妊娠中に実践できる美容ポイント

2018年9月5日

今回は妊娠中の女性が心に留めておくべき、美容に関するポイントをいくつか紹介します。あなたが赤ちゃんの訪れを待っている期間、必然的に身体が目に見えて変わっていきます。

多くの女性は、そういった変化に合わせたそれぞれの美容法を見つけるでしょう。まず行き着くのは、食事制限や運動です。ストレッチマークや、セルライト、過剰な体重増加を防ぐのに役立つとされています。

他にも、外見や感情を可能な限り良好に保つために、妊婦が覚えておくべき注意点があります。この記事では、目に見える痕といった、美容の敵と戦う方法を紹介します。

美しさを保つためのポイント

妊娠によって制限されることもありますが、9ヶ月間に及ぶ妊娠期間は身体にとって最高の美容効果を与えてくれます。妊娠は、女性の輝きを作り出す皮膚や皮脂腺への血流を増加させるのです。

では、その美容効果には何が隠されているのでしょうか?答えは単純で、それはホルモンや遺伝子です。 多くの専門家が、妊娠中には、他のホルモンの効果を打ち消すような別のホルモンが分泌されると述べています。また、遺伝子は妊娠中に起こる変化の基本的な役割を果たしてくれるのです。

妊娠中の女性が明るい顔、光沢のある髪、柔らかく滑らかな肌を享受できるのは、ホルモンのおかげです。一方で、にきび、乾燥肌または、ストレッチマークといったトラブルが見受けられるケースもあります。

妊娠中に関わらず、もちろんケアは欠かせません。美容とは忍耐と根気を持って、実践することで初めて身を結ぶことを心に留めておいてください。

栄養は古くからある美しさのヒント

正しい食生活もまた、妊娠中に役立つポイントです。バランスのとれた食事は、妊娠中の体型を維持するために不可欠なので、果物、野菜、種子、魚、タンパク質をバランス良く食べましょう。

有機食品や新鮮で色鮮やかな果物の摂取を忘れないようにしましょう。こういった食品は栄養価が高く、抗酸化物質を含んでいます。

ビタミンE、CおよびB5を含む食品は、体内の有害物質を排出するのに役立ちます。また、組織の修復の鍵でもあり、卵、魚、アーモンド、ヒマワリの種、キウイ、イチゴ、オレンジに含まれています。

健康な肌、髪、爪を維持するためには亜鉛が不可欠と言われています。全粒米、カボチャの種、オーツ麦に含まれており、ストレスと戦う性質も持っています。

美容ヒント2

エネルギーを補助する、栄養補助食品の助けを借りて食事効果利点を倍増することも良い考えです。

マルチビタミン、オメガ3、葉酸、ミネラルといった成分は非常に効果的で、赤ちゃんの成長にも貢献してくれます。

妊娠中の水分補給

水分補給は、身体が適切に機能するために不可欠です。1日に少なくとも2リットルの水を飲むことも美容法の一つです。これによって、血液の循環を促進し、不要な毒素を排出し、余分な体液を減少させることができます。

さらに、水には、妊娠中に妊婦が脚に感じやすい疲労や、ストレッチマーク、セルライト、乾燥肌、静脈瘤などを予防する効果もあります。また、健康な皮膚、毛髪を維持するのに有益であるとされています。

水分補給という点では、顔や体のケアを補助するために作られた化粧品も関係してきます。例えば、皮膚の弾力を保護し、強化する保湿液などの製品が挙げられるでしょう。

運動と体重管理も重要なポイント

マッサージと適度な運動はどちらも妊娠に有益です。筋肉を調整し、柔軟性を促進します。

専門家は、妊娠中の女性に、あまり労力を必要としない運動を推奨しています。特にウォーキングや水泳は、母体や乳幼児に負担が少ないため、広く推奨されます。

妊娠中に適切な体重を維持することも必要です。医師は、妊娠後の体重の変化を細かに把握しておく必要があります。通常、妊娠9ヶ月後の間に、9〜15キロ増加します。

妊娠中のお腹を美しく保つために

妊娠初期にもお腹がゆっくりと成長しているように感じることがあります。しかし、変化は妊娠第二期に始まります。その時期には、赤ちゃんの発達と成長も加速します。

この時期に美しくあるためにも、以下のアドバイスを最大限、活用してください。

  • 腹部や腰にクリームやオイルを使用する。(ビタミンA配合のもの)朝、夜にそれぞれマッサージしながら塗り込むことで馴染んでいきます。
  • 妊婦用のブレースを購入する。ブレースは弾性が大きく、過度の締め付けを必要とせずに、お腹の重さを支え、補助することができます。。
  • また、体重変化に伴う脚の痛みや静脈瘤を予防する靴下もあります。
美容ヒント3

妊娠中の皮膚と髪

妊娠初期の数ヶ月間、体内では良くない変化が起こります。例えば、髪が切れやすくなったり、歯肉からの出血、汗や膣液の量が増えることもあるでしょう。

こういった変化はすべて正常なものです。幸い、妊娠第二期、第三期の間には症状が治まります。その後、髪には艶が出る、ボリュームが増すなど、目立った変化も見られます。

髪に害を与える可能性のある活性化学物質を含まないオーガニックのシャンプーを試してみましょう。

また、顔のシミには注意してください。妊娠中の女性の70%は、太陽にさらされている部分(額、鼻、頬)に斑点ができやすいようです。日焼け止めや帽子を使って予防に努めましょう。

肌のための美容ために、しっかり休息する事も忘れないようにしましょう。幸福と豊かさが顔に表れ、美しさを倍増させることも確かです。

胸に関するポイント

お腹の成長いかんに関わらず、ブラジャーのサイズを変更する必要があるかもしれません。サイズの増加は、9ヶ月の間、赤ちゃんに正しく栄養を供給するために胸が変化したためです。

また、アドバイスとして言えることは、段階に合わせたブラジャーを見つけるということです。あまりパットを入れずにブラジャーをつけてみてください。

幅が広く、ストラップが深く、通気性の良い材料で作られたものがオススメです。あまり締め付けが強い事は望ましくありません。胸の成長に合わせて調整する必要があります。

胸が成長し、皮膚が伸びる間には、ローションを塗るようにしましょう。特にキンセンカを含んだローションが望ましいです。

朝と夜のルーティーンとして、1日2回塗りましょう。これは乳房の伸張を防いでくれます。

妊娠中でも美容のためにできることは様々です。今回紹介したようなことをあなたも試してみてください。

あなたへおすすめ