怒っている子どもに話しかける8つのカギ

2018年5月25日
子どもの怒りほど解決しにくい状況はありません。今回は彼らと対話するときに留意すべき推奨事項をいくつか紹介するので、良い結果を得るために覚えておきましょう。

怒っている子どもとコミュニケーションをとることは非常に難しい場合があります。あなたの子どもが怒りをあらわにしているときは、交渉したり言い聞かせたりすることは通常できません。子どもの怒りこそが、あなたが話そうとしていることを聞かないようにしているのです。では、私達には何ができるのでしょうか?

怒っている子どもと話すための鍵

親は子どもが怒っているときにどう対処すべきかを理解しておらず、まして話しかけ方さえ分からないことがよくあります。子どもが怒ったり、泣き出したり、攻撃的になったり、物を投げたりすると、親はしばしば冷静さを失い、子どもをひどく罰することがあります。

子どもの癇癪に我を忘れる前に、親は肯定的なしつけにおける最高の専門家が提唱するいくつかの重要なアドバイスに留意する必要があります。これらのヒントは、健全な親子関係と良好なコミュニケーションを維持するのに役立ちます。

腕組みして怒っている男の子1. 虐待を避ける

子どもたちがカッとなったとき、親は叩いたり、怒鳴ったり、家族関係の崩壊を引き起こすような懲罰や権威主義的な口調に頼る傾向があります。

子どもたちはとても頭が良く、あなたが言おうとしていることを理解できます。

ですので、敬意や他人への思いやりなどの価値を子どもたちに植え付けることが最善の方法です。

もちろん、それは私たちの子どもにしつけが必要ないという意味ではありません。子どもたちに限界を教えることも、彼らの成長の根本的な部分なのです。

ある人々は叩くことや体罰が小さな子どもに対する教育の基本的な部分だと考えています。彼らにとって、規律とは子どもたちに何かが間違っていることを教えるために手を出すことを意味します。

しかし、この方法はあなたの子どもの学習には役立ちません。

「怒りとは、注がれるものよりも貯蔵している管により害を及ぼす可能性がある酸である」

2. 子どもたちの感情のケア

幼い頃は、子どもたちはむき出しの感情に満ちています。理論的に、彼らはまだ大人のように自分の感情をコントロールする方法を学んでいないのです。

したがって、彼らは怒りやフラストレーションを我慢することなく表現し、床に身を投げ出し、蹴ったり、叫んだりすることがよくあります。

手本を見せるのは母親と父親の仕事です。自分の感情のコントロールを維持して、衝動的に反応する必要はありません。そうでなければ、あなたの反応が子どもの感情に悪影響を及ぼし、長期的なトラウマを作ってしまうでしょう。

3. 良い手本となる

子どもたちに向かって怒鳴り続けることが子どもたちの感情のコントロールに役立つと考えているのであれば、それは大きな間違いです。

暴力的なジェスチャーは口頭にしても、物理的にしても、子どもたちに例を用いて暴力を教えるだけなので、親はまず自分の怒りの管理から始めなければなりません。

あなたの子どもたちは成長の途中なのです。彼らは、親が怒っているときにどのように振る舞うのかを観察しています。ですので、あなたがフラストレーションを管理しても、あなたの子どもには永続的な影響が残ることを覚えておいてください。

怒鳴るのではなく、「もう少し静かに話してください。理解できません。叫ばずに何が起こっているのか教えてください。一緒に問題を解決しましょう。」と言うのです。

そうすることで、その場の緊張が和らぎ、小さな子どもとの会話が楽になります。

座って泣いている女の子

4. 聴く

子どもがあなたに悩み事について話しているのであれば、その子どもは叫んだり泣いたりして自分の感情を表現しようとすることがあります。これには絶望感を感じるかもしれません。

しかし、落ち着いて、子どもの高さまで膝をついて、静かに何が起こっているのかを説明させましょう。これは、子どもが聞いてくれている、気にしてくれていると感じられる正しい環境を作り出します。

このように反応することで、子どもが直面している問題に対する解決策を与えることになり、子どもの怒りは消え始めます。

子どもを無視したり、皮肉を込めて反応したりしてはいけません。むしろ、関心を示して、心配していることを伝えましょう。こうすれば、あなたの小さな子どもは肯定的な反応を示すことができるのです。

5. 脚色を減らす

これは子どもにあらゆる気まぐれや嫌悪感を与えることではありません。バランスが必要です。子どもが些細なことで頻繁に落ち込む場合は、子どもが物事を大局的に見られるように手伝うことに努めてください。

子どもの些細な状況の脚色を煽らないでください。

6. 敵意を止める

子どもが攻撃し始めたり制御不能になったりすると、言って聞かせることは非常に難しいかもしれません。この場合は、腕で子どもを抱き、目を見つめることが最善の方法です。

あなたの家で(またはどこであっても)そのような行動は許さないと伝えてください。これを行うときは、断固とした態度で説得力がなければいけません。

7. 深呼吸する

子どもがあなたが求めることをしないとき、あなたは怒鳴りたい、怒って対処したい衝動に駆られるかもしれません。しかし、この時点であなたができる最善の方法は、一歩離れて、深呼吸をし、落ち着いてから戻ってくることです。

肯定的な規律をお勧めします。例えば、「分かった、おもちゃを拾わないことにしたんだね。じゃあ、もうそのおもちゃで遊べないね。」

8. 落ち着いて話す

子どもの気持ちを理解していることを落ち着いて説明することで、緊張を和らげることができます。あなたが怒ったり圧倒されたりしたときは、蹴ったり叫んだりしないことを子どもに伝えましょう。

これは子どもが一歩下がって納得することを助けてくれます。

怒っている子どもに落ち着いて話すことは、その子どもを落ち着かせるのに役立ちます。また、子どもの背中をさすったり、子どもの髪で遊んだり、ハグしたりすることも子どもを落ち着かせるのに有効な方法です。

実際、あなたの子どもは何らかの愛情を求めて行動している可能性があります。

肯定的なしつけを使用することは、家族療法の専門家が推奨する子どもが理性を学ぶのに役立つ最善の選択肢の一つです。

あなたへおすすめ