知っておきたい子供の脳の発達に関する5つの法則

· 2018年9月25日

子供の脳の発達過程を知ることは、子供の成長と健康を管理する上でとても大切なことです。

心理的、感情的成長には、栄養や毎日のケアだけでなく、たくさんの愛情が必要です。

子供の神経科学に詳しいと言える人はあまりいないでしょうし、その分野に関して疑いを持つ人も多いでしょう。自分は間違っていないか? 赤ちゃんには早めに何かしらの刺激を与えた方がいいのか?多くの親がこのように悩みます。

ですので、今回は子供の脳の発達に関する5つの法則をお伝えします。

脳ほど、魅力的で高性能な臓器はありません。子供の脳には素晴らしい可塑性(かそせい)と可能性が秘められています。

こちらもご覧ください 驚くべき赤ちゃんの脳

 

 

「人生の最も大事な時期は大学ではない、生まれてすぐから6歳までだ。」

マリア・モンテッソーリ

 

子供がより幸せになれるよう、親は彼らの脳の発達を助けてあげることが出来る存在なのです。

1.知能の50%は遺伝で決定される

多くの親が頭の良い子供を求めます。なぜなら成功するためには高い知能が必要があると考えているためです。ですが実は成功の基礎にはもっと大きなものがあります、それは幸せです。

・これはあらゆることが反映してきます:赤ちゃんはいくつかの特性を持って生まれてきます。その1つが知能で、これはその50%が遺伝で決定されます。もう1つが内向的、あるいは外向的などの性格です。

・これらが遺伝である程度決定されるとはいっても、将来その子がどうなるかを決めるものではありません。あなたの育て方、環境、学習の機会などが残りの半分を決定します。

ですので、「心の知能」のことを忘れてはいけないのです。

 

2.子どもの脳は「中から外へ」発達する

子供の脳の発達

では、子供の脳全体を発達させるには何が必要なのでしょう?

・脳の基本的な構造は、出生時から大人になるまでずっと成長し続けます。

・マリア・モンテッソーリが言っているように、脳の発達にとって重要な時期があります。それが0歳から6歳です。そしてその中でもさらに重要なのが0歳から3歳です。

・脳は内側から外側まで、著しく変化し、成長します。

・内側の構造は感情の世界とつながっています。後に成長が加速し、より効率的な脳へと成長します。

子供の脳で最後に発達するのが大脳皮質です。ここは判断や分析、注意などをつかさどります。

この独特な発達のプロセスを知ることは、子供の感情の世界の成長をサポートするのに非常に役立ちます。脳の最適かつ強力な成長を促すことが出来ます。

こちらもご覧ください 男の子と女の子における脳の違いとは?

 

3.ストレスは子供の脳の発達に影響する

脳の成長

親となっている方はすでに知っていることかもしれませんが、神経科医が警告を訴えているものがあります。それは貧困や虐待、愛情の欠如、母親の鬱などのストレスが、幼い子供の脳の成長にダメージを与えるというものです。

事実、子供の頃に大きなトラウマに悩まされた人の脳は、海馬が非常に小さいのです。脳の構造は記憶や感情の世界とつながっています。

 

4.3歳は特別な年齢

3歳の子供の脳は、大人の倍も活発に動いていることを知っていますか? これは学ぶ力が最も強くなっている時期で、人生においても3歳というこの時期しかありません。

ですが、この時期をどう過ごせばよいのでしょうか? これからそのアドバイスを紹介するので、頭の片隅に留めておいてください。

・知覚の発達:裸足で道を歩いたり、色や音の世界に触れたり、あらゆる質感のものを感じさせるなど、多くの環境に触れさせるようにしましょう。

・言語の発達:大きな声で読んだり、歌を教えましょう。

運動能力の発達:機会があるたびに、手、特に手と目を使ったアクティビティをさせるようにしましょう。また、安全な環境で歩いたり走り回ったりさせてください。

・感情の共有、社会性の発達:3歳になると感情の知能が発達し、共感や感情の認知などが出来るようになります。

 

5.子供の脳の発達は愛情がカギ

脳と愛情

愛情は世の中が動き続ける原動力であり、種です。守られたり、価値を認められたり、愛されているという感情が脳の成長を促します。

たとえば、愛情と安心感は海馬の成長につながっており、前記脳構造は学習、記憶、ストレスへの対処に不可欠なものです。

あなたが有名な子供専門の神経科医でなくても、親として、ご紹介したことを子供に与えてあげればよいのです。

母として父として、私たちは本能的に自分の子供にとって何が一番良いのかを知っているのです。