家で怒鳴るのをやめるにはどうすればいいの?

· 2019年2月22日
まずは、ストレスやイライラする気持ちが怒鳴ることにつながることを認識しましょう。この状況に直面し解決する唯一の方法は合理的に考え、問題を特定することです。

家庭で怒鳴るのをやめるにはどうすればいいのでしょうか?これは両親の間でよくある質問の一つです。平和な会話が突然、怒鳴り合いに変わってしまうこともあるでしょう。

これがあなたの家で毎日起こるようになっても希望を失うことはありません。怒鳴ることを避ける方法を学べば、あなたの家の静けさを取り戻すことができるでしょう。

家で怒鳴るのを避ける6つの方法

一般的に、コミュニケーションや人の話を聞くことの欠如が誤解や怒鳴り合いを招きます。この問題を解決するためには、ぜひ以下のポイントを参考にしてください。

  1. 問題を認識する
    まずは、ストレスやイライラする気持ちが怒鳴ることにつながることを認識しましょう。この状況に直面し解決する唯一の方法は合理的に考え、問題を特定することです。

    問題を認識したら解決策を探し、家族の意見に耳を傾けることができます。

    息子に怒鳴る父親

  2.  家族で約束をする

    怒鳴ることをやめ、敬意を持って話すことを家族として約束するのも解決策の一つです。両親のあなた方を含め、誰もが怒鳴らないようにすることを子供に説明しましょう。

    ただし、これを実現するには家族内のサポートが必要です。お互いに努力し合い、忍耐強くあることが大切なのです。

    これを実現すれば、怒鳴ることなしに調和のとれた家庭環境を整えることができるでしょう。

  3. 自分が落ち着く時間を確保する

    怒りは正常で一般的な人間の感情です。米国小児科学会もそれを認めていますが、怒りに翻弄されてしまうのは問題です。

    怒りが爆発しそうで怒鳴ってしまいそうな時は時間をかけて落ち着きましょう。

    数回深呼吸をして、落ち着くまで家の別の場所に移動してください。怒りを感じている時はこれが容易ではないかもしれませんが、努力は無駄にはならないことを覚えておきましょう。

  4. 話す前に何をどのように言うか考える

    相手に強く当たるのではなく、相手の立場に立って考えてみませんか。彼らの視点から物事を見るようにしてください。

    他人を傷つける可能性のある皮肉な表現や卑劣な発言をすることは避けましょう。そうすれば、あなたの心の平和を保つことができるでしょう。

  5. すぐに謝罪する

    自分の目的を見失ってしまうような否定的な感情を持たないようにしましょう。自身のコントロールを失い、家族の一員に怒鳴っているのに気づいたら、責任を取って謝罪してください。

    また、子供が怒鳴った際は怒鳴り返したい気持ちを制御して、落ち着いたしっかりした口調で話しましょう。そうすることで子供を落ち着かせ、良いお手本を見せることができるでしょう。

    怒鳴るのを止めるまで耳を傾けないと子供に伝えましょう。さらに、彼らが謝罪したら辛抱強く受け入れるべきです。

  6. 火に油を注がない

    家族が忙しい毎日を過ごしていると、小さなことでも大きな喧嘩を招いてしまうことがあります。誤解を招く否定的なコメントや議論は避けましょう。

    自分の気分が良くなるような場所や活動を探し、自分を落ち着かせてください。また、子供にも同じことをすると良いでしょう。

     

家 怒鳴る やめる

怒鳴ることなしに子供をしつける

子供が誤った行動をしたときに、怒鳴ることはしつけるのに手っ取り早い方法のように見えるかもしれません。

しかし、それは子供の行動をさらに悪化させることもあります。これは、怒鳴ることで欲求不満に対処することを子供に教えているからです。

家で怒鳴るのを避けるため、子供にわかりやすい明確でシンプルなルールを確立するとよいでしょう。

ルールについて子供たちと話し合い、彼らが覚えやすいようにリストを作成して見えやすい場所に吊るしたりするのがオススメです。

ルールに従わなかった場合、その結果を前もって説明すれば子供がより良い行動をとるようになるでしょう。これは、ティーンエイジャーを相手にするときに特に効果的です。人はイライラしたときに最も怒鳴る傾向があるのです。

怒鳴ることはそこまで人を傷つけるようには見えないかもしれませんが、確実にあなたの家族に大きな感情的なダメージを引き起こす可能性があります。これを防ぐには、自制心、忍耐力、共感力が大変重要なのです。