どうしたらいい?息子の新しいパートナーが気に食わない!

· 2019年6月2日
息子さんのお友達や知り合いはこれまで知ってるし、同級生の顔も知ってる。他にも息子に関しては色んなことを知ってるけど、時には恋人の選択肢が気に入らないことも…。こんな時どうしたらいいの?

息子がいる母親なら誰だって、全身全霊で誰かの最善を願うのがどんなことかご存知のはず。だからこそ、息子の新しいパートナーに会うことになれば、不信感や不安を感じてしまうことがあるかもしれません。

息子の新しいパートナーが気に入らなかったらどう振舞う?

「彼女を連れてくるから」と息子さんに言われて、ついにご対面の日が来てしまった!こんな時は、ちょっぴり過保護になりがちで、息子を失うことの恐れが芽生えるかもしれません。これまでずっと息子に健康と安全と幸せを与えようと奮闘してきたんですから、これは無理もないことです。

でも、子どもが成長したのだ、と受け入れないといけない時があります。子どもは自分で決断をし、自分の家族を持つ準備をするんですから。

子どもがパートナーを選ぶのは、子どもの人生の中で重要な分岐点のひとつ。ですので、子どもは親のサポートが必要です。

しかし、「息子の新しいパートナーが気に食わなかったらどうすればいいの?」と悩む親は大勢います。息子さんの選択に同意できなかったとしても、尊敬心と愛情はいつだって忘れてはいけません

パートナーが個性を見せる機会を与えましょう

息子の彼女に初めて会う日は、彼女だってとっても緊張していて不安になっています。良い印象を持ってもらおうと必死で、もしかしたら不自然に振舞ったり、奇妙な行動をとったり、さらには基礎的な間違いをしちゃうことだってあるでしょう。

しかし、初対面が彼女にとってもどれほど難しいか、理解してあげましょう。息子さんの新しいパートナーが緊張しているようなら、それは母親に会って良い印象を与えることの重要性を認識しているからです。つまり、そんな彼女は家族の意見、特に相手の両親の意見を重んじる人です。

カップル 息子 パートナー

誰かをたった1日で知り尽くすなんて絶対無理ですから、「完璧な彼女でいなきゃ」とプレッシャーを感じないポジティブな雰囲気で、彼女の個性を発揮できる機会を与えてあげましょう。

こちらもお読みください:ジェントルマン!息子が紳士的になるように育てる方法

健全な関係性の1番の敵は、ズバリ「偏見」

偏見も、自分自身と周りの人にに正直になる成長の過程の一部とみなしましょう。偏見を認識しない限り、偏見を克服することはできません。それに、新しい経験や出会う人に心を開くこともできません。

息子さんの新しいパートナーに初めて会うとき、彼女のイメージに関する勝手な偏見で頭をいっぱいにしないようにしましょう。

完璧な相手に見えないのは、もしかしたら彼女は一日中働いた後だからかも。それとも、彼のお母さんに会うのに緊張して変な行動をとっちゃっているのかも。

一方、他人の服やアクセサリーや持ち物に関しては、その人の好みと金銭感覚を尊重しなくてはいけません。

中には、お金がなくて上質な衣服や洗練された格好ができない人もいます。それにたとえお金があったとしても、ライフスタイルや信条や健康状態から、質素な服装を好む人もいます。

どんな状況でも、人の話し方、着飾り方、行動の仕方を見ただけでその人の性格がわかった風に思う権利は誰にもありません。見た目や好みで判断する前に、自分の息子が選んだ人を知るために時間をかけてください。

「子どもがパートナーを選ぶのは、子どもの人生の中で重要な分岐点のひとつ。ですので、子どもは親のサポートが必要です」

若い人を理解しようとする

世代の違いは、親と思春期の子ども間のやり取りを妨げることが多いです。今の若い人たちは、彼ら自身の言葉を使い、テクノロジーは彼らの人生になくてはならないものです。

ですので、偏見を避け、コミュニケーションを十分取ろうとすることがオススメです。ソーシャルネットワークの助けを借りて、若者の言葉と考え方を少しでもよりよく理解することが簡単になりました。そうすれば、子どもとの関係性を改善し、信頼と絆を強化するのに役立ちます。

若いカップル 息子 パートナー

その絆は、息子さんが新しいパートナーを紹介する時に役立つこと間違いなしです。

こちらもお読みください:息子を持つことは永遠の王子様を持つこと

息子が自分で経験することを見守る

親として、子どもには幸せになってもらいたいでしょう。恋愛関係は人生の一部。息子さんとパートナーは一生を添い遂げないかもしれませんが、付き合っている間は息子さんはきっととても幸せなはずです。

ある日、パートナーと別れることになった、と息子さんが言うならば、難しい別れの時を克服するために、親の愛情が必要であると思い出してください。始めから終わりまで、コミュニケーションが鍵です。