9ヶ月から12ヶ月までの赤ちゃんのためのデザートレシピ

2019年1月5日
早いうちから健康的な食べ物を食べさせることは重要です。そしてもちろん、お子さんに必要な栄養価をたっぷり与えてあげましょう。

デザート、ミルクシェイク、ムース、プリンなどなど、デザートレシピと言ってもたくさんありますが、赤ちゃんが美味しく食べることができるかどうか、そしてなんといっても栄養価が重要です。

今回は、生後9ヶ月から12ヶ月までの赤ちゃん用デザートレシピをご紹介します。

とは言っても、特別なキッチン器具は不要ですし、時間がなくてもできますのでご安心を。

まず、赤ちゃんは一般的に甘い味を好む傾向があります。これは、生後8ヶ月までの唯一の食べ物である母乳の味を思い出させるからです。

ほとんどの人が旨味のある味よりも甘い味を好むと言えます。見た目にも綺麗なデザートや美味しいアイスクリームやプリンの誘惑にはなかなか勝てません。

しかし、新鮮なフルーツで作るデザートやミルクシェイクと言った、より健康的な選択肢を選ぶこともできます。

生後数ヶ月の赤ちゃんの味覚は大変敏感で、だからこそ酸っぱい味を嫌います。これは生き残るための本能と言えます。

では、赤ちゃんもあなたもきっと楽しむことができるデザートレシピをご紹介しましょう。赤ちゃんが新しい味を覚えていく手助けとして、ぜひ作ってあげてください。

デザートレシピ

1歳に近づくと、赤ちゃんの味の好みは私たちの好みと似てきます。

もちろん、赤ちゃんが問題なく消化できるように、多少の工夫をすることが重要です。

甘い食べ物は間食として、そして夕飯として適しています。そして、赤ちゃんが食べる食材のレパートリーを増やすために、栄養価に優れ、異なる食感、色、味をもつ食材を使うのが良いでしょう。

9ヶ月から12ヶ月までの赤ちゃんのための デザートレシピ

1. りんごとキウイのピューレ

赤ちゃんにオススメのフルーツの一つがりんごです。梨やキウイと言った別のフルーツを混ぜることで、栄養価に優れた美味しいピューレを作ることができます。

材料

  • 皮をむいたキウイ 1/4個
  • 皮をむいたりんご 1/4個

作り方

  1. キウイをブレンダーにかけます。
  2. タネを除くためにきめの細かいふるいで濾します。
  3. りんごと一緒にブレンダーで混ぜ合わせます。

りんごの栄養価はよく知られています。脂肪が少なく、タンパク質も少ないですが、カリウムといったミネラルを豊富に含んでいます。

りんごはまたビタミンも豊富で、消化しやすく食物繊維も含むため、赤ちゃんの消化器にとって大変良いです。

2. フルーツとヨーグルト

ヨーグルトは食感も滑らかで、赤ちゃんの消化をよくするため、9ヶ月から12ヶ月の赤ちゃんにはとてもオススメです。

赤ちゃんには、大人の食べるヨーグルトではなく、赤ちゃん用のヨーグルトを選んで与えるようにしましょう。

梨やバナナ、りんごといったフルーツと一緒に食べさせることで、赤ちゃんにバランスのとれた食べ物として与えることができます。

材料

  • りんご 100g
  • 赤ちゃん用のヨーグルト
  • ジャム 2スプーン

作り方

  1. よく洗い、皮をむいたりんごを小さく切ります。
  2. りんごをヨーグルト、ジャムと一緒にブレンダーにかけます。

3. キヌアとバナナのピューレ

赤ちゃんのおやつとして、栄養価では抜群のレシピです。

キヌアは素晴らしい食べ物です。栄養が豊富で、低カロリー、生理活性物質を含み、食物繊維を多く含みます。

またバナナも、赤ちゃんの消化器の機能に役立つため、赤ちゃんにとって大変健康的な食べ物です。だからこそ、9ヶ月から12ヶ月の赤ちゃんに、このレシピを特にオススメします。

材料

  • バナナ 1/2本
  • シナモン 少々
  • 火の通ったキヌア 小さじ2杯
  • 赤ちゃん用ヨーグルト スプーンに1杯

作り方

  1. 皮をむいたバナナをボウルに入れて、フォークの背で潰します。
  2. 火の通ったキヌア、シナモン、ヨーグルトを加えます。
  3. よく混ぜて完成です。

赤ちゃんが食べる食材のレパートリーを増やすために、栄養価に優れ、異なる食感、色、味をもつ食材を使うのが良いでしょう。

4. バナナムース

赤ちゃんにバナナを食べさせるのに最適な、もう一つのレシピをご紹介します。少し柔らかい食感になりますが、美味しいレシピです。

材料

  • バナナ 3本
  • ヨーグルト 150g
  • レモン 1/2個

作り方

  1. 皮をむいたバナナとレモンの絞り汁、ヨーグルトをブレンダーにかけます。
  2. コップに移し、よく冷えるまで冷蔵庫で冷やします。

今回ご紹介したレシピに、お子さんの好みに合わせて違う種類の果物を使ったり、色々なバリエーションを試してみてください。

早いうちから健康的な食べ物を食べさせることは重要です。そしてもちろん、お子さんに必要な栄養価をたっぷり与えてあげましょう。