都市伝説?出産を誘発する食べ物は存在するの?

19 1月, 2019
出産を誘発すると信じられている食べ物やサプリメントの大部分は未だ科学的に証明されておらず、その安全性も証明されていません。

このトピックについては多くの都市伝説がありますが、出産を誘発する食べ物があると信じている人はたくさんいます。

残念ながら、これを立証できる十分な科学的証拠はありません。 しかし、出産プロセスを早めることができるかどうか、様々な食べ物を試している妊婦もいます。

特定の食べ物が出産を誘導する可能性はあるのでしょうか?

出産経験を持つ多くの女性はそう信じており、専門家ではない一般の人は科学的証拠がなくとも試してみたいと考えているようです。

そこで、今回はいくつかのレシピ」を詳しく見ていきましょう。

  1. アロマティックプラントと香辛料

    これはよく試されているアイデアの一つです。 バジル、オレガノ、タイム、パセリ、セージ、アニス、カイエンペッパーなどの植物は子宮収縮を引き起こす可能性があると信じられています。 しかし、これらの多くは流産を引き起こす可能性があるため、妊娠中に食べることは禁止されています。

    消費する分量は制限し、最初に専門家に確認しましょう。

  2. ひまし油

    ひまし油の神話は古代からあります。 この油は有毒な種子から作られていますが、その油は薬効成分を持っています。ひまし油は腸の筋肉を収縮させ、陣痛を引き起こす可能性があると考えられています。子宮のけいれんを引き起こすため、出産を誘発する可能性があると考えられているのです。

    妊婦 お腹
  3. 辛い食べ物

    辛い食べ物は、胃酸や他の胃腸の合併症に関連している可能性があるため妊娠中はお勧めできません。出産を誘発することができる食べ物のリストに含まれていますが、それが機能するという科学的証拠はありません。

  4. パイナップル

    パイナップルにはたくさんの性質があります。妊婦の中にはパイナップルは出産を早めるのに役立つと考えている人もいます。新鮮なパイナップルが持つ酵素、ブロメラインは、子宮頸部を軟化させると考えられているのです。これは本当かもしれませんが、パイナップルに含まれているブロメラインの量は非常に少ないため、子宮頸部の軟化するには大量にパイナップルを摂取する必要があるでしょう。

  5. ラズベリーの葉

    ラズベリーの葉は一般的にリラックス茶の調製に使用されています。このリラックス効果があなたの妊娠後期のストレスレベルを下げ、弛緩が子宮にも達するかもしれません。

  6. にんにく

    にんにくはアロマティックプラントは香辛料と同じく、胎児を出産のための最終位置に移動させる力があると考えられています。十分な量のニンニクを食べると出産を誘発すると考えられていますが、科学的には証明されていません。

  7. コホッシュという植物

    あまり一般的ではありませんが、この北米産の製品はお茶として消費されています。コホッシュ茶を飲むことで、中程度から強い収縮を引き起こすことができると考えられています。これらを証明するための科学的研究はないので、あなたのかかりつけの医者と相談すると良いでしょう

出産を誘発する前に考えておくこと

前述したように、出産を誘発すると信じられている食べ物やサプリメントの大部分は未だ科学的に証明されておらず、その安全性も証明されていません。

妊婦とナース 呼吸 出産 誘発

 

効果が確かでない、または潜在的なリスクがある食べ物を試す前に、数量を制限し、指示されたときにはそれらの使用を控えるようにしましょう。

一般的に、代替医療は妊婦にはお勧めできません。 専門家に相談し、不要なリスクを冒さないようにすることをお勧めします

出産を誘発する食べ物を試すか否かは個人の選択です。 安全だとわかっている食べ物にこだわることをお勧めします。

パイナップルなどの食べ物の場合は、食べ過ぎて悪影響が起きることはありません。 チョコレートのような他の食べ物は少量であれば許可されることもあるでしょう。

私たちの健康や赤ちゃんの健康を危険にさらさないことが一番重要です。 出産のタイミングはいずれやってくるので、安らぎのある出産を待つと良いでしょう。

  • Ronit G., Hagit H., Bella S., Shay P., et al., Castor oil for induction of labor in post date pregnancies: a randomized controlled trial. Women Birth, 2018. 31 (1): 26-31.
  • Faezeh M., Ganesan AP., Lang CL., Abrar Al Mahmood S., Baharudin BS., et al., Role of the serotonergic pathway in uterotonic activity of ananas comosus (L.) Merr. an in vitro and in vivo study. Phytomedicine, 2018. 48: 32-42.