野菜が嫌いでも大丈夫?子どもが喜ぶ4種類のにんじんレシピ

2019年8月7日
にんじんはとても身体に良い野菜ですが、子どもは嫌うことが多いです。そこで、にんじんを使った楽しいレシピを利用して、この色鮮やかな野菜を子どもの食事にどんどん取り入れていきましょう。

今回の記事ではにんじんレシピを4種類ご紹介したいと思います。子どもの興味をそそること間違いなしですよ。

子どもと野菜はどうも相性が悪いものです。しかし、それでも心配は要りません。少し想像力を効かせて、ちょっとした努力で、子どもがこの栄養たっぷりのにんじんを楽しみながら食べるようになるでしょう。

にんじんは子どもにとても重要な野菜です。例えばビタミンAが豊富なにんじんは、肌の調子を良くして、がん予防にもなり、若返りや抗酸化作用などの効果もあります。

色々な方法を試しても、子ども向きのレシピがなかなか見つからないかもしれません。そこで次にご紹介するにんじんレシピをぜひ試してみてください。きっと食べてくれるはずです。

子どもが喜ぶ にんじんレシピ

1.にんじんとじゃがいものオーブン焼き

材料:

  • じゃがいも 3個、切る
  • にんじん 6本、皮をむいて角切り
  • 卵 1個
  • パン粉 1/2カップ
  • 牛乳 大さじ1
  • とろけるチーズ(シュレッドタイプ) 1/2カップ
  • 玉ねぎ 1個、乱切り
  • パセリ 大さじ1
  • パルメザンチーズ
4種類の子どものための にんじん レシピ

作り方:

1.にんじんとじゃがいもをゆでる。

2.それからオーブンを200度に温め、野菜を混ぜておく。

3.卵、牛乳、玉ねぎ、塩、パセリを混ぜ合わせる。

4.耐熱容器の底に野菜を広げて、パン粉とチーズを混ぜたものを上からのせる。

5.そしてオーブンで焼き色がつくまで焼いて完成。

こちらの記事もお勧めです:子どもにピッタリ!炭水化物が豊富なピューレ3種の作り方

2.にんじんヨーグルト

次にご紹介するのは、簡単でしかも作るのが楽しい、子どもが喜びそうなレシピです。

材料:

  • にんじんのすりおろし 2カップ
  • ヨーグルト 1カップ
  • クミン 大さじ1/2
  • マスタードシード
  • 油 大さじ1

にんじんヨーグルトを作るには、まずにんじん、ヨーグルト、塩をボウルに入れて混ぜます。それから小さなフライパンに油を入れて、マスタードシードを温めます。それをヨーグルトに振りかけて、クミンパウダーも加えたらできあがりです。お楽しみください。

3.にんじんマフィン

材料:

  • 全粒粉の軟質小麦粉 2カップ
  • ブラウンシュガー 2カップ
  • ココナッツオイル 1/3カップ
  • シナモン 小さじ2
  • ギリシャヨーグルト 1カップ
  • ベーキングパウダー 小さじ2
  • 塩 大さじ1/2
  • 卵 2個
  • にんじんのすりおろし 2カップ
  • 牛乳 1/4カップ

作り方:

1.大きなボウルに、小麦粉、スパイス、ベーキングパウダー、塩を入れ、数分間混ぜる。

2.そこに、にんじんのすりおろしを入れて混ぜておく。別のボウルを用意して、ヨーグルト、卵、ココナッツオイル、牛乳を入れて混ぜる。

3.次にそれぞれの材料をすべて合わせて、よく混ぜる。しっかり混ざったらマフィン型に注ぎ入れ、具を落ち着かせる。

4.最後にオーブンで15~20分焼いて、その後取り出して冷ませる。

にんじん レシピ:マフィン

4.にんじんチップス

子どもは大抵ポテトチップスが好きです。そこで健康志向のにんじん版チップスを作ってみましょう。以下、必要な材料です。

材料:

にんじんをできるだけ薄く切って、しっかりと油で揚げます。そして塩こしょうとシナモンをまぶして味付けします。

こちらも参考にしてください:子どもに最適な午後のおやつ5種

野菜はけしてつまらないものではないことを、子どもにぜひ教えてあげましょう。子どもの健康食として、にんじんをぜひ取り入れましょう。

これらのにんじんレシピを試して、健康野菜にもっと興味を持たせるようにすることが可能です。さあ、どのレシピをまず試したいでしょうか?