意識的妊娠の本当の意味とは?それがもたらす良いこと

2019年7月1日
それは自分の心の中に直接導いてくれるドアを開けて、自分の身体の中に宿る命そのものと対話をするという意味でもあります。

妊娠というのは、9か月の奇跡を通り越して赤ちゃんが生まれるものなので、それを楽しむためにはそれなりの精神的そして感情的な準備が必要です。

人生の中で最高の時を過ごすことになるので、自分と向き合って健康的な内面とのつながりを持つようにするべきです。 意識的妊娠 は、世界で最も純粋な愛を授かることに気付いた瞬間から、妊婦に与えられた権利とも言えるでしょう。

それは自分の心の中に直接導いてくれるドアを開けて、自分の身体の中に宿る命そのものと対話をするという意味でもあります。これは確かに妊婦自身が自分を認めて、心と身体の変化を喜んで受け入れ、妊娠の症状も体感しながら、これから奇跡とも言える生命を誕生させる母胎の力を見つけ出すことが 意識的妊娠 なのです。

意識的妊娠によって、赤ちゃんの心に純粋な幸せ感を植え付けることになります。

今現在は、特に毎日の慌ただしい生活と、社会的な負担や限られた時間のせいで、今を楽しむことがかなり難しい課題であるように感じているでしょう。そこで妊婦とその小さな命のためにも、このシンプルな方法を試して現在を楽しむように意識することが重要なのです。

妊婦教室ではこの意識的妊娠について学ぶように課題内容に組み込まれていますが、家庭でも毎日鏡に向かって自分は幸せと喜びでいっぱいだということを再確認することができます。この長い道のりを歩み進んだ先には、子どもを腕に抱いて唇には笑みを浮かべる母親になれるように、妊娠の専門家が導いてくれることでしょう。

意識的妊娠がもたらす良いこと

意識的妊娠 の意味とは?

いくつかの科学的研究によると、妊娠は超越的な体験であり、個人の意識はもうすでにプログラムされていると言われています。それは妊娠中の経験によって、特別に神経レベルでの感受性が豊かになり、心の中でしっかりとした決意が生まれてくるようにできているという意味です。

さらに母性的本能は神経システムの一部としてもう記録されていて、神経内での接続を可能にして、自分のいる環境に合わせて遺伝的素因がある一定の刺激によって反応すると、専門家は主張しています。

研究の焦点となっているのは、妊娠中期に起こるストレスが、胎児の心の発達や行動・多動障害と関係しているのではないかということです。その影響は前頭前皮質大脳辺縁系の発達にも及ぶと言われています。

母親のストレスが子どもの将来の行動に影響します。

つまりお腹に小さな天使を宿るのはかなり大きな責任を伴い、その身体と心理と感情の発達まで全ての成長に危険を与える可能性もあることを充分理解していなければいけません。そこでこの妊娠という状態を受け入れ、この美しくありがたい幸運に対して心を開くようにしましょう。

心理学者はこれらの発見に対して、あまり警戒しないように勧めています。むしろその逆で、将来母親になる人にぜひ幸せな人生を歩むよう願っています。母親と赤ちゃんはこの物語の主人公であり、2人共が平穏でなければいけないのです。

父親と母親のための意識的妊娠

意識的妊娠 の本当の意味

赤ちゃんのためにバランスの取れた状態が大事なので、この時期父親の存在が大事な役割を果たします。両方の親がそれぞれ自分の内面と向き合い、親としての役割を決めて、これからの9か月間の間に何を優先していくか設定する必要があります。

ここで大事なのは、妊娠期間に起こる得る1001個の心配事にもかかわらず、揺るぐことのない安心感を持っていくことです。どこで出産するか、出産の予算はどの位になるのか、子どもの部屋を準備しないと、妊娠中の不快をどうするか、などの悩みです。これは両親が一緒になって対面しなければならない課題のほんの一部で、2人が一緒に協調していかなければなりません。

赤ちゃんは父親とも近い関係を持つ必要があります。

父親が胎児に与える影響についての研究によると、母親との感情的関係以外にも、父親の行動が赤ちゃんの将来に影響を与えるとの結果が出ています。そこで父親もお腹に近づいて、胎児に話しかけ、愛する赤ちゃんを心待ちにしているとそっと打ち明けることもとても重要なのです。

意識的妊娠は、赤ちゃんというすばらしい愛の存在を授かって、自分達がどんなに幸せかということを教えてくれるのです。それを身体で感じて、心で喜びをかみしめると、その幸福があなた自身に反映されて幸せいっぱになることでしょう。