子どもに最適な午後のおやつ5種

· 2018年10月23日
身体に良い生活には、バランスの取れた食生活が鍵となります。

子どもがお腹を空かせて学校から帰って来たら、美味しくてヘルシーなおやつを食べるのが一番です。今回は 午後のおやつ に最適な5種類の食べ物をご紹介します。

時間に追われる両親は、子どもの空腹に素早く対処するのに、いわゆるジャンクフードと呼ばれるお菓子に、ついつい手を出してしまいがちです。しかし、ヘルシーでしかも子どもが気に入るおやつもたくさんあります。

健康的なおやつの重要性を軽く見てはいけません。子どもの成長には、栄養のある食生活が欠かせません。学校が終わった後のおやつは、宿題、遊び、課外活動で忙しい、子どものエネルギー供給となります。

一日中学校で過ごすのは、身体的にも精神的にも疲れるものです。午後のおやつを食べて元気を取り戻して、夕食時間まで子どもが頑張れるのです。

午後のおやつ :大切な理由

  • 成長:子どもは常に成長発達しています。そのために子どもはエネルギーが必要で、適切な栄養素を取り入れて、大きくなっていきます。
  • 消化機能:子どもの身体は、長時間食べずに過ごすことができないようにできています。子どもは少量の食べ物を頻繁に摂取する必要があります。
  • 体重調整:頻繁に食べることで、子どもはあまりにもお腹が空いて、夕食時に食べ過ぎることを防ぎます。身体に良いおやつを食べることで、健康的な体重を保持するようになります。
  • エネルギー:子どもは身体的にも精神的にもいつもアクティブです。学校で一日中忙しくして、身体と頭を使っています。毎日の忙しいスケジュールをこなすのに、元気を取り戻して、身体を充電するのために食べ物が不可欠です。
午後のおやつ はヨーグルト

子どものおやつに関するルール

  1. 何時ごろ間食を摂るのか気を付ける。もし食べ物を学校に持っていく場合は、休み時間に食べるようにさせましょう。学校が終わってからは、昼食をしっかり消化し終わって、あまり夕食に近すぎない時間に、午後のおやつの時間にします。
  2. 子どもが食べる量を確認する。おやつは軽い食べ物だけにして、次の食事の時間までお腹が持つようにする。おやつの食べ過ぎは夕食にひびきます。夕食時にお腹がいっぱいなどということがないように気を付けましょう。
  3. 精製された砂糖、合成着色料、保存料は避ける。素早く食べれて便利なおやつが色々ありますが、原材料の部分をよく見て確認するようにしましょう。子どもが毎日食べない方が良いものが入っている場合もあります。
  4. 正しい食品グループに属するおやつを選ぶ。毎回の間食に、炭水化物、果物、乳製品を含むものでなければいけない訳ではありません。でも毎日の食事の中で、それぞれの食品グループのバランスが取れるように注意しましょう。
  5. 水を忘れずに。子どもの水分補給も重要です。

子どもに最適なおやつ5種

次にご紹介する子どものおやつを基本として、色々工夫しながら、創造力を生かして美味しく楽しいおやつを作ってみて下さい。

子どもに何かアイデアがあるか、聞いてみましょう。 子どもと一緒に、美味しくて栄養満点の新しいおやつを考えてみてみるのもいいですね。

  • サンドイッチ:定番のサンドイッチを作るときは、子どもの年齢や運動量に合った大きさにして、中にはさむものを工夫しましょう。ハムなどはタンパク質を含むので最適です。バナナやチョコスプレッドで甘いサンドイッチにすると、元気が出て、子どもが喜ぶでしょう。
子どもの 午後のおやつ

  • フルーツアイス果物のピューレを作り、フルーツアイスの型に入れて冷凍します。暑い夏の午後に最適で、前もって簡単に作れるヘルシーおやつです。
  • ヨーグルト:カルシウムとタンパク質の入ったヨーグルトで、子どもに適量の乳製品が摂取できます。トッピングとして、果物、シリアル、ナッツなども加えても良いでしょう。なるべく自然な方法で作られたヨーグルトを選び、ラベルを見て糖分が多すぎないように確認しましょう。
  • スムージー:季節の果物をふんだんに利用して、子ども好みのスムージーを作りましょう。牛乳を入れると、乳製品が追加されたことになります。穀物類や無塩ナッツをスムージーに入れるとそれぞれの栄養素が加わります。
  • 牛乳と手作りのお菓子:パウンドケーキやクッキーなどは手作りが一番です。材料とその量を全て把握して、調整できます。子どもの午後のおやつにはピッタリです。ママも一緒に食べたくなりますね。

もちろん、毎日手作りのおやつを作る時間がなくても大丈夫です。時にはお店で買ったおやつを与えても問題ありません。

身体に良い生活には、バランスの取れた食生活が鍵となります。特別なお菓子をおやつにしても、たまにであれば大丈夫です。