在宅勤務をしながら子どものお世話をするためのカギ

25 5月, 2020
慣れてないのに在宅勤務をしながら子どものお世話をしようとすると、結局やるべきことが終わらなかったということになってしまうかもしれません。
 

コロナウイルスによる健康への危機から、在宅勤務しながら子どものお世話をするという親がどんどん増えています。ところが仕事のパフォーマンスを保ちながら子どもの面倒を見るのは簡単なことではありません。

子どもに必要とされ、常に邪魔が入ることもあるでしょう。そして子どものそばにずっと居られるとはいっても、いつでも目をかけてあげられるわけではありません。ですので、仕事にも子どもにも100%をそそげていないような気持のまま一日を終えてしまうかもしれませんよね。

不安や罪悪感に苛まれる前に、深呼吸をして視点を変えてみましょう。仕事と家のことができるベストなコンディションを整えつつ、自分ことを罰したり批判したり、自分に多くを求めすぎたりしないようにしましょう。

在宅勤務をしながら子どものお世話をするためのカギ

適切な場所を選んで

家にいるので、仕事の時間をきっちり決めず、適当な場所で仕事をしてしまいたいという気になるかもしれません。しかし、生産的になりたければ仕事のためのスペースを作ることが大切です。

こうすることで、家族のルーティーンと仕事をする時間を頭の中で分けることができます。ですので、このスペースにいる時は仕事でやらなければならないことに集中するときだ、と頭で理解することができるでしょう。

在宅勤務 子ども 世話

整理整頓され、きれいで明るく、換気のいい環境を作りましょう。可能なら、ドアがあって邪魔されたり気が散ったりしない部屋がいいでしょう。とりわけ、この間に合わせのオフィスが快適で集中できる場所になるように努めてみてください。

 

子どものお世話をする時間をスケジュールに組み込みましょう

人のウェルビーイングや生産性のためにはルーティーンを作ることが大切です。スケジュールが無いと、いろいろなタスクを邪魔されながら交互にやったりすることになってしまいます。こうなるとやりたいことを終わらせるのにより多くの時間が必要になったり、タスクが半分しか終わらないということになってしまいます。

ですので、事前にそれぞれの活動に専念する時間を決めて、できるだけそのスケジュールに沿って生活しようとしてみましょう。つまり仕事の間は家族からの邪魔が入らないように努め、家族と過ごすときには家族のために100%時間を使ってあげましょう。

スケジュールを作っておけば、すべてのタスクをやることに決めている時間があるため、互いが邪魔しあうことはありません。

時間をうまく使いましょう

会社にいるわけではないので、スケジュールを決め手それに従うということは簡単だとは限りません。家にいると子どものお世話をどうしたってしなければならないですからね。ですので、時間をうまく使うことが非常に重要です。

在宅勤務 子ども お世話

パートナーやその他の大人と一緒に暮らしている場合には、スケジュールのすり合わせをしましょう。それぞれの大人が、誰かが子どもの面倒を見てくれているということがわかっているので、落ち着いて仕事ができるように時間を配分するのです。子どもの邪魔が入ってしまうでしょうから、夫婦が同時に働くのは難しいかもしれませんからね。

 

一方家に一人しか大人がいない場合には、子どもが休んでいる時間を利用して仕事をすることになるでしょう。子どもが起きる前に起きたり、子どもがお昼寝をしたり夜寝たりしてから仕事にとりかかりましょう。

これが不可能な場合、またはこれだけでは時間が足りない場合は、お子さんを含めて仕事のルーティーンを作りましょう。つまり、仕事に専念しなければならない時間があるということを子どもに説明し、あなたが仕事をしている間は宿題をしよう、と提案してみるのはどうでしょう。または、あなたの「勤務時間」中は読書など静かにできる活動をしてもらうのもいいですね。

自分にも思いやりを持って

とりわけ、自分には寛大に、思いやりを持つようにしましょう。普通ではない状況を現在経験しているのだということ、そしてみんなできる限りの方法で適応しようとしているということを理解しましょう。ですので、お子さんがテレビをいつもより多く観ていても、ほとんど1日を仕事に費やしてしまっても、晩御飯を焦がしてしまっても、自分に辛く当たりすぎないようにしましょう。

私たちは今難しい時期を過ごしており、うまくこれを切り抜けるためには視点を変え、自分に多くを求めすぎないことです。できる限りのことをしつつ、家族と充実した時間を過ごし、不安に取りつかれてしまうことのないようにしましょう。