帝王切開後の母乳育児のヒント

2018年7月27日

「帝王切開をしなくてはなりません」 、この言葉を聞いて喜ぶ妊娠中の女性はいないでしょう。赤ちゃんを授かることは、まさに多くの女性が潜在的に経験したいと思うことで、私達は自分の力で小さな命を世界に作り出したいのです。

しかし、時には帝王切開以外の方法がない場合があります。いずれにしろ、母親が一番大切にするのは、赤ちゃんが健康であることです。

帝王切開は簡単な選択肢のように見えるかもしれませんが、多くの母親は授乳の問題に直面します。女性が帝王切開で出産すると、母乳の生成までには時間がかかってしまうのです。専門家によると、これは帝王切開自体によるものではなく、それに沿った病院の治療によるものです。

帝王切開後の母乳育児

母親の母乳育児に影響を与えるかもしれない要因は、母親が赤ちゃんから離れなければならないことです。帝王切開後には母親は、長期間、乳児と離れなければなりません。すると、早期の母子間接触がなく、母乳育児がより困難になります。では、それはなぜなのでしょうか?

彼らが生まれてから約2時間の間は、赤ちゃんは無気力な状態に陥る可能性があります。最善の方法は、子供に授乳し、深く眠らせることです。生まれたばかりの段階から、子供は抱えられて授乳されることを覚えます。

しかし、赤ちゃんが授乳せずに眠れば、通常、睡眠時間は長くなります。そして、赤ちゃんが目を覚ますと、彼らは不安定に見えます。たとえ彼らが何であるか分からなくても、彼らの本能は母乳が生命維持に不可欠であることを伝えるのです。

母乳育児2

ですので、一部の病院では、帝王切開後に哺乳瓶での授乳を選択します。しかし、これは後々授乳への問題を引き起こす可能性があります。直接的な授乳は、瓶のプラスチック乳首からの吸入よりも多くの労力が必要です。

手術後の母親が移動できないことも問題を引き起こす可能性があります。帝王切開は手術であり治癒には時間がかかります。それが原因で、赤ちゃんを授乳するためのちょうど良い体勢を見つけることを困難にするかもしれません。

帝王切開後の母乳育児には何が役立つのか?

通常、母乳は、自然、誘発、帝王切開のいずれであっても、出生後30〜72時間以内には出るはずです。これは胎盤の排除から始まる生理学的プロセスです。プロゲステロンのレベルが低下し、母乳生産につながるホルモンであるプロラクチンのレベルが上昇するのです。

産後、母乳が全く生成されないことは、一般的ではありません。実際、母乳の生成量が少ないのは女性の1%です。帝王切開で出産したかどうかにかかわらず、授乳中に子供が泣いたとしても、それは母乳がうまく流れていないことが原因とは限りません。多くの女性は、子どもが授乳中に泣くと、母乳が十分出ず、足りないのだと考えがちです。しかし、必ずしもそう言うわけではありません。

母乳育児3

帝王切開後の母乳育児のために知っておいて欲しいポイントがあります。

  • 可能な限り早く新生児を胸に抱きかかえて授乳することが必要です。授乳用の枕は切開した部分に圧力をかけずに授乳するのに有用です。また、帝王切開後でも楽に授乳できる姿勢もあります。医師に相談してみてください。子供が母乳を飲もうと母親の乳首を吸うことが母乳が流れ出る助けになります。
  • 母乳が自由に流れるようになるまで、極力赤ちゃんに乳首を吸わせるようにしてあげましょう。
  • 可能であれば、手術後に赤ちゃんと離れずに済むように頼みてください。看護師さんに子供を父親に抱かせるようにお願いしてみても良いでしょう。父親と肌と肌との接触をすることで体を暖かく保つことができます。これによって温度を調節するエネルギーを消費せずに済むのです。つまりこれは、赤ちゃんが生まれた時両親の下にいるということです。
  • 母親が術後の痛みに苦しんでいる場合にも、摂取できる鎮痛剤があります。医師は、授乳中でも、摂ることができる処方箋を処方してくれるでしょう。痛みは母乳の流れを妨げることがあります。
  • 安静に、リラックスしてみてください。疲労とストレスは母乳の生成に影響します。

帝王切開での出産は赤ちゃんに授乳出来ないということとイコールではありません。我々が見てきたように、多くの要因が帝王切開後の授乳を複雑化させます。しかしその全てに解決策があります。

あなたへおすすめ