出産を自然に誘発させる5つの方法:注意点も確認しておこう

2019年4月23日
多くの妊婦が出産をスピードアップさせる自然な方法を探しています。 いつ出産するのか心配しているあなたに出産をスピードアップさせる自然な方法をいくつかご紹介しましょう。

出産を誘発させる自然療法は妊婦の間で非常に人気があります。 赤ちゃんに早く会いたいという気持ちから、多くの妊婦が様々な方法を試しているのです。

ただし、妊娠36週目以前はこれらのテクニックを使用しないでください。 あなたの赤ちゃんが完全に発達していなければ早産になってしまうからです。

さらに、これからご紹介する方法のほとんどは絶対に機能するという証拠がありません。その効果についてはあなたの医師に確認することが一番です。

出産を誘発させようとすると帝王切開や他の緊急介入を必要とする可能性が高まることを心に留めておいてください。もしこれからご紹介する方法を試す場合はよく注意してください。

出産を自然に早める5つの方法

以下が出産を自然に早める5つの方法です。

1. レッドラズベリーリーフティー

レッドラズベリーリーフティーを飲むとホルモンのバランスを整え、子宮を緊張させます。 また、ビタミンA、B、C、Eが豊富で、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどの重要なミネラルも含まれています。

このお茶を飲むことで分娩時間を短縮し、医学的介入の必要性を減らすかもしれません。 妊娠中期に毎日3~4杯を飲むことをお勧めします。

妊婦 出産を誘発させる 自然療法

2. 月見草オイル

これは予定日を過ぎているか、以前も出産遅かった妊娠中の女性に推奨されます。

月見草オイルはリノレン酸が豊富なため出産前の数週間で子宮頸部を柔らかくし、変色させるのを助けます。 また、プロスタグランジンの生成を引き起こします。

 

カプセルで経口的に取るか、膣に直接挿入することができます。 挿入する場合は必ず子宮頸部の近くに置いてください。

「誕生の瞬間は神聖かつ繊細で、あっという間の、夜明けの太陽のようにとらえどころのないものである。」
– フレデリック・レボイヤー –

3. ひまし油

ひまし油は自然に出産を誘発するための伝統的なアイテムです。医師から同意を得た場合にのみ、慎重に使うべきです。これは腸と子宮を収縮させます。

この腸の収縮により、下痢を引き起こします。不快で、最悪の脱水症を引き起こします。

これを実践する場合は、ココナッツウォーターを十分に飲みましょう。これにより、水分補給を維持し、電解液のレベルを維持することができます。ひまし油はあまり美味しくないので、スプーン1杯をスムージーやオレンジジュースに加えると良いでしょう。

4. パイナップル

パイナップルはあなたの子宮頸部を拡張させる酵素ブロメラインを含んでいるため、出産を促進するのに役立ちます。しかし、パイナップルのブロメライン含有量は非常に低いことを覚えておいてください。

パイナップルをたくさん食べると腸が刺激され、ひまし油と同じように子宮内での活動が増加する可能性があります。ブロメラインは缶詰にするかジュースに加工すると損失してしまうため、新鮮なパイナップルを食べる必要があります。

歩く妊婦 出産を誘発させる 自然療法

5. ウォーキング

最後の方法はウォーキングです。妊娠後期にウォーキングすると赤ちゃんを子宮頸部に移動させる効果があります。

さらに、ウォーキングは収縮の引き金となるオキシトシンというホルモンを放出します。 したがって、予定日に近い、または予定日を過ぎている妊婦は、出産を誘導するために歩くと良いでしょう。

 

最後にこれらの方法を試す前に、必ず医師の承認を得るのを忘れないでください。

焦る気持ちも分かりますが赤ちゃんの到来をじっと待つのをお勧めします。 きっともう少しで赤ちゃんに会うことができるでしょう!