子供たちの怒りのコントロールに役立つストップライトテクニック

· 2018年5月15日
育児におけるストップライトテクニックとは?今回はこの新しい手法の仕組みについて説明します。子どもたちが自分たちの怒りをコントロールするためにとても役立つことが分かると思います。

私たちは毎日、公共の場でさまざまな理由により子どもたちが泣いたり、蹴ったり、両親に向かって叫んでいるのを見かけます。おそらく、自分の子どもたちであっても、このような衝動的な行動を起こします。そのような場合、このストップライトテクニックこそがあなたが探し求めている答えかもしれません。

感情の火山が噴火すると、両親はしばしば2つの異なる間違った方法で対応することがあります。ある両親はさらに理性のない態度で臨みます。別の両親はもっと甘やかして、子どもたちの怒りを抑えます。どちらの対応も間違っていることは明白です。

しかし、もし子どもたちが自分の感情の爆発のコントロールすることを手助けする手法があったとしたらどうでしょうか?それは良いニュースです!それがまさにストップライトテクニックのすべてなのです。

怒っている女の子

赤、黄、緑:それぞれのライトが意味を持つ

この自己管理手法は子どもたちに彼らの感情の状態を図形的な表現で見せることにより成り立っています。問題が起こるたびに、彼らがどのフェーズにいて、そのフェーズには何が含まれるのかを説明するのです。

ストップライトの各色の意味を見てみましょう:

  • :あなたの子どもが怒りに支配され、彼の態度が変わらなければ、ある結果につながります。子どもが止めない場合は、その結果を適用すべきです。これが、子どもたちに赤色を見せるタイミングです。

「もし子どもたちが自分の感情の爆発をコントロールすることを手助けするメカニズムがあったとしたらどうでしょうか?それは良いニュースです!それがまさにストップライトテクニックのすべてなのです。」

  • :考える時間です。あなたの子どもは興奮していますが、まだコントロールを失っていません。これは、私たちがまだ子どもたちに理性を取り戻させられる警戒の状態です。
  • :子どもが彼が望むことに関して対話したり、話したり、聞いたりする。子どもがこの落ち着いた状態を続けた場合は、緑色を見せて、よく自制できたとお祝いしてあげましょう。このフェーズでは、問題に対する解決策を子どもに与え、ポジティブレインフォースメントを提供することもできます。

どうやって始めたらいい?

ある日、あなたの子ども取り乱していることに気が付いたら、ストップライトテクニックを説明してください。子どもに罰を与えることにうんざりしていることと、だからこの新しいやり方や取り決めを行うことを子どもに伝えても構いません。

次に、厚紙や工作用紙のストップライトを壁に掛けます。

赤、黄、緑の円を切り取って、子どもの現在の感情の状態に応じて、1つずつストップライトに貼りましょう。

まとめて貼り付けて、ある期間の子どもの状態を指し示すこともできます。

外出中もこの手法を使うことをお勧めします。子供の感情の状態に応じて、子どもが今ストップライトのどの色にいるのかを伝えてください。

ストップライトテクニックに関する留意事項

この手法は、5歳までの子どもに使用することができます。このアイデアは罰を与えて子どもをコントロールするのではなく、むしろ子どもに合わせることによって、自分で自分の怒りの段階をコントロールできるようになるのです。

物事が制御不能になる前に子どもは十分な時間と警告を受けることができます。

怒りを表す女の子

このテクニックの目的はシンプルです:子どもたちは、衝動性のレベルを識別するために時間をかけて学ぶべきなのです。

色は、子どもたちが行動を続ける前に考えるきっかけを与える図形です。ある点で、これはコントロールを失う前に10まで数えることに似ています。

もちろん、この手法は両親のために時間とコミットメントを必要とします。子どもに色で衝動性のレベルを識別させるために、よりリラックスした時間と遊びの時間をうまく利用したいと思われるかもしれません。

このテクニックは私たちが子どもに色や数字を教えることに似ています。

「このテクニックの目的はシンプルです:子どもたちは、衝動性のレベルを識別するために時間をかけて学ぶべきなのです。」

セルフコントロールテクニックの利点

  • 感情的知性に関連する授業は、より道徳的かつ実用的です。疑いようもなく、これは子どもたちと同じように攻撃的になったり、取り乱したりするよりもはるかに効果的です。私たち大人がコントロールを失えば、子どもたちにはっきりしないメッセージを送ってしまいます。
  • このテクニックを実践することによって、子どもたちに自分の性格を認識する機会、つまり学ぶ機会を与えることができるのです。また、この活動は子どもが自分の行動を変えることにも役立ちます。
  • ルールは非常に明確で、子どもは自分の感情の状態を自己管理する能力を身に付けるでしょう。当然、このテクニックが効果を発揮するためには、両親が手本となって、忍耐強く説明しなければなりません。目標は、子供たちが理性的で自制できる大人になることです。