
  • ケンカは夫婦間だけのものにしましょう。無礼で白熱したケンカは二人だけで行うべきです。子どもが近くにいないことを確かめましょう。
  • ケンカを後回しにすることを考えてみましょう。一方が今はケンカに対処したくないと思っているのなら、少し待ってみましょう。しかし1日以上置いてはいけません。
  • 一時休戦しましょう。議論が白熱してきたら、いったんケンカをストップすることもできます。そうすることでもう一度話し合う前にお互い落ち着きを取り戻すことができます。

「時間を信頼してみましょう:たいてい辛い困難にハッピーエンドをもたらしてくれます。」

ケンカの最中に子どもがその場にいる時

ときに、夫婦喧嘩をしているときに子どもがやむを得ずその場にいるという状況もあります。その場合、子どもを傷つけないために以下のようなステップに従うことが重要です:

 
  • 問題が子どものせいではないということを子どもに夫婦で説明しましょう。子どもは親がケンカしているのを見ると、自分のせいだと思ってしまうことがあるのです。お子さんにケンカはお父さんとお母さんの間のものであって、子どもは関係ないということを伝えましょう。また、問題が何なのかを説明する必要はありませんが、その問題を解決しようとしているということも伝えましょう。
  • 子どもの手本になりましょう。この機会を転じてケンカを子どもの学習機会にすることもできます。建設的な方法で衝突を解決する方法を子どもに教えてあげるのです。互いへの尊重に基づいている、落ち着いた議論とはどのようなものなのかを見せてあげましょう。互いの話を聞いて、理解を深めるために丁寧に話すようにしましょう。
悪影響 夫婦喧嘩 解決する

子どもに悪影響を与えず夫婦喧嘩を解決する方法を知っておくことがなぜ大切なのか?

明らかに、建設的に問題を解決することは夫婦にとって大いに有益なことです。夫婦として問題や互いの違いを乗り越え、一緒に解決法を見つけることができれば、より絆を強めポジティブになれるでしょう。ですので、夫婦としてより強くなることにもなります。

 

また、子どもが親がこのように問題解決するのを見ていれば、自分の問題にも同じように対処するようになるでしょう。交渉や問題解決といった価値のあるスキルを学ぶことになるのです。

まとめると、家庭で子どもに悪影響を与えずに夫婦喧嘩を解決する方法を知ることは大切なことです。親が頻繁にケンカをしていたり問題を解決しないままにしていると、それは子どもに悪影響となります。

このことは子どもが大人になったときに個人的な問題につながりやすくなります。夫婦で建設的にケンカをコントロールできれば、お子さんに良い夫婦関係の模範を見せることができるのです。

 
  • Parrot, L. y Parrot, L. (2011). Asegure el éxito en su matrimonio antes de casarse. Editorial Vida. España.
  • Pérez, G. y Pérez, M.V. (2011). Aprender a convivir: el conflicto como oportunidad de crecimiento. Narcea ediciones. España: Madrid.