傷痕の治療に関する最新アドバイス

2019年1月24日
大切なのは私たちが自分に対して気持ちよく、鏡に映る自分に幸せでいられることです。

傷痕とはその名の通り、様々な理由により皮膚を切ったり傷つけたりした結果です。見た目の美しさという理由で、体に傷があるということはいつも喜ばしい訳ではありません。

実際多くの女性が傷を隠したり、様々な技術を使って傷を完全に消そうとしています。

人間の体は怪我をしたりすると、傷ついた部分を修復しようと働きます。この働きのおかげで、私たちの体はぶつけた痕や切り傷などの小さな傷を癒すことができるのです。

そしてこれは傷痕のできる過程であり、いくつかの段階に分かれています。自然に起きるプロセスですので、肌から傷を完全に消すには不十分なことが多いのです。

目につき易い場所に傷があると、それをなんとかしようと解決法を見つけようとするものです。目に見える傷は、その人の体のイメージと本人の自尊心の両方に、ネガティブな影響を与えることすらあるのです。

そしてもちろん、これがさらなる問題とつながることがあります。

傷が与える影響

帝王切開による傷は一般的であるにもかかわらず、あまり良くは受け入れられていません。多くの女性が、傷が目立たなければいいのにと思い、傷の見た目を良くしたり傷を完全に取り除く方法を探しています。

それと同様に、多くの人が火傷や切り傷、ニキビ痕などの傷も無くしたい、少なくとも目立ちにくくしたい思っています。自分の身体的な見た目を良くしたいと言うモチベーションの他に、傷を避けたい心理的な理由があるようです。

傷ができてしまった理由には、あまり喜ばしいものがない場合があります。

しかし、医療技術の発達と伝統的なメソッドのおかげで傷を目立たなくしたり無くしたりすることができるようになりました。

傷を目立たなくするのか、それとも完全に無くすのかを選べるようになったということは大変役に立ちます。事実、誰にでもそれは可能なのです。

傷を目立たなくするための最新アドバイス

傷の中には、小さい頃に受けた盲腸の手術痕など、傷跡が薄いものもあります。しかし静脈瘤の除去や、甲状腺の手術など、そのほかの手術ではもっと目立つような痕が残ることがあります。

傷の残り方に影響する要素

また、他の人と比べて傷の残りやすい人がいます。実際、帝王切開など同じ手術を受けても、傷のはっきり残る人とほとんど残らない人がいるのです。

しかし、個人差があるのはなぜなのでしょう?一般的に、肌のタイプや、傷の場所、傷の種類、年齢、そして食生活までもが影響すると言われています。この要素が体の自然治癒能力に影響を与えるのです。

覚えておきたいのは、体が傷を治そうとするために必要な要素、タンパク質はコラーゲンでできている点です。

また、興味深いのは傷が完全にできるには12ヶ月から18ヶ月かかることです。したがって、傷が完全にできてしまった状態のものをあなたが目にするまでには少なくとも1年ほどかかると言うことです。

ケロイドと帝王切開による傷の肥大

ケロイドは治りにくい傷の一つです。火傷や静脈瘤、手術による深い傷などからできることがあります。

帝王切開や会陰切開などの腹部や会陰部の手術は、ケロイドになることがあります。この場合、過度な傷生成が肥大した痕を残すことがあります。

傷の自然治療法

傷の治療法 最新アドバイス

アロエベラ

  • アロエはお肌にとって大変良いものです。火傷を和らげたり、傷を目立たなくしたり、アロエのお肌への水分補給機能と組織再生機能は素晴らしいので、ナチュラルなスキンケアに最も良く使われます。
  • アロエベラに含まれる多糖リグニンが、お肌に水分を与え組織を再生し、お肌のpH値を整えるのに役立ちます。

ローズヒップオイル

  • バラ科のローズヒップは、妊娠線や傷、火傷、乾燥肌などの治療に並外れた効能があります。
  • ローズヒップから取れるあぶらが、お肌の各層の細胞の代謝を支え、また、コラーゲンや弾性繊維の生成に役立ちます。

ココアバター

  • ココアバターはローズヒップオイルと同様に、スキンケアに良く使われます。実際のところ、傷をナチュラルな方法で治したい場合の最良な方法の一つです。
  • これから抽出されたエキスには素晴らしい水分補給能力があります。傷ついたお肌をなめらかにし、ゆっくりと傷の粗い見た目を軽減し、元の自然な弾力を取り戻します。

特別な技術を使った傷の治療法

妊娠線 傷痕 

傷専門の治療センターを訪れることが、最も簡単で効果的な、手の届きやすい選択肢です。

このようなセンターでは、専門家がニキビ跡から外傷性の傷、火傷、手術痕に治療を行います。

一般的な治療技術

  • Zプラスチック:手術により傷の見た目を改善する技術です。専門家が傷を伸ばしたり緩めたり、調整することで傷がより目立たないようにします。
  • Lipoストラクチャー:体の一部から脂肪をとり、傷などで凹んだりした部分に移す技術です。
  • 皮膚擦傷術:ニキビ痕などの肌にできた傷に特化した、特別な訓練を受けた専門家によって行われます。お肌の上層から中層にかけて、傷を目立たなくするために傷を調整します。
  • レーザー技術:疑いもなくレーザー治療は最も一般的と言えるでしょう。レーザーによって傷の色素が破壊され、肌の色を均一にします。
  • ヒアルロン酸:傷ついたお肌がなめらかに戻ることを促進します。

傷の治療には選択肢が数多く存在しますが、気にし過ぎはよくありません。

大切なのは私たちが自分に対して気持ちよく、鏡に映る自分に幸せでいられることです。