驚くべき赤ちゃんの脳

· 2018年7月24日
赤ちゃんのニューロンは生後の数時間でも驚くべき早さで成長していきます。

あなたの赤ちゃんの脳は、本当に素晴らしく独特なものです。これに似たようなものはこの世に存在しません。

この小さな細胞の中で、驚くほどの出来事が起こっているのです。私達はやっとそれについて理解し、その価値を認め始めたばかりなのです。

今回の「わたしママ」では、赤ちゃんの脳の驚くべき事実と、赤ちゃんの発達に親がどう影響を与えることができるかについて見ていこうと思います。

もしご興味があったら、ぜひ読んでみてください。

赤ちゃんの脳の物理的発達

赤ちゃんの脳は、生まれてから最も成長します。

この段階で起こる独特なことは、性別によって発達に違いがあるということです。男の子の脳の方が、女の子より速く成長する傾向にあるのです。

同じことが脳の特定の場所でも起こります。最も幼いときに発達するところは、精神運動スキルと感覚に関連したものです。

幼いときの感情の発達

赤ちゃんは生まれると、本能に基づいて行動します。

お母さんの多くは、自分たちの言っていることを赤ちゃんは理解しているとか、目線を合わそうとしてるとか、心をつかもうとしてさえいると思いたいものです。

しかし新生児は感情を自覚的に理解することはできません。赤ちゃんの感情の発達は始まったばかりなのです。

お腹が空いたり、おむつが濡れたり、眠かったり、お母さんのぬくもりが欲しかったりするときは、赤ちゃんはやり方を知っているたった一つの方法、すなわち泣くことで私たちの注意を引きます。

初めは、赤ちゃんは最も必要なニーズを満たすのみで、自己保存の本能に反応しているにすぎません。

しかし、本当に小さいときから、赤ちゃんは比類のない能力で情報を集めようとし始めます。このプロセスを通して、脳が成熟していくのです。

赤ちゃんが健康に育つには栄養が必要不可欠で、栄養不足では身体は本来のはたらきができないのと全く同じように、感情の刺激が脳の成長に影響します。

ですので、専門家は子どもの認知的発達は、子どもが成長する環境と受け取る刺激に完全かかっていると言うのです。

触れ合ったり、歌ったり子どもに話しかけたり、キスしたり母乳を与えたりすることは、赤ちゃんの脳の変化を促進し、自分の周りの世界を理解するための素晴らしい方法です。

赤ちゃんの脳は刺激を受けて発達します

最初の3ヵ月は、驚くべきスピードで赤ちゃんの脳は物理的に発達します。しかし認知的レベルでも発達しているのです。

生まれたとき赤ちゃんの脳は、何百万というニューロンでできており、つながりを作ってニューロンのネットワークを作るのに必要な刺激を必要としています。このおかげで、子どもが課題をこなしたり感情的また理性的人間として機能することができるのです。

これらのニューロンの中には、赤ちゃんの身体に必要不可欠なニーズに関わる機能を行うためにすでに「プログラムされている」ものもあります。

しかしその他多くは周囲からの情報を吸収し、つながり(シナプス)を作ることができます。これがついには莫大なニューロンのネットワークを作ることになるのですが、この段階では常に変化し続けています。

あなたの赤ちゃんの脳は素晴らしい柔軟さを持っており、そのため脳は変化し成長することができるのです。

赤ちゃんの脳はどんどん変化します

赤ちゃんの驚くべき脳

生まれたときは、人間の脳はほとんど発達していません。おなかから出て初めて、時間をかけて成長し始めるのです。

親や家族は、赤ちゃんの脳の発達に貢献できますし、するべきです。赤ちゃんに愛のこもったマッサージをしてあげたり、平和な家庭環境を築くことでもこれを行うことができます。赤ちゃんのニーズを満たし、ハッピーにしてあげましょう。

ママとしては、あなたの赤ちゃんがまだあなたの献身を覚えることができないのをおそらくわかっているでしょう。

お子さんはあなたがどれだけの犠牲を払って、どれだけお子さんのことを愛しているかがわかりません。まだ脳が覚える準備ができていないのです。

しかしあなたがお子さんのために何をしたかを、お子さんが覚えているかどうかは関係あるでしょうか?お子さんがわかっていてもわからなくても、あなたがお子さんに注いだ愛やお子さんに伝えたポジティブな感情は、心の知能指数と脳の全体的な発達に貢献することになるのですから。