帝王切開が女性の身体に及ぼす進化的影響

· 2018年10月1日
百年前、骨盤の狭い女性は出産を乗り越えることが出来ませんでした。しかし現在では、骨盤が細くても出産は可能になり、狭い骨盤を持つ遺伝子はその娘へと受け継がれています。

この所説はフィリップ ミットロウカーによるもので、彼は帝王切開が女性の身体に及ぼす進化的影響について研究する生物学者の一人です。

この研究の狙いは帝王切開を医療介入という視点から批判しようとしているのではなく、進化論にもたらしたその影響を明らかにすることであるとはっきりと述べています。

帝王切開が受けられるようになる前は、母親の狭い骨盤の遺伝子は娘へ受け継がれることはありませんでした。分娩中に母親も胎児も命を落としたからです。しかし今では帝王切開のお陰で、骨盤の小さい女性たちも子供を産むことができるようになり、その遺伝子は娘たちへ受け継がれています。

それによって、この手術が定例化したことがヒトの進化に影響を及ぼしていると米国科学アカデミーの論文集に研究が報告されています。

帝王切開が女性の身体に及ぼす進化的影響

 帝王切開が女性の身体に及ぼす進化的影響

胎児が子宮道を通れない分娩ケースは増加していると研究家によって報告されています。1960年代には1000人に30人の胎児でしたが、今日では、その数は1000人中36人です。

オーストリアの生物学者たちはこの傾向は続くであろうと確信を持っていますが、自然分娩が廃れてしまうことを懸念しているわけではありません。

「進化論的観点、自然淘汰という考えから見ると、この現代医療の介入がなければ、このようなケースは昔も今も致死的です。」とウィーン大学の理論生物学部に在籍するミットロウカー氏も肯定しています。

細いウエストと大きな胎児に関する進化的影響

この研究に携わる生物学者たちは、なぜ、ヒトのウエストは何年もの間太くなっていないのかというところに着眼しました。

他の霊長類の動物に比べると人の赤ちゃんの頭は大きいです。ですからチンパンジーなどと比べると、その出産過程はより困難です。

世界保健機関とその他重要な新生児に関する研究結果の情報をもとに数値的なモデルが作成されました。

BBCが発表した記事によりますと、それによって明らかになったのは進化の優勢とは反するものでした。一方で、新生児は大きく健康に生まれている傾向にあるということが明らかになりました。

胎児が大きくなりすぎると分娩中につかえてしまいます。昔なら母子ともに死に至り、母親の遺伝子は次の世代は受け継がれることはなかったのです。

「この選択が引き起こした一面とは−すなわち小さい新生児の傾向は−帝王切開によって絶たれてしまった。」とミットロウカー氏は述べました。

そのデータによって研究者たちは帝王切開が二重の進化的影響を及ぼしているのではないかと仮定しました。一つは、経膣分娩できない体の女性が増えること。もう一つは大きく健康な新生児が増えることです。大きな胎児が出産を乗り越え、強く健康に育つ可能性が大きくなることです。

母親の喜びは体の中に命が芽吹く時に始まり、初めて小さな心音を聞いた時、お腹を蹴られるくすぐったい感覚を味わう時、もう自分一人の体ではないと気づくのです。

−匿名−

帝王切開:増える施術

帝王切開が女性の身体に及ぼす進化的影響

世界保健機関(WHO)の情報によると、1985年以降、帝王切開を回避できない出産ケースは全体の10−15%に留まるはずであると世界の医療従事者は同意してきました。

しかし、多くの国で、帝王切開の数は経膣分娩を上回っているとっているのが実状で、発展途上国、先進国両方で、その数は増え続けています。

もちろん、必要な場合は帝王切開はいつで施術されるべきであり、特定のパーセントに抑えるためだけに施術数を制限することがあってはならないとWHOは認識しています。

医療現場の立場から考慮すれば、帝王切開は死産を回避するために有効です。

しかし、正当な医療的理由なしで帝王切開を行うことは、母子にとってなんの利益もないように考えられます。

他の手術と同じように、帝王切開は長期、短期間のリスクを伴います。施術後の後遺症が何年も残るなど、その後の母子の生活や将来の妊娠に影響を及ぼすこともあります。

https://youaremom.com/evolutionary-effects-of-c-sections-womens-bodies/